« 暗渠ハンター  「絶対孤独」としての弥勒と暗渠。 | トップページ | 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川① »

暗渠ハンター 同窓会のついでにみつけた宇都宮の暗渠。

前回は京都、そして今回は宇都宮と、
ちっとも「東京Peeling!」ではないんだけど、
まあ夏休み企画として地方もアリ。と心に決めて本日もお送りします。

実は先日宇都宮(故郷のとなり町)で中学校の同窓会があったんです。
そのついでにちらと歩いてみたんですが、
まあ結構見事なものを見つけたのでご報告しましょう。

ちなみに我々の学年は修学旅行で京都奈良に行きまして、
全学年いっしょに京都・広隆寺で弥勒菩薩(前記事参照)を見ています。
何人かの同級生とはそんな思い出話が出たので
「そうそうこの前出張で京都に行ったときに弥勒菩薩見てきたよー」
までは言う事ができましたが、
さらにその前後の「実は広隆寺の周りにも暗渠があってさ
とまで申す勇気はありまでんでした。

さて宇都宮の話。
宇都宮はたぶん水的にはそこそこ恵まれたところだと思います。
関東平野のはしっこで、
北から西にかけての背後を那須・日光・足尾の連山に囲まれ、
そこで涵養されたたくさんの水が数本の川となって宇都宮を通り、
大河川・利根川へと流れ込んでいきます。
栃木県を縦断する東北本線(宇都宮線)に乗るとモロ実感ができますが、
なにしろ特にこの季節は電車から
緑萌える田んぼと川や用水路が織りなすやさしく湿った風景を
満喫することができます。
昔はこれを、単調でつまらない景色だとばかり思っていたのですが、
いまはこの景色を見るためだけに宇都宮線に乗ってもいいな、
とさえ思うようになりました。

そんな宇都宮のすぐ駅前にも田川という大きな川が流れています。
田川って言うくらいだから、
昔からかなり田んぼの用水路としての機能も発揮してきたんでしょうねえ。

もう一本地元で有名なのは市街地を抜けていく釜川。
田川に比べて圧倒的に小さな街中の川なのですが、
「日本で初めて『上下二層構造』に改修された川」として有名です。
まあめざす考え方は違えど構造上は暗渠ですね、これ。
・たくさん水が流れても大丈夫なように川を深く掘り込んだ。
・でもそれだと普段の水面がすっげえ低いところになっちゃうから景観も悪い。
・では「いっぱい水を流す深い堀」の上に屋根を作って、そのうえに「鑑賞用の川」を流そうぜ。
という造りなんです。。
なるほどねえ。80年代に竣工とのことなので、
やっぱ新しいコンセプトで造られたニュータイプ暗渠、と言えそうです。

今回とりあげるのはこの釜川からちょっとだけ離れたところにある、
比較的地味なところを流れる暗渠。
偶然見つけました。

宇都宮の「官庁街」近くの塙田というあたり。
県庁前通りという大通りに斜交して突然現れる鉄板蓋暗渠です。
20140816_233852137_ios

ちなみに道の先の黄色い看板の一軒奥はクリーニング屋さん。

鉄板蓋の奥は、唐突に現れた谷が露わになっていました。
20140816_233917000_ios

この先谷は続き、慈光寺というお寺の入り口を掠めます。
20140816_234045601_ios

この先は2ブロックにわたって一旦水路が消えますが、
下の写真の道に繋がってくるようです。
よしよし!目論見通りで嬉しくなります。
20140816_234558113_ios

通りを挟んだ反対側にも続きが見えますね!
20140816_234609151_ios

奥に入っていくとこんな。
20140816_234733862_ios

このあたりは都内で見られる暗渠と殆ど同じような風体ですね。
おそらく以前の護岸であったろう大谷石の露出も確認できます。
アスファルトの左側のところね。
20140816_234749918_ios

