« 荻窪暗渠展 車止め人気投票、結果発表―! | トップページ | 暗渠ハンター ひるねこBOOKSさんでの「猫と暗渠」抄録2 »

暗渠ハンター ひるねこBOOKSさんでの「猫と暗渠」抄録

谷中にね、「ひるねこBOOKS」さんというかわいらしい本屋さんがあるんですよ。
猫の本や北欧のアートなんかも扱う、ほんとに素敵な空間なんです。ちなみにビールも飲めます。

ここで、今年の9月に『暗渠マニアック!』コンビでトークショーをやらせていただきました。

場所にちなんで、演目は「猫と暗渠」です。
今回から数回に分けて、そのときの高山分のエッセンスをご紹介していきますね。
(お越しくださった皆様、その節はどうもありがとうございました。
以降、大使活動はいかがでしょうか?)


タイトルは
「猫と暗渠 ~暗渠はニャンダーランドだ!」。
このタイトルに、吉村は縦軸深掘り系、高山は横軸俯瞰系でアプローチしていきます。

まず私は、1枚目のスライドで自分のゴール設定をします。なんつっても谷中で、しかも「ひるねこ」さんですからね、猫好きな方ばっかしなわけですよ。
1



このスライドを映しながら会場のみなさんに
ではみなさんの中で暗渠も好き、という方は?
と伺えば、
なんと全員がすでに「暗渠も好き」だという結果に。
やる前からゴールに到着してしまいました。


まあ気にせず進めて、いつもの祝詞みたいな前置きをお話し、本題は「暗渠サインと猫」についての件を。
暗渠には猫が多い、というのはもう誰もが認める事実ですが、
私が提示する「暗渠サイン」のチャートには、いつも意図的に「猫」は記載していません。

2


それがなんでか、というお話をしました。
まあ端的に言えば猫は「動産」だからです。
「暗渠サインランキングチャート」は不動産物件を挙げてチャートにしているんですよね。

これに関連して、「粗大ごみもチャートに入れるべきでは問題」や
「ビールケースも入れるべきでは問題」についても
見解を示させていただきました。
さて、このあとメインのお題にはいりますが、
それはまた次回で!

|

« 荻窪暗渠展 車止め人気投票、結果発表―! | トップページ | 暗渠ハンター ひるねこBOOKSさんでの「猫と暗渠」抄録2 »

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/68786571

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター ひるねこBOOKSさんでの「猫と暗渠」抄録:

« 荻窪暗渠展 車止め人気投票、結果発表―! | トップページ | 暗渠ハンター ひるねこBOOKSさんでの「猫と暗渠」抄録2 »