« 暗渠ハンター 洗濯屋のご主人が選んだ女塚川相生支流(仮)。 | トップページ | 暗渠ハンター 浦和・藤右衛門遺文①原山支流最奥部 »

暗渠ハンター やとじぃさんに教わった、あげ堀かと思ってた支流

2014最後の更新は「やとじぃ」さんの話で〆るとしますか。

暗渠者の間では「練馬の暗渠にめっちゃ詳しい」と評判の
「やとじぃ」こと平田英二さん。
その方のwebを拝見していて、どうしても気になる場所がありまして。

そのやとじぃさんのブログによると、
「練馬高野台の近くの八幡神社のあたりにある流れは、近くの池からの湧水である」
とのこと。

こう書いてしまうとなんでもないんですが、
この場所、この地形からして
てっきり石神井川の揚げ堀かと思っていたんですよね。
それだけに衝撃が大きくこれはもう直ぐにでも行かねば! と。

で、行ってきました。
神社から下流はまさに「揚げ堀」的な暗渠がたくさん残っています。
Img_5142



Img_5164


だけどこれ、あげ堀じゃなかったんですね…。

やとじぃさんの情報を頼りに水源方面をたどります。
が、八幡神社から上流の流れはほとんど痕跡はありません。

それでも地形を頼りにたどっていくと、果たして。
水源地であった池の跡・市杵島神社。
Img_5215


Img_5217

なんか「じぶんの頭の中の誤字脱字」を上書きできたようで清々しい気分。

その後、ある方のお計らいにより
武蔵野市水の学校」にて講師をなさっている
平田(やとじぃ)さんご本人にとうとうご挨拶することができ、
こちらも永年の想いを果たした気分。

やとじぃさんに敬意を表し、
私の中では「石神井川 高野台やとじぃ支流」と呼ぶことにしようっと。

********************************
みなさま、本年もご贔屓いただきまして、まことにありがとうございました。
よいお年をお迎えください。

|

« 暗渠ハンター 洗濯屋のご主人が選んだ女塚川相生支流(仮)。 | トップページ | 暗渠ハンター 浦和・藤右衛門遺文①原山支流最奥部 »

2056 ・・・石神井川水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター やとじぃさんに教わった、あげ堀かと思ってた支流:

« 暗渠ハンター 洗濯屋のご主人が選んだ女塚川相生支流(仮)。 | トップページ | 暗渠ハンター 浦和・藤右衛門遺文①原山支流最奥部 »