« 水無月・暗渠月キャンペーン のはじまり。 | トップページ | 暗渠マニアック! 観光資源としての暗渠 »

暗渠マニアック! こんな人たちが関わった本です。

水無月・暗渠月キャンペーン。第2弾です。

本を書くたびに、
実は著者以外にいろんな人が関わってこそ
一冊の本に仕上がるんだなあ、と感慨深い思いをします。
今まではビジネス書での経験しかなかったのですが、
趣味性の高い今回のような本では、特にそう思いました。
関わる人の熱気で、「暗渠マニアック!」の書籍づくりは進んでいったのです。

編集を担当するのは、柏書房の山田智子さん。
最近は、アクロス世代のマーケッターには超有名、三浦展さんの
こんな本も手掛けられた方です。
昭和「娯楽の殿堂」の時代

今回書籍はもともと、
この山田さんが吉村にラブコールを送り、実現したのであります。

ブックデザインは、
暗渠の愉しさを十分に理解してくださり、かつ
我々二人のアプローチの違いを際立たたせることに
粉骨砕身してくださった、
LABORATORIESの加藤賢策さん・内田あみかさん。
表紙の
「暗渠路地のアスファルトみたいな手触り(テクスチャ)」という泣かせるアイデアも、
お二人からのものです。

Img_8153

剣道部の後輩でブックデザイナーをやってる小島トシノブには、
発注できなくって大変申し訳なかった!次の機会にな、一緒にやろうなw

そして挿入される地図は、
「アースダイバー」、スリバチ本やタモリ倶楽部でご存知の方も多いでしょう、
深澤晃平さん・杉浦貴美子さんのゴールデンコンビによるもの。
今回用に素敵な地図表現、
勝手に名付けて「Drop Dot Mapping」を
加藤賢策さん・内田あみかさんといっしょに編み出してくださいました。
(詳細はもうすこしあとで少しずつ…)

さらに、
歴史や地図をお得意とする柏書房さんからのアドバイスや裏付け、
編集山田さんが強力に信頼する校正者さんからの的確なご指摘もいただきました。

さらにさらに
今回は下水道写真家の白汚零さんにも貴重な写真を提供いただいています。

もうなんか、プロ中のプロの方々から
たっくさんご支援を頂いてようやく出来上がった作品なのであります。
あ、もちろん吉村も私も、
持てる力は出し惜しみせず、すべてぶつけております。
プロ中のプロのみなさんに刺激をいただきながら。

発売は、6月25日、もしくは7月10日。
いまビミョーなところで校正作業を繰り返しておりますw
どうぞ、楽しみに待っていてくださいね!

|

« 水無月・暗渠月キャンペーン のはじまり。 | トップページ | 暗渠マニアック! 観光資源としての暗渠 »

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/60284280

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠マニアック! こんな人たちが関わった本です。:

« 水無月・暗渠月キャンペーン のはじまり。 | トップページ | 暗渠マニアック! 観光資源としての暗渠 »