« 暗渠ハンター 三味線堀と「23区の区境と川 暗渠データ帖」ver.2 | トップページ | 水無月・暗渠月キャンペーン のはじまり。 »

暗渠ハンター 弁天池と白子川の初夏

早起きして朝の練馬区、白子川に行ってきました。

最初にご紹介するのはこの暗渠。

Img_9485_2

白子川とM東大泉弁天池公園を結ぶ短いまっすぐな暗渠道です。
この先にあるのが、その名の通りの弁天池。
ちなみに写真の右手の方に白子川本流が並走していますが、
その間には大規模な都営住宅の敷地が広がっています。

暗渠を辿って公園に入ると見えてくるのがこれ。

Img_9490

えー、弁天池ってこれかよ‼
と焦り嘆くことなかれ。
ちゃんと奥には池があります。
Img_9491

周りが高台で、ここだけすぽっと丸くくり抜かれたような地形。
高さこそ全然違うんだけど、出井の泉公園を思い出してしまいました。

この公園については、
資料『みどりと水の練馬』練馬区土木部緑地公園課 1989年
からいくつか引用します。

・この弁天池、以前は当時の旧小字地名「久保」にちなんで久保の池と呼ばれていた。
・北西隅に木造の祠があって、中に石造りの蛇体弁天が祀られている。
・西の崖上は戦前に朝霞の被服廟などに関連した軍人の住む「将校住宅」として開発された。
・池は現在地下水を汲み上げて水位を保持。
・昔は自然の湧水で、今より規模も大きく、祠も池の縁にあって、その脇に杉の大木が池の上を覆うように枝を張っていたといわれている。
・一帯にアシが生え木が茂り、ヨシキリやカイツブリ、カモ、クイナなどの水鳥が群れていた。
・北側の低地は都営住宅。この一帯は以前水田で、池の北西から白子川の水を引き、その水路が池にも入っていた。
・その水の取り入れ口に堰があり、「御園の堰」と呼んでいた。
・池の水は東に向かい白子川に注いでいた。

とのこと。昔はもっと大きかったんですね。
それでも、今も写真のように近所の方々の憩いの場になっているのが素敵。みんな釣りしてるんですよね。

引用の冒頭にあった弁天様がこちら。

Img_9493
なんだか隅っこに追いやれてる感じの・・・。
あるいは静かな所にそっと大事に置かれている感じの。
近所にこんな池があるってなんだかいいなあ。

さてついでに、
白子川のここから下流にあるいくつかの湧水も取り上げていきましょうかね。
っていうか、本当は「早朝に湧水を見ながらピクニックしよう!」
という目的でやってきたので、
実はこの弁天池こそが行程的にはオマケだったのです。
実際当日一番最後にやってきたのここですから。

早朝にバスを使ってやってきた第一目的地はここ。
清水山憩いの森。
入口にはじみーでしたが、敷地に入ると、急に切り立った斜面を降りることになります。
これは期待できるかんじ‼

Img_9442_2

湧水口‼湧いてる!
Img_9443_2
澄んだきれいな水。
Img_9444
悔やまれるのは、愛用していた柴田化学の水質調査キット
が手元にないことです。
出かける前にちらと見たら、試薬の使用期限がずいぶん前に余裕で切れていたので持ってきませんでした。
買い直さなくっちゃなあ・・・。

まあともかくも。こんなきれいな湧水を眺めながら、
傍らにあったベンチで持ってきたピクニックセット
(っつってもパスタとサラダが詰まったジャー、フォーク、ブラ製ワイングラスだけですが)を広げて
あさめしをいただくわけです。
徒歩3分程度の、下車したバス停「土支田二丁目」そばには
コンビニもあるので
ドリンクは持ってこなくてもこちらで調達可能。

湧水はこんなふうに敷地内を下っていきます。
前出の資料では、湧水が白子川(公園のすぐ隣)に注ぐ間に
水車が設けられていた、
と書かれているので、よほど水量があったのでしょう。かつては。

Img_9449

私的には、「この水路を跨ぐ木の根っこ」がツボでした。
Img_9450

で、ゆっくりあさめしを食べたあとは、
せっかくだからとわずかに下流のもうちひとつの湧水池
稲荷山憩いの森に。
こちらは、確かに湧水なんだけど、
うーん、そんなにきれいではなかったかなー。
Img_9459

むしろこの付近の、花咲くあげ堀跡がきれいでした。
Img_9456

このあと上流にさかのぼり、
冒頭の弁天池、
やはり湧水で有名な八の釜の森緑地へと向かったわけです。
途中の白子川もエキサイティングでした。
何羽もの子鴨を引き連れて泳ぐ鴨が見られたり、
水面を軽やかに泳ぐ長ーいヘビが見られたりと。
Img_9477

しかし待っていたのは悲しいニュース。
なんと、八の釜の森緑地は外環道建設のため
ごっそりと潰されてしまっていました・・・。
Img_9481
残念ですね。
物理的な喪失と
どのレベルの行政単位で決めたのかわからないけど
決定に至る思考プロセスが。
とても残念。

これも含めて、
貴重なものを見ることができた休日の午前中でした。

<参考文献>『みどりと水の練馬』練馬区土木部公園緑地課 1989年

|

« 暗渠ハンター 三味線堀と「23区の区境と川 暗渠データ帖」ver.2 | トップページ | 水無月・暗渠月キャンペーン のはじまり。 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 弁天池と白子川の初夏:

« 暗渠ハンター 三味線堀と「23区の区境と川 暗渠データ帖」ver.2 | トップページ | 水無月・暗渠月キャンペーン のはじまり。 »