« 暗渠ハンター 競馬場を横切る板橋の暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター 阿佐ヶ谷の蓋を愛でる展示、でした。 »

暗渠ハンター 『暗渠サインランキングチャート』ちょっと更新

先日、船橋のくまざわ書店さんとの柏書房さんとのコラボ企画で、
『暗渠マニアック!』愛読者の方々へのお礼として
「暗渠マニアック的宮本川ツアー」を実施いたしました。
ご参加いただいたみなさま、くまざわ書店さま、柏書房さま、
どうもありがとうございました。
ツアーもつつがなく終了し、有志で(全員でしたがw)飲みに行ったときのこと。
懇親のさなかに参加者のお一人、野村有俊さんから
「こんなところも暗渠サインといえるのでは?」と
いくつかごご指摘をしてくださいました。
それは、
①電車の車両基地
②ごみ収集所
③火葬場
④清掃工場 
についてです。
私の『暗渠サインランキングチャート』も、
かねてから「少し更新しなければ」、と思っていたので、
これを機会にひとつずつ、
ここで検討していきたいと思います。

①電車の車両基地
 
これは確かにそうですね。
ずっと前にここで記事にした梶ヶ谷貨物ターミナルなんて、
じぶんで蓋となって川を暗渠化してるし、
小石川や方南町の東京メトロの車両基地も川や暗渠に隣接しています。
また、すでに「バスターミナル」という項目は
『暗渠サインランキングチャート』に作ってあるし、
以前から「タクシー会社の車両基地も入れなければ」とも思っていたので、
ぜんぶを包み込む形で 「車両ターミナル」という項目名に変更することとしましょう。
②ごみ収集所 
これは疑う余地はないと思います。
実際あちこちで実例を見てきましたし。
しかし。いままで私をしてこのチャートに記入せざらしめていたのは、
「収集所って、不動産でなく動産なのではないか」
と思っていたことからでした。
このチャートに載せるかどうかの自分基準として、
「不動産であること」としているのであります。
それゆえ、「猫」や、
以前谷戸ラブさんが提唱していた「ビールケース」は載せていません。
収集所も、町内会での順番で場所が変わっちゃったりするのだろうなあ、
とすれば不動のものではないよなあ、という解釈です。
でも、少なくとも暗渠上や暗渠脇の「空いているスペース」に設置されている収集所は、
ほとんど固定位置となっているようですよね。
よっしゃ、これを機会に新たに追加することとしましょう。
以上はすべて「施設(スペース要因)」の項に。
③火葬場 
これもうすうす気が付いていましたが、
これまで検証せずに来ました。
ですが、野村さんからのご指摘をいただきちょっと調べてみました。
23区内にある火葬場は、
全9か所。 (落合、戸田、町屋、四つ木、臨海、桐ケ谷、堀ノ内、瑞江、代々幡)
このうち、暗渠横に位置するのは6か所。
開渠横にあるのは1か所、海至近には1か所。
これら水の気配が感じられないのは桐ケ谷斎場ただひとつ、
という状況でした。
文句なし、追加しましょう!
④清掃工場
これも検証したことなかったなあ。
でも確かに言われてみれば…。
と思って23区内の清掃工場をすべてピックアップして検証してみました。
結果この通り。
Photo_2
★2015.11.10追記:コメント欄のとおり、通様からご指摘いただきまして上表・本文とともに訂正いたしました。
★★2015.11.14追記:その他の修正含め、次回記事を2015.11.16の17:55にアップいたします。
★★★2016.2.22追記:さらに訂正です。世田谷の清掃工場も「谷沢川」に隣接していましたよね。
ごめんなさい、西にばかり目が行って東の川の存在を忘れていました;;;。
野村さんのご指摘どおりでした、申し訳ありませんでした。
上の表も修正いたしました。


