« 暗渠ハンター 田園調布に玉堤、櫛の歯暗渠地帯をゆく。 | トップページ | 暗渠ハンター MIZBERINGに「羅漢寺川・かんじる川」を書きました。 »

暗渠ハンター 【脱・構築版】 初沢川上流の「自然の暗渠」

【おしらせ】

11/28(金)の夜、吉村生さんを中心に「西荻暗渠探検 報告会」という暗渠イベントを行います。(事前申込制)

私もここで「暗渠サイン」のお話をスライド芸人として少々させていただく予定です。

暗渠話を肴に美味しいお酒を飲みましょう!
お食事とドリンク1杯付なんですが、ドリンクには「飛騨のどぶ」というどぶろくも
選べますw 「どぶ」ですよどぶ。

**************************************************

【今回は、以前フェイスブックでのみ公開した短い記事の再掲です】
(はい、そうです記事書く時間が取れなかったのです…)

 高尾駅前付近で暗渠となって南浅川へと合流する初沢川。
開渠である上流を道の途絶えた山奥まで辿っていくと、「水面」は写真のようになる。
そう、川の水はこの礫層の下に浸み込み伏流水となって流れているのだ。
まあ多少強引だが「見えないが流れが存在している」という意味では、これも暗渠と呼べなくもない、いわば「自然の暗渠」か。

 蓋をされた暗渠ではなく、自分からもぐりこんでいく暗渠。隠されてしまった流れでなく、しぜんに隠れていった流れ。
前者には人為があり、その背景になんらかの「事情」がある。
そしてその結果誰かが我慢を強いられ、代わりに誰かが救われているかもしれない。
 「自然の暗渠」もいいけれど、私はそんな「人為の暗渠」により強く心惹かれてしまう。
それは私の「心の中の暗渠」も折り重なる人為によってできたから、
なのであろうと思ったり。

Img_0578

…以下はここでだけ公開するおまけ画像です…

さらに奥。もう人が分け入るところではないな…笑
Img_0586

…さらにさらに奥まで行ってみました。
なんと、上流なのに水の流れが地表に!開渠です。
Img_0617

…さらに上流には開けた場所があったので、座って持って行った酒を飲みゆっくり休憩してきました…
Img_0609


|

« 暗渠ハンター 田園調布に玉堤、櫛の歯暗渠地帯をゆく。 | トップページ | 暗渠ハンター MIZBERINGに「羅漢寺川・かんじる川」を書きました。 »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

どぶですか!飛騨の。どぶろくを略してどぶ・・・・・・岐阜県の人はこれでいいのでしょうか?
あいにく28日は伺えませんが飛騨には行くので探してみます。

投稿: 大石俊六 | 2014年11月27日 (木) 22時29分

もー俊六さんのためにあるような飲み物ですよw

投稿: lotus62 | 2014年11月27日 (木) 23時11分

こんにちは。
今日:11/28(あれ、もう昨日ですね)は、ありがとうございました。
西荻、熱いです(笑)

今回も色々と勉強させていただきました。
コレで街歩きも更に楽しくなりそうです。
ありがとうございました。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: Weekend Outdoors | 2014年11月29日 (土) 00時35分

Weekend Outdoorsさま、今回もお越しいただいてまことにありがとうございました。
ね、西荻、アツいですw
メインのnamaさんの話、かなりディープだったはずですが、
みなさん前のめりで熱心にきいてくださってましたものね。
まあ私のパートはオマケみたいなものなのでアレですがw
そうそう、フェイスブックに上がっていた情報ですが、
軽食のきりたんぽは、「土管にみえるように長めに切った」という工夫もあったんだそうです!

投稿: lotus62 | 2014年11月30日 (日) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/58034565

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 【脱・構築版】 初沢川上流の「自然の暗渠」:

« 暗渠ハンター 田園調布に玉堤、櫛の歯暗渠地帯をゆく。 | トップページ | 暗渠ハンター MIZBERINGに「羅漢寺川・かんじる川」を書きました。 »