暗渠は東小という小学校の門に差しかかりますが、
この流れに門に向かっての橋が架けられていたようです。
下の写真は下流から上流を見たところ。右側が東小です。
20140816_234902652_ios

ここで川は少々向きを変えて、県庁前通りを渡っていき、
「カワチ薬品」の横でぱくっと開渠に変態します。
20140816_235019264_ios
手前はクルマの出入りのためにアスファルトで
蓋がしてありますが、その奥から川が開きます。
こんな。
20140816_235054219_ios

江古田川をミニサイズにしたような作りです。

まっすぐ進みますが、ここで直角に左に(つまり写真奥に)曲がる。
20140816_235227154_ios
やはりゴミ捨て場に利用されている模様。

プライベート橋もたくさんありますよ。
20140816_235242741_ios

そして墓地の裏へ。すっきりした開渠となります。
20140816_235314229_ios

でもなあ。この護岸…。
「ちょっと待て 仏も見ている この町は」で有名な
妙正寺川 上高田支流(「暗渠さんぽ」さんへリンク)みたいに
墓石で作られているんです…。
20140816_235358873_ios

そのまま水門にぶつかり、
20140816_235503015_ios

田川へと注いでいきます。
20140816_235807793_ios

塙田というところから流れてきたので、
「田川 塙田支流(仮)」と名付けておくことにします。


無事一本暗渠を辿り切りましたが、
この合流口の対岸にあったこんなものが目に入ってしまったので
20140816_235620400_ios

辿らないわけにはいきません。
これが合流口から上流を見た写真。
20140816_235819963_ios

続きは…あったあった。
アスファルトにもちょっと名残が見られます。
20140816_235842658_ios

その先蓋暗渠。
斜めからの合流もあって興奮します。
20140816_235912322_ios

90度左に曲がって公園の横を通りまっずぐ続きます。
20140816_235952418_ios

そして今回何度も出てくる県庁前通りを北に渡って続きます。
傍らには宇都宮で有名な娯楽スポット、サウナの「南大門」。
20140817_000109746_ios

残念ながらここでタイムアップです。
しかしこちらの流れは田川に沿って東側を流れており、
おそらくはあげ堀の役を果たしていたのではないかと思います。

近寄ってから思い出しましたが、
実はこの付近は幼稚園に入るか入らないかくらいの時代の記憶が
断片的にあるエリアでした。

このすぐそばに親戚筋の商売の事務所がありまして。
その事務所の新築祝いのときにお呼ばれをしたのでした。
しとしと雨の降る日で、
鉄筋コンクリート造りの事務所も、
その周りの道も建物も湿っていました。
アスファルトの道には、
誰かの家の「サンダーバード1号の有線リモコン」のおもちゃが置き去りにされていました。
そう、無機質で大きな大きなな田川のコンクリートの堤防も濡れていました。

私が住んでいたのは隣の小さな町で、田川のような「大河川」もなく、
もちろんこんな「大規模」に手が入れられたコンクリ護岸も見たことがなかったはずです。
なんだか全体に灰色がかった「圧倒的なコンクリート」の記憶が
夢の中の風景のように蘇ってきます。

喉が渇いたので、今回はビールでなくこれを飲んでおしまい。
こんな味だったっけな。

20140817_001212482_ios

より大きな地図で 宇都宮塙田 を表示

|

« 暗渠ハンター  「絶対孤独」としての弥勒と暗渠。 | トップページ | 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川① »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

まさか、わが心の師匠に指摘する時が来るとは思っても見ませんでした……

残念ながら県庁近くの鉄板の川は西求喰川、東小学校門前の川は中求喰川で両者は繋がっていません。
他に東求喰川もありまして、元々慈光寺と成高寺の間にあった求喰沼の辺りを流れる川は全部求喰川という事にされているようです。