合計21件中、海、開渠、暗渠に面していたのは15件→訂正、19件
全体の7割→9割とかなりの高確率ですね。
ちなみに。参考までに他の暗渠サインである「学校」。
暗渠とはどんな関係なのかを「杉並区の小学校」だけに絞って 数字を見てみましょう。
杉並区HPによると、
現在の区立小学校は40校。
このうち、開渠または暗渠に面している(含んでいる)ものは 17校で、
比率は42.5%です。
これに比べれば、7割とはものすごいですね。
しかし…。
表をよく見ると、これら15件のうち殆どは海、または開渠に面しており、
暗渠に、というのはわずか3件です。
前出の杉並区の小学校では、
水に面した17校のうち開渠は8校、暗渠は9校という数字でした。
うーん、これを以って清掃工場を『暗渠サイン』と呼ぶには…w
というわけで今回は「清掃工場」は保留!とさせていただきますね。
そんなこんなで、『暗渠サインランキングチャート』もバージョンアップいたしました。
Photo_2
※「施設(スペース要因)」の欄が足らなくなっちゃったので、いくつかの似たものはくっつけました。 「学校」と「団地」を「団地・学校」にしたりとか。
さて、それと、野村さんからもうひとつ重要な指摘をいただいたので
備忘録代わりに書いておきますね。
それは、『暗渠サインランキングチャート』における材木屋さん意味について。
私は材木屋さんを
「施設(川関連産業)」と位置づけ、
『暗渠マニアック!』では 「水運によって材木を運んだのではないか」としました。
しかし野村さんから
「材木屋で出る端切れは銭湯の風呂を炊く燃料となる。
すなわち、 銭湯という需要家のそばに材木屋が建った結果、
材木屋が多く出現するのではないか」
との説を教えていただきました。
なるほどー、これはあるかも!!
いつか材木屋さんに直接取材してみましょう!
野村有俊さま、たくさんの貴重なご意見を、どうもありがとうございました‼

|

« 暗渠ハンター 競馬場を横切る板橋の暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター 阿佐ヶ谷の蓋を愛でる展示、でした。 »

1000 「東京peeling」の考え方」カテゴリの記事

1001 暗渠・川跡の捉え方「ANGLE」について」カテゴリの記事

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

練馬清掃工場は田柄用水のすぐ横ですね。川じゃないと言えば川じゃないですが。

投稿: 通 | 2015年11月 9日 (月) 22時39分

あっ!通さま、ご指摘ありがとうございます!
これは、田柄川の大事な大事な蓋暗渠の隣ではないですか!!たいへんお恥ずかしいミスをしてしまいました;;;
(住所を打ち込んで地図を見て、と機械的にやってましたが住所の入力を間違えて他の地点を参照していたのが原因でした)
ご教示、感謝申し上げます!
※本文と図表は後程修正します!

投稿: lotus62 | 2015年11月10日 (火) 09時14分

私見を取り上げて頂きありがとうございます。

私が清掃工場と暗渠の関係を強く意識したのは、
練馬清掃工場がこのHPを見て暗渠近くにあるのを知ったからです。
http://ankyoneko.exblog.jp/14265274/

あと、世田谷清掃工場は谷沢川のすぐそばにあるのではないか、と思っております。
北清掃工場は、南100mくらいのところに北耕地川が流れていると思います。
ここは北耕地川の下流域だと思うので、昔は清掃工場付近に分水でも流れていたのではないか、
と勝手に想像しております。
葛飾清掃工場は、中川まで200mくらいなので、開渠に近いが面していない、レベルかな、
と思っておりました。
豊島清掃工場はさすがに谷端川近くとは言えないと思っております。
ここだけは水関連に結び付けるのが難しいと思っております。

投稿: 野村 | 2015年11月10日 (火) 09時41分

加えて、銭湯は材木屋さんからでたゴミ(端材)を燃やす材木屋さんからすれば清掃工場のようなもの、
と思っています。

ごみ収集所もそうなのですが、暗渠だけでなく川などの水関連とゴミはいろいろなところでつながりがありますので、
どこかでそのネタをお伝えできれば、と思っております。

投稿: 野村 | 2015年11月10日 (火) 09時47分

野村さん、先日はご教示ありがとうございました。
その後私なりに検証してこのような記事にしましたが、
今回の野村さんのコメントを見て、
改めて「東京時層地図」で各時代を見てみると…。新たな事実が判明しました!
今回記事の続編を書くことにします。
特に「清掃工場」についてを。
ご指摘の通り、暗渠サインに入れる方向でw!
どうもありがとうございましたー!

