« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

暗渠ハンター マナイタ放浪記 15 平井の「公私混道」蓋暗渠

今日は平井の6丁目60あたり。

歩いていると突然の溝。

Img_1675

どこまで続いてるんだろう、と反対側へ回り込みます。

反対側にも絶景が待っているといいな。

で、果たして。

Img_1676
では、入ってみましょう。
 
Img_1677
いいですね。
でもなんかちょっと入っちゃいけない感も強く漂ってますね。
でも公道だからなあ…。
 
Img_1678

最近、こういう「公の道なのにプライベート感が、好むと好まざると出てしまっている道」を、
『公私混道』と呼びならわそうかと思っております。
Img_1681
いいなあ。クモノスあったらいやだけど。
Img_1682
工事中の区間があって、図らずも開放感も味わえます。
期間限定だけど。
 
Img_1684
ただしこの先も前も、水路のつながりがとんと見えません。
ブロック違いで弁天池もあるので、そこともつながってるんだとは思いつつ。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

暗渠ハンター もういっかい、「ハルさんの休日」に出演しました。

先月、Eテレ『ふるカフェ系ハルさんの休日』に出演させていただきました、とご報告しました

前回は中野の桃園川の件だったのですが、
そんでまた先日は、木場の福富川の件で。
Img_3860
ほんのチョイ役ですが、すこしでも暗渠や川跡に興味を持っていただける方が増えれば、と。
6/21(日)には、18時から再放送もありますので、
お時間あればどうぞご笑覧ください。
Img_4524
前回はヘンタイみたいでしたが、
今回はふつうの人として出演しているのではないかと思います。
このあとは、来月の6/14(水)23時~、再放送は6/18(日)18時~の
土浦の回で、いつもと違うやりかたでまたご協力させていただきます。
ほっこりするいい番組です。
どうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗渠ハンター マナイタ放浪記 14 竹ノ塚堀フェイク橋跡三連星

今回は竹ノ塚堀の橋跡を。

といってももとものの橋が残っているわけではない、標識みたいなもんですけどね。
まるで「橋なんて飾りです」みたいな。
(元ネタは「足なんて飾りです」ですよ)
ひとつめ。
伊興町前沼交差点そばにあるこれ。
擬宝珠的モニュメントが道の両側においてあるので
おそらく橋跡。…しかし、橋名がわからない…
Img_4959
と思ったら、擬宝珠の足元に書かれてました。観音橋。
竹ノ塚堀だったこの道にはちょっとした仕掛けがありまして。
歩道にこんな風に魚が泳いでいるのです。
Img_4963
カエルもいるし。
Img_4964
観音橋を北上すると、
聖一の橋跡。
Img_4962
その先三つ目は、はんのき橋。
Img_4966
もっと前後にあるのかもしれませんが、
この日ははんの木橋から東に折れて、保木間堀の取材にきたのでここまで、
でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗渠ハンター 葛飾区用水暗渠攻略大作戦

「マナイタ放浪記」の途中ですが、

今回はちょっと話題を変えて。
といってもマナイタな話にはちがいないのですが…。
先日SNSでもお知らせしたのですが、誰かの何かに役に立てばと思いまして。
こんなものを作ってみました。
葛飾区の橋跡マップ。
「かつしかの橋」(葛飾区教育委員会 平成元年)という資料をベースに、
そこに載っている住所から地図にプロットしています。
およそ1000カ所。(死ぬかと思いましたw)
やはりこのところ低地・マナイタエリアの暗渠に夢中になっていたもので、
つい出来心で「やってみよう」と思ってしまって…。
まあ、いつもの「川の流路を直接書く」やりかたでなく、
橋の跡を書き込むことで川の行方を表してみた、ということです。
地番については、
「●番地」までは大丈夫と思うのですが、
「●号」まではちょっと自信がありません。
そのレベルでずれているところがあるかもしれませんが、ご容赦ください。

※2017.5.10修正。川跡もレイヤーで追加しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