« 暗渠ハンター 【脱・構築版】 初沢川上流の「自然の暗渠」 | トップページ | 暗渠ハンター 羅漢寺川・かんじる川アウトテイク »

暗渠ハンター MIZBERINGに「羅漢寺川・かんじる川」を書きました。

9月から始まったMIZBERINGでの暗渠連載記事、「水のない水辺から」。

3回目となる11月は、「東京『暗渠』散歩」の本田創さんの番で
和泉川が題材
あの「はっぴいえんど」の「ゆでめん」現場を突き止めた話などあって
とても興味深い記事でした。
なんと松本隆さんもこの記事を読まれたとツイッターでおっしゃっていたり。

以降ひきつづき、具体的な「水のない川」を取り上げていきます。

で、この12月は、ちょっと順番の変更があり私が
羅漢寺川を取り上げて書かせていただきました。
タイトルは「羅漢寺川・かんじる川」。
今回は、目下本業でへろへろなので、今回はその雑感みたいなことを。

******************************************

いつもこの駄ブログで書きなぐるときは殆ど推敲もせずに
ダダ漏れ状態で文章を綴っていきます。
だから制作従事時間=PCに向かってキーを打ってる時間なのですが、
当ブログ以外で書かせていただくときは、
こう見えて結構ねちねちと推敲を重ねてるんですよね。
(その結果が良いほうに表れているかどうかはまた別の話ねw)

たとえば今回のMIZBERING原稿は、
休日1日でまずざっと全体を書き、
その後通勤電車で読み返しては手直しを繰り返し、
それ以外でも断続的にぼんやりとああでもないこうでもないと考え続け
都合10日間くらいはねちねちやりました。
たった3000~4000字の原稿にですよw 
時間かけすぎなんとちゃうかと。
ほかの人のスピードはわかんないけど。
そう、ちゃんとした記事仕事だと、
とたんに従事時間が長くなるんですよねー。
キーを打つ時間:推敲時間 はだいたい1:5くらいかな…。
外向けだと「これでだいじょぶかなー…」って
こわごわねちねちやるんだけど、
うち向けだと強気。というか無頓着…。筆的内弁慶。

そんなことの果て、今回アップした原稿と第1稿比べると
もうほとんど別物です。

今回は、川自体も短いし、連載初回では
「暗渠の3つの魅力」とか挙げてみたりしてたので、
今回はいつもの
<上流から、あるいは下流から川の流れに沿って順番に説明をしていく>
という書き方でない風にしようと思っていました。
できるだけ新しいフォーマットで書いてみようと。

第1稿ではその方針には沿っているんですが、
まあなんというか事務的というか。
タイトルも決めずに。
書きあがったものは、単に羅漢寺川の特徴をつらつらと挙げていく
平板で総花的な「レポート」です。
この第1稿の頃は、自分の力量に落胆・失望し、
書くことがそんなに楽しくない状態。
まんじりともしないかんじ。

まあそれでもがんばろうかね、と推敲段階では、
まず章ごとのタイトルをつけてみることから始めました。
これも最初はそっけなかったんですが、
何度も変えていくうちに心にも「遊び」がでてきて、
今度はそのタイトルに合わせて本文を変えて、
さらに一貫性を保つため他の章タイトルも変えて、
またその本文を直して。
なんとなくこの段階あたりにくると、
平板だった「羅漢寺川レポート」の中でも、
何がこの川のおもしろさなのか・自分は何処に魅力を感じてるのか
がぼんやりと浮き上がってくるんですね。
推敲もすごく楽しくなってきます。
もう「羅漢寺川ラブ」状態です。
羅漢寺川と一緒に遊んでいるような感じ。
こうなってようやく気に入った大タイトルが浮かびました。
そんでまた大タイトルに合わせて全体の一貫性を保つために
少しずつ細部に手を入れて…
という具合にできたのが、今回の
「羅漢寺川・かんじる川」なのでした。

内容としてはたいしたこと言ってないんですけど、、
「こいつ楽しそうに書いてるな」だけでも伝わればとてもうれしいです。

んでは本文はこちらから、どうぞ。

|

« 暗渠ハンター 【脱・構築版】 初沢川上流の「自然の暗渠」 | トップページ | 暗渠ハンター 羅漢寺川・かんじる川アウトテイク »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
今更ながら、今年もよろしくお願いします :-)

更に、今更ながら、今日:1/18に羅漢寺川に行ってきました!
湧き水、しっかり出ておりました! 感動しましたです。
ちょっと川筋(道)を見誤り、同じところをウロウロとしてしまいましたが、それはそれで楽しめました。
拙blogへの掲載は1ヵ月後ぐらいになろうかと。

さて、JR目黒駅から学芸大学駅に抜けたのですが、途中で、過去このエリアに来たことを思い出しました。
下目黒の某ギャラリーに行くときに、六畝川ぷろむなあどを横切っていたのですね。
看板を写真に納めていましたよ。
やっぱり、小生は暗渠に吸い寄せられているのではないかと(笑)

次回作、楽しみにしております~

投稿: Weekend Outdoors | 2015年1月18日 (日) 21時34分

Weekend Outdoorsさん、コメントどうもありがとうございます。
昨年は2度も催しにご来場いただきまして、ほんとうにありがとうございました。
お会いできてうれしかったです。
こちらこそ、本年もどうぞよろしくお願いいたします。
本日行かれましたか、いいお天気でよかったですね! 
そうそう、あの川にはかどわかされるのですw 特に Weekend Outdoorsさんは好かれてしまっているようですねww

Weekend Outdoorsさんの記事も楽しみにしております‼

投稿: lotus62 | 2015年1月18日 (日) 21時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/58163358

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター MIZBERINGに「羅漢寺川・かんじる川」を書きました。:

« 暗渠ハンター 【脱・構築版】 初沢川上流の「自然の暗渠」 | トップページ | 暗渠ハンター 羅漢寺川・かんじる川アウトテイク »