« 大募集!あなたの2015年ベスト暗渠‼ | トップページ | 暗渠ハンター 仙川なかほどみぎひだり »

暗渠ハンター 暗タクはじめましたPart2

もっと簡単にできる「乾式」もあります。
その時に使うのは、これ。
「釣鐘墨」。
(これ、もしかしたらクレヨンとかでも代用できるかも、というのが初めてやった後の正直な感想ですが)
20160104_104723151_ios
これを、ここで試してみました。
20160104_061831394_ios
横浜市神奈川区の「滝の川」に掛かっていた平川橋。
東横線の白楽駅付近ですね。
この川については「ここはもう猫またぎが書いている」の箴言どおりw、
こんなかんじの仕上がりに。
20160104_121855180_ios
この時は専用の紙を持ってなかったので、
A4のコピー用紙の裏側を使ってしかも二枚張り合わせ。
張るときちょっと曲がっちゃったかも。
これは「文字の凹み」を写し取るパターンでしたね。
もいっこやってみました。
その下流、支流の合流する地点。
JR東神奈川駅のスケート場あたりに架かる境橋。
こちらは昭和2年に復興庁によって架けられた橋だそうです。
年季が入っていい銘板ですね。
20160104_064453540_ios
こちらは「文字のでっぱり」を写し取るパターン。
こっちのほうがはっきり出て、
乾式には適してるかも。
20160104_121844926_ios
いずれにしても必要装備は、
・釣鐘墨(もしくはそれに代わるもの)
・紙(たぶんなんでも大丈夫)
・マスキングテープ(おさえとく用に)
そんだけ。
湿式は「7つ道具」だったけど、こちらは3点セットで済む手軽さがいいです。
しかし、ご覧の通りやっぱり精密に写し取るなら、
やっぱし湿式なのかなあ。

|

« 大募集!あなたの2015年ベスト暗渠‼ | トップページ | 暗渠ハンター 仙川なかほどみぎひだり »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/63308685

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 暗タクはじめましたPart2:

« 大募集!あなたの2015年ベスト暗渠‼ | トップページ | 暗渠ハンター 仙川なかほどみぎひだり »