投稿: lotus62 | 2015年11月10日 (火) 14時31分

親戚に材木屋の息子というおじさんがいたので訊いてみました。
この材木屋(もうやめてしまいましたが)は、開渠の川から約200mであながち無関係とも言えない距離。JRの駅からは約700m。

「材木ってどうやって運んでたの?」
・国鉄駅に貨物で到着するのを日本通運(昔は国鉄の受託業者だった)が配送してくれた。
・川は使っていなかった。ただし東京湾岸などではそういうところもあったんじゃないか。
ということでした。確かに三重県の林業地を電車で通ると、駅前に日本通運系のターミナルがあるのが見えたりします。

でも見てると、やっぱり材木屋って暗渠の近くにあったりするんですよね。これは誰かがバス車庫のトピックで仰っていたように思いますが、地盤が関係してるんじゃないかという気がしてきました。
材木の保管小屋は木組みとトタン板の簡単なもので重くない。よって地盤が柔らくてもOKってことなのかな、と。
材木屋が気にするのは火気で、とにかく火の始末にはうるさい家だったそうです。
次に気にするのは湿気。じゃあ川沿いダメじゃん。よく浸水するし。と思いましたが、材木自体は土台を置いて地面に接しないように置ければいいみたいで、むしろ川沿いにあることで水はけが簡単にできるというような利点もあったかも、と推測したり。

野村さんご指摘の銭湯との関連で言えば、確かに今でもやたらと銭湯があります。まだまだ謎は深まるばかりですねー。

投稿: 大石俊六 | 2015年11月22日 (日) 02時42分

俊六さん、貴重な取材情報ありがとうございました!
なるほど…。やっぱ木材が運べるほどの川って、きちんと河岸が整備されてないとですよねえ。目黒川を考えてみても、元川の資料館あたりには河岸があったということですが、その上流の北沢川・烏山川だと怪しいものです。
地盤と火災対策、こちらもなるほどって思えますね…。
いつか取材を重ねてみたいと思います。

投稿: lotus62 | 2015年11月24日 (火) 09時53分

こんにちは、おひさしぶりです。古い記事にコメントごめんなさい。
暗渠関連の施設に着目というのが興味を引きますね。
記事とコメントの中で、豊島清掃工場は水とあまり関係ない、というお話が出ていましたので、そのことについて。
記憶からなので正確ではないかもしれません。雲雀ヶ谷戸という小流があります。名前は勝手にそう呼んでいるので、正確なものはわかりませんが。
NHKのブラタモリ・池袋で取り上げられて、全国区になりました。
豊島清掃工場はその上流端あたりになります。
本流は清掃工場から、川越街道を挟んで東側を流れているのですが、西から合流する浅い谷筋があります。
長汐病院のあたりから、北東へ向かって、清掃工場の北側をかすめているのではないかと思います。

また、清掃工場から少し北に行くと山手線の車両基地がありますが、そちらは本流を少しだけ、踏んづけています。

豊島清掃工場は割と最近できたもので、以前は大きなプールがあったように記憶しています。
おそらく、このあたりは低湿地になっていて、しかも排水に困らない場所なので、そういった施設ができたのかもしれませんね。
(池袋の市街地のほうは、排水が悪くて道が冠水するなんてことも以前はありました)

記事の趣旨とは少し違うかもしれませんが、少し気になったので書かせていただきました。

投稿: いいらさん | 2016年2月15日 (月) 01時21分

コメントありがとうございます。お返事が遅くなりまして申し訳ありません。
そうなんですよねー。雲雀が谷戸や下り谷など含めると水源近くには確かにありますので、
これを以て関連あり、とする判断もあり得ると思います。
以前、この辺りのことを書いたことがあったのですが、
http://lotus62.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-ea95.html
私もこの地形を以て「クロ!」としたい気持ちはもうアリアリなのです(笑)。

ですが、ここでは(というかこれからは)、自分の中ルールで
「川筋を抱えていたもしくは隣接していた」こと
かつ
「それを証明できる資料がある」こと
を条件にしてのことでした!


お久しぶりのコメント、どうもありがとうございました。
どうぞ今後とも、よろしくお願いいたします!

投稿: lotus62 | 2016年2月16日 (火) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/62421465

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 『暗渠サインランキングチャート』ちょっと更新:

« 暗渠ハンター 競馬場を横切る板橋の暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター 阿佐ヶ谷の蓋を愛でる展示、でした。 »