西求喰川は慈光寺の門前で流れを南に変えて赤門通り沿いを流れ、かの有名な(?)あさり川こみちに繋がります。水源は戸祭山緑地の池や祥雲寺北の沢です。大昔は、釜川を競輪場通りの辺りから分岐させて引いたと思われる「なめら川」という川も西求喰川に繋がっていたようです。地図を見るとコジマ本社の東にやたら湾曲した道が見つかるかと思いますが、それがなめら川の跡です。

中求喰川は成高寺西の通り沿いに大きな側溝があり、そこが川の跡だと分かります。
水源は、競輪場付近を源頭とする沢や八幡山からの沢、東求喰川が潤した田んぼの悪水と思われます。

東求喰川は山本浄水場の北で田川から水をひいて作った用水路だと思われます。ほぼ南北に流れ釜川まで注ぎます。現在は宇商北で再び田川に注いでしまってますが。東小学校の西側で中求喰川を伏せ越しで越えていたようです。

カワチ脇の少し太めの水路は田川の古い流路跡ではないかと想像します。元々、県庁前通りの橋の辺りには大きな中州もありましたし、清巌寺の北は求喰川にしては太すぎます。この田川旧流路に中求喰川が流れ込んでいたのでしょう。東小学校前の信号を南に向かう道路の脇に怪しげな側溝があります。その後、怪しい側溝は向きを東に変え、、カワチの建物脇で田川旧流路に合流します。

投稿: ああああ | 2015年10月 5日 (月) 05時41分

田川対岸の川ですが、戦後の航空写真を見ますと御用川から水を引いていたらしいのですが、用水路としても役目はとっくに終えているのに、現在でも常に流れがありますので、どこかに天然の水源があるようです。ここら辺にはもう一つ、ララスクエア北に枯れ水路があります。宇都宮御城内外絵図に田川左岸に合流する2叉分岐する細流が描かれてますが、どちらの水路の事なのかいまいち分かりかねます。
駅東の餃子広場には、「どう見ても広場を彩るために作られた人工水路だろ!」と思ってしまう高橋川が流れていまして、県庁前通りの南辺りに水源があるようですが、これも詳しくは不明。

宇都宮は迅速測図でカバーされてませんし、正確な地図が作られる前に宇都宮駅が作られてしまったので、土地条件図にも昔の地形を反映させる事が出来ず、駅周辺は謎という他ありません。

投稿: ああああ | 2015年10月 5日 (月) 05時56分

ああああさま

これはこれは詳しい情報をどうもありがとうございました!
すっごく興奮して、地図を見ながら丹念に読ませていただきました。
こうしてみると、ほんっとに自分は宇都宮のことを何も知らないんだなあと思い知ります。
子どものころの宇都宮はハレの場、でした。
買い物に行ったりごちそう食べたりするところ。
ですので、ほとんど市街地に行った記憶しかありません。
父が大寛町の生まれなので、たまに戸祭とか清住とかの地名は聞かせれましたが、
今思えばもっともっと街と川のことを聴いておけばよかったなあと思います。

そもそも「求喰川」の名前さえ読めませんでした(苦笑)。
そうなんですねー。

川の名前がわかったので、あとは芋づる式にいろいろ調べることができるようになりました。
http://takasaito.blog41.fc2.com/blog-entry-383.html
ここには写真まで出てますね!

それと、そもそも「染物のまち」だったことさえ知りませんでした!https://www.facebook.com/permalink.php?id=542287645939424&story_fbid=552694148232107

ここは今後地道にあたってみようかな…。
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000114481

そしてそこにあったこれはもう決定打、って感じですね。
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1187044

そして…。御用川という川も初めて知りました。
http://river.longseller.org/rc/8303030217.html

いやー、ちょっと調べてもこれだけ面白いとは。
恐るべし宇都宮、です。
ああああさまに教えていただけなければ、こんな楽しさも味わえませんでした。
ほんとうにありがとうございます!!
しかしお詳しくていらっしゃいますねぇ…地元の方でらっしゃるのでしょうか?…すばらしいです。

どうぞこれからもご教示のほど、よろしくお願い申し上げます!

