« 暗渠マニアック! 店頭パネル展も。 | トップページ | 暗渠マニアック! 発売にあたって。 »

暗渠マニアック! KaBoS川(仮)と特製POP

前回記事や、「暗渠マニアック!」Facebookファンページでは
何軒かの書店さんで展開するパネル展のお話にも触れていますが、
さらに何軒かでは
「その書店さんオリジナルのPOP」を柏書房さんから提供させていただいています。
せっかくなので
「この書店のすぐ近くにも、こんな暗渠があるんです!」
なんて店頭で言えたら素敵じゃないですかw

そのうちの1店が、宮前平にある「KaBoS 勝木書店」さん。
(ただし実際にPOPを付けていただけるかどうかは書店さんの現場判断となるので、
店頭化されるかどうかはわかりません)

他の書店さんの周辺の暗渠はだいたい持ちネタがあったんですが、
こちらのお店付近はネタがなかったので
先日探索に行ってまいりました。ていねいなPOP。ていねいな著者。

あまり東急田園都市線宮前平駅では降りたことがなかったのですが、
降りてテンションMAXに。
だって、この駅、駅前すぐに暗渠が通っていたのです。

そういえば、いつか
梶ヶ谷の貨物ターミナル駅そのものが暗渠蓋となっているという記事を書いたことがありました。

この時の川、矢上川の上流に位置するのが
この宮前平駅なわけです。
しかしまじまじ地図を見たことがなかったけど、
ほんとにまじまじ見てみたら、
駅前暗渠だわ。

駅の上流、下流がそれぞれ開渠になっていて、この駅あたりだけ暗渠。
まあここは日を改めてレポートしましょう。駅前の、ここを矢上川が通っています。
Img_0164

話は戻ってKaBoS勝木書店さん。
宮前区役所のすぐそばにある、
文具スペースが充実しカフェまでついてる本屋さんで、
ここだけ代官山みたいな素敵な所です。
現地にきてまた驚いたのは、ここから東に向かって細長い谷戸ができており、
そのまさに谷頭にこの本屋さんがあったこと。
KaBoS勝木書店さんはなんと谷頭書店だったのです。
こんなお店で「暗渠マニアック!」を可愛がっていただけるとは、
まさに運命的…。(言い過ぎ?言わせてくださいw)
さらに出木杉なことに、この谷戸には見事な暗渠が存在していたのです!
もうまよわずこの川を
KaBoS川(仮)
と名付けることにしましょう!

こちらがKaBoS勝木書店さんで、
東の方面(写真右)に向かって下り坂が始まります。
Img_0197
どうでもいいことかもしれませんが、実はまさにこの地点の地下深くに
梶ヶ谷貨物ターミナルに繋がる貨物線が通っているという…。

この先、宮崎第四公園を越えると暗渠が姿をあらわにします。

Img_0204
ね?わかります?
まんなかのクルマのところ!
いますぐKaBoS勝木書店さんに教えてあげたい!

このあと、開渠にあったり暗渠になったりを繰り返します。

Img_0225

Img_0206

蓋暗渠もあるよ!
Img_0209_2

ここでいったん消えますが、
Img_0214

盛土をした幹線道路を越えてまた復活。
Img_0222

以降開渠が基本で、たまに橋や暗渠が掛かるという展開が続きます。
Img_0226

素敵な鉄塔ビューですが、ここでタイムアップ。
KaBoS川(仮)はここから厚木街道のあたりで矢上川に合流し、
梶ヶ谷貨物ターミナル地下へと注ぎ込んでいきます
Img_0229

とまあこんなロケーションの本屋さん。
ここのPOP向けの写真をキャプションを、この日に用意してきました。
無事に使っていただけるといいな…。
お近くの方、ぜひ店頭でご覧になってみてください!

#水無月暗渠月キャンペーン

|

« 暗渠マニアック! 店頭パネル展も。 | トップページ | 暗渠マニアック! 発売にあたって。 »

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/60459818

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠マニアック! KaBoS川(仮)と特製POP:

« 暗渠マニアック! 店頭パネル展も。 | トップページ | 暗渠マニアック! 発売にあたって。 »