« 暗渠ハンター マナイタ放浪記20 金町ひょろっと支流 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記22 水路の黙示録 »

暗渠ハンター マナイタ放浪記21 勘助さんの妖艶っぷり

マナイタ放浪記シリーズのなかでも、今回はもっともマナイタらしからぬ場所、となるかもしれない…。

立石駅も近い、奥戸街道。中川を東にわたるすぐ手前。
立石郵便局とモスバーガーの中間あたり。

ふと気づくと、谷があるんですよ!階段の下。

Img_4415

当然自然の谷ではなく、中川にかかる橋に向かって奥戸街道が盛り土してあって、そのためにできた高低差であると思われます。

その谷の下には、まるで東京城西エリアにでもあるかのような暗渠風景が。

「かつしかの橋」(葛飾区教育委員会)によると、「勘助用水」という名前のようです。

勘助さん、すっごく妖艶。

Img_4416
どうです!
マナイタっぽくないでしょうw
Img_4420    
まるで目黒区か世田谷区か板橋区か練馬区か
新宿区か渋谷区か港区か豊島区か文京区か、
ってかんじですね。
勘助さんに苗字があるとしたら、目黒勘勘助?世田谷勘助?板橋…(以下略)。
Img_4423
ここを抜けて、ふつうのぺたんこ暗渠に戻ります。
ちなみに写真の右に写ってるのは、
巨大なナメクジとかではなくて「木」です。
ブロック塀が木に合わせてくり抜かれている…。
 
ここも異界っぽいですね。

|

« 暗渠ハンター マナイタ放浪記20 金町ひょろっと支流 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記22 水路の黙示録 »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/70889857

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター マナイタ放浪記21 勘助さんの妖艶っぷり:

« 暗渠ハンター マナイタ放浪記20 金町ひょろっと支流 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記22 水路の黙示録 »