« 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話1 | トップページ | 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話3 »

暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話2

というわけで(前回参照)、今回は『はじめての暗渠散歩』収録の

「豊かさが流れてきた川 千代崎川」
の創作時のことをお話します。
1
(写真は横浜市中区本郷町・上台公設市場跡地 ここに市電が走っていて
ベージュの建物の裏側に流れていたのが千代崎川)
そもそもこの川を取り上げようと思ったのは、横浜の郷土史家・河北さんの一言がきっかけ。
横浜ではどの暗渠が好きですかときいたら、すぐさま「千代崎川」と答えられた。
私にとって最初の千代崎川参考文献である
『本牧・北方・根岸』(長沢博幸2014)
も河北さんから譲っていただいたものでした。
そういえばこの、河北さんとお話した時はですね、なんと25年ぶりの再会だったのでした。
実はお互いの前の職場がいっしょで、数年かぶってたんですよね。
その職場を辞めた後は、互いに何やってるか全然しらなかったのですが、2016年のある日人づてにFBで再会し、
「えーいまそんなことやってるの!?」って。お互いに。
そんで、去年の秋に杉並区立郷土博物館でやった『荻窪暗渠展』を見に来てくださったのでした。
まあそんなきっかけで、そんじゃあ横浜の代表選手として千代崎川と向き合ってみるかなあ、と取り組みを始めたものです。
最初に現地に取材に行ったのは2016年の大みそかでした。
それまでも地味に情報は集めていたのですが、
やはり一度行って自分で感じるまでは、資料も基本的には「頭の中を素通り」です。
支流ふくめて最初から最後まで辿り、
ようやくここでスタートラインに立ったような感じになります。
そこでたくさん写真を撮りため、
まあその合間にtwitterなんかで、取材とわからない程度に呟いたりもするのですが、
途中でこの写真(上に掲載)をアップしたときに
「お母さまの実家が写っている!」と、
親しくさせていただいている知り合いからのリプが。
ここは「上台公設市場」という市場があったところで、
この裏を千代崎川が流れていたのです。
それが、本文にも登場する中田カヨさまの息子さんである、
ミュージシャンのまさぼうさん。
なんという偶然。
さっそくお願いをして、お母さまにお話しを聞かせていただくことになりました。
実際は年明けの1月にお宅までお邪魔し、
たっぷりと当時の川や街のようす、中田さんの思い出など聞かせて頂いたのです。
そのお話も、じつはしばら私の中で昇華するまでく熟成期間が要りました。
そこからまた現地取材をやり直したり、
街の他の方のお話を伺ったり、
周囲の地域図書館を回ったり…。
これは最後まで書こうとは思ってなかったのですが、
90年代の初めに、何度も根岸の米軍キャンプの中に遊びに行ったことがあったので、
結局この経験も伏線に使うことになりました。
(当時ちょっとつらい時期で、蓋をしてしまいたい思い出なのですw)
軸を「アメリカ」に置くことにしたからです。
さらに、他の川の取材で聞いていた「川をさらって鉄くずひろい」の話とかを絡ませようと思って朝鮮戦争特需のことを調べたり、
ゴールドラッシュのこと調べたりとか…。
千代崎川のこと以外にもかなり手広くリサーチしました。
それらを一本の糸をよるようにして出来上がったのが、この作品だったのです。

本文でも触れましたが、
この川は中田カヨさんには特別な川だったようです。
それはそうでしょうね、小さい頃から思春期、そしてご結婚される頃まで共に過ごしてきた身近な川です。
さらにそれが戦後動乱期や高度経済成長期にも重なって、
さぞいろいろな思いをこの川の水面に映してきたことでしょう。
そんな中田さんの大切な川を扱うのですから、
私も最大限の敬意をもって書いたつもりです。
見本誌ができてすぐに、この本を版元から中田さんの元にもお送りしました。
まさぼうさんのお話によると、とても喜んで読んでくださったとのことでした。
そんな経緯で、この「豊かさが流れてきた川 千代崎川」は、
中田カヨさんの物語であり、
そんなお母さまを見て育ってきたまさぼうさんの物語であり、
さらに、図らずもつらい時期の思い出にも触れたことで、私自身の物語ともなったのでした。
1_2

|

« 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話1 | トップページ | 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話3 »

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/72206785

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話2:

« 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話1 | トップページ | 暗渠ハンター 「はじめての暗散歩」こぼれ話3 »