« 暗渠ハンター マナイタ放浪記 第0話 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記 2 »

暗渠ハンター マナイタ放浪記 1

この前からはじめた東京低地のシリーズ。
最初なので口上を書いて、そのあわりににまあ一例として、
今後とり扱っていくような「砂漠で見つけた宝石」の写真を載せておきました。
で、たまたまその数日後に暗渠仲間に会った際に
「あの場所はどこやねん」(実際は標準語です)と聞かれたもので、
第1回はこの場所のことからはじめましょうか。
これ。
Img_5023
反対側かラ見た写真がこれ。
Img_5022
住所は、足立区六町4-5と六町1-12の間くらい。
わずか数メートルだけ突如として姿を現す、幅の広い蓋暗渠です。
この南北にも妖しそうな暗渠路地があるので、
まあここに出現するのも「さもありなん」的な感じはするのですが、
『川の地図辞典 江戸・東京23区編』(之潮)
によるとここは、竹の塚堀から別れて綾瀬川に水を通した
吉右衛門堀という水路のようです。
それでも、ここだけ特別な場所。
砂漠の宝石です。
ちなみにここからちょっと南下した西加平1丁目は、
大規模開発中。
Img_5027
なにか新しいものが、地面をずたずたにしています。
この写真が1年前の1月11日。
いまどうなっているかなあ。

|

« 暗渠ハンター マナイタ放浪記 第0話 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記 2 »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

つくば、時には柏の葉キャンパス(来月は守谷)へ行くとき、
いつも青井とセットで通過してしまう六町。
大規模な開発というので、大きな工場でもあったのかと思えばそうでもないようですね。
そして綾瀬川のすぐ西なんで当然ながら暗渠物件な訳ですね(笑)
私もたまには途中下車して探索してみたいと思います。

投稿: LopLop | 2017年1月24日 (火) 19時58分

LopLopさん、コメントありがとうございます。
そうですよね、こんなところにこんなもんがあるとは私の想像をはるかに超えていました。
御探索でまた新たな宝石も見つけられるといいですね!

投稿: lotus62 | 2017年1月27日 (金) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/69340006

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター マナイタ放浪記 1:

« 暗渠ハンター マナイタ放浪記 第0話 | トップページ | 暗渠ハンター マナイタ放浪記 2 »