« 暗渠ハンター 田中山のふもとで | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記 1 六町の8枚j蓋暗渠 »

暗渠ハンター マナイタ放浪記 第0話

東京の暗渠は、やっぱり山手線より西側の、凸凹地形の上のほうが断然おもしろい。

長い間ずっとそう思っていました。

 

でも、ほんとうにそうなのでしょうか。

ほんとうにそうならそうでもいいのですが、

そう結論付けるのは、

東京の城東エリア平坦マナイタ地域を、

ちゃんとこの目この足で確かめてからでないとフェアではないな、と思い、

2015年の後半から、時間ができるごとにちょくちょくこつこつと

江戸川区、葛飾区、足立区、墨田区、江東区あたりを確かめ歩いています。

 

さてさて、数年かけて歩き回っている感想を先に申し上げますと・・・。

やっぱり西の、高低差のあるエリアのほうが愉しいです。

(笑。ごめんなさい)

かねてから私は、暗渠の3つの愉しみとして

①つながり(とぎれとぎれの川の痕跡が頭の中で繋がると、パズルを解いたときみたいな嬉しさがある)

②うつろい(川の歴史を、街の移り変わりと重ね合わせて奥行きを見る愉しさがある)

③そのもの(川の痕跡や暗渠そのものが見ていて愉しい)

と申し上げていますが、

まあ歩いているまさにその時、ライブでは①と②の愉しさがあるわけです。

 

いっぽう、このマナイタエリアの暗渠というのは、

殆どが人工の排水路や農業用水であったもの。

しかも、多くが緑道になっていたり、親水公園として新たに水が流されているところがとても多いです。

(あとで親水公園の出現数をカウントしてみようと思います)

 

だから、ほとんど流路がバレバレです。主な水路は、少し古い地図にしっかり載っちゃっているし。

つまり推し量ってつなげる①の愉しみが、西側凸凹エリアに比べて少ないのです。

西側の場合は地形や家並み、暗渠サインなどを頼りに

脳内に新たな川の地図を作っていく愉楽の作業が存在するのですが、それが希薄なんですね…。

それと、そもそも親水公園や緑道といった「暗渠ANGLE」でいうところのレベル4

つまり加工度最大級の暗渠というのは私はあまり萌えないのですよね。

あ、これは個人の感想・趣味嗜好の問題ですが。

なので、総論としては「おもしろくない」。

歩いていても、まるで砂漠を歩いているようです。

 

 

ですが、さんざ歩いてみて分かったのは、

だからこそのおもしろさ・愉しさがたしかにあるんだ、

ということでした。

マナイタエリアには、緑道や親水公園のルートに全く乗っていないのに、

突如として現れる「お宝」が存在しているのです。

先に述べたように、人工の水路が殆どですし、

「マナイタ」というくらいですから高低差はほとんどありません。

それらは何の予告もなしに「そこにいて、私を待って」いるのです。

そう、それはまるで、「砂漠で宝石を見つけた」ような愉しさなのです

(砂漠を歩いたこともないし道で宝石を見つけたこともないけど)。

そして宝石を見つけるためには、何の痕跡もない広い広いマナイタを

、修行のように歩き倒さねばならないのです。

 

これから断続的に、そんなエリアでの宝石との出会いを、

何回かにわたって書いていこうと思います。

 

何年も前に、

この城東地域を丸一日歩き倒して案内してくださった『東京マナイタ学会』会長の深沢さんに敬意を表し、

シリーズ名は「暗渠ハンター マナイタ放浪記」とすることにします。

 

写真は、この後ご紹介する「砂漠で見つけた宝石」の例。

Img_5023

|

« 暗渠ハンター 田中山のふもとで | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記 1 六町の8枚j蓋暗渠 »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/69242015

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター マナイタ放浪記 第0話:

« 暗渠ハンター 田中山のふもとで | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記 1 六町の8枚j蓋暗渠 »