« 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話8(最終回) | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記28 千代に八千代にちよのはし »

暗渠ハンター 西荻暗渠サロン実施報告

11月18日(土)の「トロールの森」参加企画『続・西荻案内所』の傘下で実施した

『西荻暗渠サロン』、大盛況のうちに無事終了いたしました。

おいでくださったみなさま、入りきれなくて入場をあきらめざるを得なかったみなさま、

どうもありがとうございました。

トロールの森事務局の野田さま、西荻案内所の奥秋ご夫妻、昼の連動企画地図カフェを運営された白水さま、そして登壇者はじめこの企画にご協力くださったみなさまにも心からお礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

さてざっとプログラムを振り返ってみましょう。

Img_6759

***

***

まず第1部。会場転換の都合で30分ほどスタートがおくれてしまいました。

(申し訳ありませんでした)

18時半からの1番手は、今回物販もされていたミシン刺繍作家の菅原しおんさん。

Img_6745

独創的な表現手法はもちろん、暗渠、土木、トマソン物件などのモチーフを積極的に取り扱った作品写真には会場から嬌声やため息が。

恥ずかしいから、と自作の覆面でトーク。

2番手は城跡ハンターの樋口薫さん。

暗渠と城跡、という演目で、城でなく城跡の魅力、そして暗渠との共通点などお話してくれました。「暗渠 城跡」で検索するとほぼ間違いなくご自分のブログが最上位でヒットするとのこと。

世界におけるナンバーワンポジションを築かれているわけですね、間違いなく。

3番手うしみてぃさん。

以前から杉並にご縁の深いうしみてぃさんには、杉並の暗渠を中心にお話してもらいました。

暗渠サインの新候補として「コモディイイダ」! 数量的な検証も面白かったですし、結果からいえば十分有力だと思います!

ここで第一部終了。

なんとここまでの3人は全員「本日初トーク」。

そんなふうには全然見えませんでしたね。twitter等での評判もすごくいい!

***

***

休憩を挟んだ第二部は、「●●・●●●」という有名な映画を題材に、

各所にマニアが突っ込みを入れて深く解説する、というものです。

ただし、ここでその映画を上映するわけにはいかないので、

場面名が書いてあるテキストのスライド

(一行、数文字のテキストなので、スライド画面としてはほぼ白紙)

をみながらみんなで画面を想像してもらいました。

これで用意したスライドは326枚、すなわち326場面。

上映時間が110分くらいだから、

およそ20秒ごとにシーンがかわるという目まぐるしい映画ですね。

登壇者は、

小金井みわこさん(文房具・マンホールマニア視点)

傭兵鉄子さん(マンホール・鉄道・自衛隊マニア視点)

ジョージさん(近代建築視点)

そしてスライドだけの出演として

スソアキコさん(古墳視点)

これに吉村高山の暗渠視点が加わります。

場面名スライドに合わせて各登壇者が任意のところで挙手し、

用意してきたスライドでマニア的深堀をはじめる、と。

「そんなとこ観てたんかい」

「どこまで深く考察すんだよ」

連発。会場のお客様からもマニアトークがばんばん出てきて、

異常な空間でしたね(いい意味で)。

Img_6754_2

この様子は「ハッシュタグ#暗渠サロン」とか「暗渠サロン」「暗渠」などで検索すると、

その一端が垣間見れるかと。

ほんと、企画したこちらが一番楽しめたような気がします。

みなさんありがとうございました。

何度かの休憩時間を使って、喫茶凸さんからの突別メニュー

「●●●のしっぽ」

「自衛隊炊き出しカレー」

を賞味してもらったり、

Img_6752_2

デビューを間近に控える

「善福ジゴローとヒマナンデス」(って名前でいいんでしたっけw)

に飛び入りしてもらって西荻暗渠ソングを歌いあげてもらったりと

Img_6751

休憩する暇のない楽しさ。

結局この第2部は3時間近くやってたのかな。

さいごに私から

「このあらすじスライドは暗渠のようなものです。

みなさんはこの白紙を見つめながら、映画の場面を妄想し、それを愉しんでいた。

それもひとつの暗渠体験なのです」

ともっともらしいことを言わせていただいて締めさせていただきました。

登壇者、会場で発言いただいたみなさんには心から敬意を表します。

***

***

長めの休憩のあとは、すでに時は23時ころ。

「あとは余興の余興みたいなものですから、どうぞ無理のないよう」

と申し上げましたがそれでもたくさんの方が残ってくださいました。

ここからは、吉村高山がこれまでやってきた36個のスライドトークのメニューから、

お好きなものをみなさんに選んでいただいてそれを再演するコーナーです。
Img_6759

意見は多少割れましたが、多数決で選ばれたのは

去年の4月に北品川・うなぎのねどこでやった「『暗渠マニアック!』的千葉埼玉対決!」でした。

吉村が千葉側、髙山が埼玉側に分かれて、

蓋暗渠対決とか人物対決とか、ジャンルごとにそれぞれのすばらしさをアピールするもの。

やっぱもう過去のトークなので、

「吉村がこう来ると思ったのでこんな戦術でスライドを作った」

とか、過去の戦いを振り返る感想戦のように

お互い割と冷静な振り返りトークになりましたね。

…ちなみに。ここにいた方でもしかして、

「高山のスライドはやたら文字が多いな」

と感じた方がいらしたかもしれません。

じつはこの時、私の母親が危篤状態、いつ逝ってもおかしくない状態でして。

万が一私が会場に来れないときのために、

「エンターボタンだけだれかが押してくれればスライドが成立するように」

という対策だったのです。

母はこの6日後に旅立ちましたが、

「この日はしっかりお勤めしてこい」とのことか、当日無事にトークすることができました。

***

***

このトークが終わったのが24時を回ったあたり。

これなんとなくみんなで撤収作業、となり、

無事に「西荻暗渠サロン」の閉幕となりました。

はあー。快い疲れ。

みなさま、ほんとうにありがとうございました。

続・西荻案内所」は23日まで続きます。


今後とも、『はじめての暗渠散歩』、『暗渠マニアック!』をよろしくお願いいたします。

相方吉村も、ほんとうによく頑張ってくれました。

さいごになりましたが、改めて礼を言います。ありがとう、おつかれさま。

|

« 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話8(最終回) | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記28 千代に八千代にちよのはし »

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/72254150

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 西荻暗渠サロン実施報告:

« 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話8(最終回) | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記28 千代に八千代にちよのはし »