« 暗渠ハンター ひるねこBOOKSさんでの「猫と暗渠」抄録3 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記 第0話 »

暗渠ハンター 田中山のふもとで

20171発目です。

 

2014年の3月に、こんな記事を書きました。

暗渠ハンター 田中山いまむかし

昭和半ばに付近にお住まいだったリバーサイドさんから証言を頂いたりして、

「そこにもう水はなかった」的な方向に傾いていましたが、

去年、現場付近でこんな物件を見つけてしまいました。

正確には、同行の相方が見つけたんですけどね。

道路にいきなり橋跡、です。

Img_1760

Img_1761

このへんから、排水路が始まって前出の流れへとつながっていったのではないかなあ。

もちろん、昭和初期以前、の時代のことでしょうけれど。

 

*

 

去年はイベントなどの稼動が多かったので、毎日が目まぐるしく過ぎていきました。

今年はもう少しじっくり腰を据えて取材したり考えたり書いたり、していきたいなあと思っています。

みなさま、どうぞ本年もよろしくお願い申し上げます。

|

« 暗渠ハンター ひるねこBOOKSさんでの「猫と暗渠」抄録3 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記 第0話 »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

高山 様

ブログ「また新しい旅に」のゆきです。
このたびはコメントをありがとうございました。

「暗渠マニアック!」のおかげで、街歩きの楽しみが増えました。

でも、残念ながら暗渠について興味のありそうな人は私のまわりの「おばさん界」にはいません。
むしろ暗渠について語ったら「変な人」と思われそうです。

だから、ひとりでそっと暗渠を見つめようと思っております。

なお、メールが送れなかったのでこちらに書き込ませていただきました。

投稿: ゆき | 2017年1月 6日 (金) 20時56分

今年もどうぞよろしくお願い致します。

思えば去年は、小学2年の頃から目覚めた暗渠属性が解凍された1年でした。
(ワイフさんは暗渠が読めず、でもワイフさんのご友人は良く知っておられました(笑))

今年は私なりのアプローチで探索をしてみようと思います・・・
・・・と思っていたら新年1発目は会社の入っているビルの目の前が暗渠物件だったとは!

私が企画しているプレゼン会は1月28日に開催されるのですが、
前回行ったネタをお見せしたいなと思っております♡

投稿: LopLop | 2017年1月10日 (火) 18時31分

LopLopさま、解凍おめでとうございましたw
いつもたくさんの情報をいただきまして、感謝申し上げます。
どうぞ本年もよろしくお願いいたします。
プレゼン会も、がんばってくださいね!

投稿: lotus62 | 2017年1月13日 (金) 09時34分

ゆきさま、おいでくださってどうもありがとうございます。
ご丁寧にお返事まで頂き、感謝申し上げます。
基本的に暗渠鑑賞は「自分と静かに向き合う」みたいなものだ、と私も考えておりますので、
それで十分かと思いますw
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: lotus62 | 2017年1月13日 (金) 09時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/69141003

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 田中山のふもとで:

« 暗渠ハンター ひるねこBOOKSさんでの「猫と暗渠」抄録3 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記 第0話 »