投稿: lotus62 | 2015年10月 5日 (月) 12時42分

お返事ありがとうございました。
私は大寛一丁目で生まれ育ち慈光寺を氏寺とするただの河川ファンです。
話を合わせようとしてでっち上げてるわけではありません(笑)
インターネットを始めてすぐ「東京の水」さんを見つけて、「いつか自分もこういうのやってみたい」と思うようになり、
数年前にようやく機が熟して川探検を始めました。

慈光寺前の水路は幼稚園児の頃から「何だろう?」と不思議に思っていましたね。
その後小学校高学年になって自転車で遠出するようになると、各地に廃水路、小水路を見つけては??と思ったものです。
釜川流域や新川沿いの廃水路、田川の西を流れる藤七川等々。
清住といえば、桂林寺という宇都宮では有名な寺の北に宝木台地を駆け下りてくる謎の廃水路がありますね。
こちら(http://miyacafe.jp/photo/kamagawasheet.pdf)によると崖の上に水が湧いていたとか。
崖下ではなく上とは訳が分かりません、、、

宇都宮で面白い川というと求喰川の他は、新川、古川、山下川でしょうか。

古川は宇都宮市役所HPの地図
http://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/018/268/utsunomiya_kasenzu2.jpg
でしか登場しない超無名の川で、御用川が田川に合流する手前で御用川に流れ込む、用水路の残水の落とし先としてしか使われない水路です。
遡ると二股に分かれる御用川の西の流路が、地元では古川と呼ばれているようでして、さらに遡ると無能谷を流れているのが分かります。
江戸時代の五十里湖決壊の際は宇都宮にも被害があったようですが、この古川が関係ありそうです。

新川というと、桜並木とか二宮金次郎の弟子が作った用水路としてしか知られてませんが、
金次郎の弟子が作ったのは宝木地区だけ。
市民に親しまれている市街地部分は明治後期に江曽島の農民の請願によって掘られたもので、
本来の水源は滝谷町交差点付近の滝尾神社(宇都宮七水の一つ)と南宇都宮駅南東の二つです。
天然の沢と平行して掘ったようで、今でも天然水路の跡が残っている区間があります。

山下川は駅東の工業地帯に端を発して、宝木台地上から鬼怒川低地まで急流として駆け下りてくる珍しい川です。
「滝団地」というバス停付近が急流地帯です。下刻が完了していない比較的新しい川ということでしょうか?

残念な事に、宇都宮は鬼怒川古扇状地末端の小山辺りとは違い、
台地の開析がさほど進んでいないので河川ファンにとっては退屈な場所かもしれません。
さらに、開発の手が人が住みたくないような低湿地にまで迫り、過去に調査した場所も
何箇所か宅地になり水路が消滅してしまいました。仕方ない事とはいえ少し寂しいです。

最後に米軍が作成したとされる怪しい地図を紹介しておきます。
http://www.lib.utexas.edu/maps/ams/japan_city_plans/txu-oclc-6551041.jpg
あからさまな嘘も書いてあるので使用する際は要注意です。

長くなってしまいましたが、またどこかで。

投稿: ああああ | 2015年10月 6日 (火) 14時08分

ああああさま、今回もたくさんのご教示ありがとうございます。
これだけでもものすごく読み応えがありましたし、
このようなことを記録に残すこともきっととても重要なのではないでしょうか。
ぜひ、ああああさまもブログを立ち上げられることをお勧めします!絶対愛読しますよ私!!!
もう少し時間をかけて、リック先などいただいた情報を噛み砕いてみます。
また宇都宮に出かけてみたくなりました。

投稿: lotus62 | 2015年10月 8日 (木) 12時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 同窓会のついでにみつけた宇都宮の暗渠。:

« 暗渠ハンター  「絶対孤独」としての弥勒と暗渠。 | トップページ | 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川① »