« 暗渠ハンター 街道と和解せよ① | トップページ | 暗渠ハンター メディア露出のおしらせ »

暗渠ハンター 街道と和解せよ②

というわけで、前回の続き本命ネタ『五街道交わり暗渠くらべ』です。
やはり街道を歩いていて出会える暗渠が多いほど魅力的ですから。

そこで五街道と交差する暗渠を調べ上げてみたわけです。

1
以下、街道別に数回にわけてご紹介していきましょうね。

今回は、奥羽・日光街道。

2

日本橋を出発するとまず交差するのは浜町川。
ここに川の痕跡は見えませんが、交差点の名前に鞍掛橋という橋名が残っていて萌え。

3

5

古地図は「東京時層地図」よりキャプチャ。以下同じです。

開渠で神田川を越えたあとは、鳥越川。

ここも交差点名に「須賀橋」と橋の名が残っています。

6

7

8

続いて山谷堀。立派な欄干(でなくて親柱、ですね。わかりづらくてごめんなさい!)が未だ街に溶け込んでいます。
「吉野橋」。

9

10

次は思川。泪橋交差点はいろいろと有名ですね。
橋名以外に痕跡なし。

11

12

開渠で隅田川を越えたあとは、
牛田堀北千住支流(仮)。この盛り上がったところを左右に堀が走っていたそうです。

13

14

3本目の開渠、荒川を越えたあとは千住堀。
痕跡なしなので省略しさらに北上して竹塚堀。
ここはかろうじて橋名が交差点に残ります。増田橋。

15

16

(『ブックレット足立風土記 9 淵江地区』足立区教育委員会 より )
※2016.7.17 資料名訂正しました。

保木間堀もノー痕跡で、その後毛長川に達して23区が果てる、というわけです。

17

18

さて本数一覧はこんな。

0_2

でもね、本数だけでは面白くないので、
質(どんだけドキドキするか)も比較できないかと思って
こんな「点数基準」を作ってみました。

19

これに従ってカウントした結果、これが奥羽・日光街道の暗渠的格付け!

00

まあ、こんなことを以下三街道でやっていったわけです。

※足立区の水路に関しては『足立区(南足立郡)旧町村古道図』足立区教育委員会生涯教育部郷土資料館 を参考にしました。

|

« 暗渠ハンター 街道と和解せよ① | トップページ | 暗渠ハンター メディア露出のおしらせ »

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/66493996

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 街道と和解せよ②:

« 暗渠ハンター 街道と和解せよ① | トップページ | 暗渠ハンター メディア露出のおしらせ »