« 暗渠ハンター 同窓会のついでにみつけた宇都宮の暗渠。 | トップページ | 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川② »

暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川①

東京の話をしばらくせずに、
いつの間にか「夏休みローカル特集」になっちゃってますが。
今回もそれを踏襲させていただきます。

出張で神戸に行ってまいりました。
まあ当然仕事で行くので自由時間は限られています。
深夜と早朝。暗渠者の出張は二日酔などしている暇はないのです。
今回のターゲットは「鯉川」。

神戸の「地下河川」についてはnamaさんの神戸行で知りました。(このヒトも出張ですねw)

そして同じくnamaさんに教わった「神戸の地下河川」マップ。
(これがいいかんじに画像が粗いのではっきり流路がわからない…。
そういうところが何かに似ています)
これと今回の宿泊場所を見比べると一番近いのが、鯉川。
よくよく調べたら近いっつかもう宿の隣を流れてますよ。暗渠の宿。by西村賢太。

夜にざくっと下見をして、暗渠以外にもこんないい店を見つけ(元町近くの「すず」)
Imgp0205

立ち寄ってから眠りにつき、
翌朝早起きして現地に行ってきたわけです。

さて朝です。出発。
宿を出ると鯉川の河口。そこには鯉にちなんでかこんなどでかいモニュメント。
Imgp0107
薄明るいのは早朝すぎるわけではなく、夕方撮った写真だからです。
朝は光が灯されておらず、わかりづらいので。

さらにここから上を見上げると
鯉川に架かる高速道路の橋裏が望めます。

Imgp0229

しばらくは普通の大通り。
Imgp0231
メリケンロードとか、鯉川筋と呼ばれており、
この暗渠は明治8年に「日米両国負担」で作られたとのことですね

元町駅横でも「鯉川に架かる橋裏」を鑑賞することができます。
Imgp0232

「鯉川筋」は大きな通りとしてこのままずばっと
まっすぐ街を貫いていますが、
おそらく鯉川は地下鉄西神・山手線の上を越えた先で
「一本の支流(?本流かも)が東から合流してくる」と私は読みました。

区割りの怪しいここから斜めに入ってく。
Imgp0365

そしてブロックの裏側ここに出て
Imgp0362

こう繋がってるんだと思うんです。
Imgp0358
ここは車道路面よりなぜか歩道路面が極端に低くなっているところ。
なにか理由がなければこんなことは決してするまい。
ちなみにこの写真は上流から歩いてきたときに撮ったので、
写真奥が二つ前のところに繋がっています。
以降何枚か「上流から下流を見ている写真」が続きますが、
ご覧になるみなさんはしばらく
「下流を見ながら後ろに歩いている」ようなつもりでご覧ください。
無理を言ってすみません。酔わないでくださいね。

中山手通りという大きな通りを上流に超えると、こんな道になります。
(上流→下流のショット)
Imgp0356

さらにうしろ向きで上流へと前進します。
Imgp0355
道の右側にある側溝が鯉川です。
むこうに見えるマンションといいコントラストを作っていますね。
おわかりかと思いますが念のため言っておきますけど、
ほんとに「うしろ向きで歩いてる」わけではないですからね。

さあここで後ろ向きは一旦やめて、回れ右して上流方向を見てみましょう。
じゃん!
Imgp0354
開渠となります!白い柵に囲まれたところ。

手前に見える白い柵の中はこうなってます。
(いつの間にかまた上流→下流方向の写真になってしまいますがご勘弁)
Imgp0353
厳重にガードされた奥に水面が見えますね。

さあそして気になるこの川のゆくえは?!

Imgp0348
…人んちに入ります…。

この先はしばらく追えず、このブロックの終わりのあたりで流路が確認できます。
コの字ウォークっていうより
Cの字ウォークが近いかんじで。
それがこれ。
Imgp0250

なんですかこれは。
こんな開渠初めて見ました。
Aの字を逆さにしたような複雑すぎる構造が、
どこか禍々しくもあります。
何かの再利用鉄鋼なのでしょうか。
それとも護岸の強度を保つための最新の研究の成果なのでしょうか。
いずれにしても過剰。違和感残りますねー。

どうぞ前日深夜の景色も合わせてご覧ください。
Imgp0169

さて今回はここまで。
次回はさらに上流に向かいます。

より大きな地図で 神戸の地下河川 を表示

|

« 暗渠ハンター 同窓会のついでにみつけた宇都宮の暗渠。 | トップページ | 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川② »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、神戸のユダと申します。
神戸、暗渠から検索してここにたどり着きました。
一連の記事を楽しく読ませていただきました。
普段から鯉川筋を通っており、ある、とわかっていても調べたりはしませんでした。
それだけにこちらの記事で「うーん、そうだったのか」の連発です。

私も先日からほとんど知られていない“北野川”を探索してみました。
よろしければご笑覧ください。

投稿: ユダ・イーリュー | 2015年4月15日 (水) 07時54分

ユダさま
はじめまして。おいでいただき、感謝申し上げます。
地元の方にコメントいただけるのはとても嬉しいです。
ブログも拝見しました。北野川、いいですねえ。ほんと神戸は暗渠的に名所ですよね。
また、北野川のお写真を拝見して思ったのですが、やっぱ河川の構造物も面白いですね。
そうそう、ご存知かとは思いますが、「暗渠さんぽ」のnamaさんも神戸については数本書かれているので、
よろしかったらご覧くださいませ。
http://kaeru.moe-nifty.com/ankyo/2014/02/post-097c.html

どうぞ今後とも、よろしくお願いいたします!

投稿: lotus62 | 2015年4月15日 (水) 09時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/57179640

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川①:

« 暗渠ハンター 同窓会のついでにみつけた宇都宮の暗渠。 | トップページ | 暗渠ハンター 神戸の鯉川こんな川② »