« 暗渠ハンター 谷端川 南長崎支流(仮)を再検証。 | トップページ | 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川 ③ »

暗渠ハンター 「MIZBERING」で連載スタート。

今回はおしらせを中心に。

MIZBERINGというサイトをご存知でしょうか。

という趣旨で、
日本全国で起こりつつある「水辺コンシャスな活動」を
緩やかに支援し連携を図る、
といったことをやってらっしゃるところです。
(上はかなり私自身による意訳をしています、間違っていたらごめんなさい)
アドバイザーには憧れの陣内秀信先生なんかも名を連ねていらしたり。

で、そのサイトにて

という月イチの連載をさせていただくことになりました。
1

いやーなんかリアル水辺の話題満載の、
水しぶきがきらきらと迸ってるようなサイトに
こんな薄暗くてじめっと苔むす暗渠話なんて載せてしまってもいいのかしらと
最初は戸惑いました。
それを承知で拾ってくださった編集サイドの
度量の大きさ・懐の深さについてはもうただただ深く敬意を表すばかりです。

すでに掲載から5日間が過ぎようとしているのですが、
このMIZBERINGというサイト自体大変多くの方々に読まれているようで
おかげさまで今までにない手ごたえを実感しております。

もともとは、MIZBERING企画会議の場で
この運営に参加されている渋谷リバースさまが、

「『水のない水辺』である暗渠、ってよくないすか」

と素晴らしい発言をしてくださったことがきっかけになったと伺っています。
この場をお借りして、改めて渋谷リバースさまに感謝申し上げます。

たまたま渋谷リバースさまとは過去に面識があったので、
私にその具現化を持ちかけてくださいました。

その時点では単発記事か連載かは決まっていなかったのですが、
「水のない水辺としての暗渠」というコンセプトに
私もものすごく刺激され、
やりたいこと・言いたいことがもくもくと頭に湧き上がってきてしまったのです。
さらに、私だけではなくいろんな視点で深めていけるともっと楽しいかな、と
これまでも一緒にものを書いたことがある暗渠仲間数人にお声がけしてみました。
そしてみんなに構想をご理解いただきながら
さらにお互いのアイデアをじっくり出し合って連載としての骨格を決めたものです。

(この会議はある夜の「やまじ」で行われました。まさに水辺で生まれた企画であるのですw)

というわけで、今後は毎月10日前後に1年間。

第2回までは私が「水のない水辺の愉しみ方」を概論でお伝えし、以降は
本田創さん
吉村生さん
と交代で具体的な場所を取り上げて「水のない水辺」の愛で方を
ご紹介して参ります。

どうぞ、お楽しみに!

|

« 暗渠ハンター 谷端川 南長崎支流(仮)を再検証。 | トップページ | 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川 ③ »

1000 「東京peeling」の考え方」カテゴリの記事

1001 暗渠・川跡の捉え方「ANGLE」について」カテゴリの記事

2080 ・・・暗渠・川筋で拾ったかけら」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/57379201

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 「MIZBERING」で連載スタート。 :

« 暗渠ハンター 谷端川 南長崎支流(仮)を再検証。 | トップページ | 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川 ③ »