« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

西荻ドブエンナーレ イベント情報①

11/3~23は「西荻ドブエンナーレ」会期中となりますが
この期間は西荻の街全体が「まちなかアート・トロールの森」で大賑わい‼
なはずです。

今回は特に「西荻ドブエンナーレ」の出だしに実施する、3つのイベントについてお知らせしますね。

その1。 暗渠演劇「一輪の書」上演。
 去る5月・是政で初演の暗渠演劇「一輪の書」、見逃した暗渠マニアも多いのでは・・・?
11月5日13時、西荻ドブエンナーレで再演決定です。
 場所はなんと、松庵川暗渠沿いの銭湯、天狗湯にて。
岡本かの子『河明かり』という小説をベースに、舞台を浦和の暗渠藤右衛門川に置き換えて、換骨奪胎してちょっとシュールに仕上げたのは劇作家の高野竜さん。
約40分(予定)の演劇のあとは、高山が藤右衛門川の地勢を解説、その後高野さんを迎えての解題トークを実施します。
さてさて、天狗湯さんがどんな空間になるのやら…。

Tengu03
●11/3~23までは、天狗湯さんロビーで3人の暗渠アーチストらの展示も実施中!こちらは営業時間中無料で開放されています。
●裸にならなくても観られます。
その2。 凸凸凹トーク。

**
 暗渠劇「一輪の書」の後、天狗湯でひとっ風呂浴びたら、19時からこっちにね!
なんと、中世の城(駒見さん)と、古道(荻窪圭さん)の「高いところトーク」。それを迎え撃つ「低いところから」の刺客が、吉村だぁ!
Dekodeko
***
その3。水辺の茶話会 水車と奏でる、おしゃべりと音楽。
 某自動車メーカーでクルマのデザインをしていた栗田昇さんが作る「どこでも水車」。それは、みんなの眼を水に向けてもらうためのポータブル・スイッチ。主役はあくまで水なんですって。
 そんな栗田さんのもとに、ジャズ界の大御所サックスプレイヤー・岡淳さんが遊びに来てくれることになりました。
 岡淳さんはご自身でも「音楽水車プロジェクト」を立ち上げるほどの水車好き。
水車を介して善福寺池でご対面するお二人。どんなおしゃべりが飛び出すやら、おたのしみ。
 ちなみに、栗田さんの水車は細工によって音を奏でることもできます。そして、岡さんには「お願いします、サックスでもフルートでも篠笛でもなんでもいいですから、どうぞ楽器を持ってきてくださいお願いします!」と懇願してみました。
 さてさて、何か聴こえてくる、かな…。
 予約は不要、投げ銭制です。
Suisha

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暗渠ハンター 11月は西荻がアツい。

ようやく発表できる日が参りましたw

11月12日は、杉並区主催で「かっこいいスキヤキ」「孤独のグルメ」、
そして「昼のセント酒」で有名な久住昌之さんをお招きして、
こんなことやることになりました!
思春期から好きだったので、なにより私が嬉しい企画w
緊張もするけど、とても楽しみです!
20161012
久住さん以外の出演者はみな似顔絵。
どうでしょう?似てます?
そして。
こちらは11月3日から23日まで、
西荻でおこなわれるまちかどアートフェス「トロールの森」への参加企画。
西荻ドブエンナーレ』。主催は西荻案内所と暗渠マニアックス。
期間中あちこちで、いろんなことやります。
ジャズサックスプレイヤーの岡淳さんをお招きしたトーク、
高野竜さんによる暗渠芝居「一輪の書」の上演、
ブラジル通のミュージシャン浅川宏樹さんによるリオの暗渠トーク、
本田創さん、下水道写真家白汚零さん、アニメ監督大地丙太郎さんとご一緒する「ド本」紹介トーク、
荻窪圭さん、杉並区立郷土博物館の駒見敬祐さんとの古道と城と暗渠トーク、
その他もっともっと…。
(あとでいっこずつご紹介しますね)
どうぞ、日程をしっかり頭に入れて、西荻に通ってくださいませーw
Dobu1
Dobu2
お待ちしております。
もちろん『荻窪暗渠展』も引き続き開催中!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »