« 暗渠ハンター 荻窪のTitle さんで。 | トップページ | 暗渠ハンター 街道と和解せよ② »

暗渠ハンター 街道と和解せよ①

最近は告知とかばっかりなので、
ちょっとまじめな(?)ネタもぶっこまないとなーなんて思っているわけです。
でもこれ、決して暗渠道から遠ざかっているわけでなくて、
ほぼ月1~2本ペースであちこちでやらせていただいているトークの準備に追われていて、
むしろ本業以外の時間はどっぷり暗渠まみれの毎日です。
トークでは毎回新ネタを盛り込んでいくのですが、
実施してからちょっと時間が経ったやつを
ここでうっすらとご紹介していくことにしようかなと。
*
というわけで、まずは
5月14日に北品川のKAIDO books&cafeさんでやったネタを
何回かに分けてご紹介しましょうね。
お店の名前の通り、きっとお店の常連さんは街道好きの方が多いであろうと。
そこで、「街道」×「暗渠」でネタを作ろうか、
と『暗渠マニアック!』共著の吉村と話をして、それぞれにストーリーをくみ上げました。
私はもちろん俯瞰ネタ担当です。
…とは言っても、「街道」ってほんとに興味なかったんですよね。
高低差に乏しい(であろう)尾根伝いを歩くのつまんなそうだし、
おそらくそんなとこに暗渠なんてないだろうし…
でもそれ、ほんとにそうなのかなあ、と。
一度きちんと自分で調べてみっかと。
その工程を通して、街道と和解してみっかと。
ただし時間の制限もあるので、とりあえず23区内、しかもメジャーな「五街道」に限っていろいろ検証していくことにしました。
ってことでまず調べたのが、
23区内の五街道(23区内では奥羽街道と日光街道は一緒なので、正確には四街道)
における高低差です。
ほんとに尾根ばっかなのかな?
高低差を愉しむような街道ってないのかな?
その結果がこちら。
名付けて『五街道 高低差バトル!』
ひとつずつ順番にいってみましょう。
まず日光・奥羽街道。
1
続いて中山道。
2
そして甲州街道。
3
最後は東海道。
 
4
なかなかにそれぞれ個性的。そして少なくとも「尾根ばっか」ではないことがわかります。
さてこれらをならべて、スケールを揃えて比べてみましょう。
5
甲州街道のスペシャル感、すごいですね。
登山かよ、ってくらいの。
起点の日本橋との標高差を数値化して比べてみましょう。
6
圧倒的に起伏に富んでいて面白そうなのが甲州街道ですねー。
ってことでこのバトルは「甲州街道の優勝」としました。

え?暗渠が出てきてないって?
だいじょうぶ。本命ネタとしてもうひとつ用意したのが、
『五街道交わり暗渠くらべ』です。
やはり街道を歩いていて出会える暗渠が多いほど魅力的ですから。
五街道と交差する暗渠を調べ上げてみました。
これはまた次回にご紹介しましょう。

|

« 暗渠ハンター 荻窪のTitle さんで。 | トップページ | 暗渠ハンター 街道と和解せよ② »

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/66405089

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 街道と和解せよ①:

« 暗渠ハンター 荻窪のTitle さんで。 | トップページ | 暗渠ハンター 街道と和解せよ② »