« 暗渠ハンター 宇田川湯のまわりで。 | トップページ | 暗渠ハンター 酔眼の女塚川 »

暗渠ハンター 野川の盲腸谷支流

ずっと地形図で気になっていた場所をご紹介します。

野川に注ぐ大きな支流、入間川。この川にまつわる話はとても深く、
かつてHONDAさんも大作として取り組まれてらしたところ。
(先日雹で埋まってしまったあの谷もこのシリーズに出てきます)

そこも大変興味深いのですが、
よこっちょに盲腸みたいにぴょこんと飛び出したこの谷が気になっていたのです。
(下図の赤い楕円のところ)

Photo

(google earthさん・東京地形地図さん感謝申し上げます)

果たしてここにも流れはあるのでしょうか。
断崖と麓はどうなっているのでしょうか。
谷頭の様子はどんな風なのでしょうか。
どこか違う流れが繋がるのでしょうか。

住所は入間なんだけど谷筋から言って入間川では全然ない谷。
この不思議な谷へ、さっそく行ってみましょう!
ムーミンいるかも!(←私はこんなこと言うキャラではないのですがなんだか勢いで)

************

川があるならこの辺りが野川への合流ポイントとなるはず。
それが、野川に架かる「谷戸橋」。
その橋の袂には…

Img_1833

あった!!!!!! 合流口‼
もう、ここまで来たらサクセース
(↑別にこのバンドが好きなわけではないんだけど、勢いで)

上記の歌(サビしか知らない)を脳内ヘビロテさせながら勇んで先に進みます。
このあたりから本格的に谷に入っていくのであります。

Img_1836

さっそく地面が何らかの履歴を訴えています。

Img_1840

ここは、アスファルトを何度も開いたり閉じたりして地下の管とか線とかを弄った場所なんですね。フランケンシュタイン的なテクスチャーです。

マンホールから奥に暗渠道が続いていました。
ここでは、なんと枯れ木原木が車止めになっています。

Img_1842

このパターンは初めてですね…。

奥にはコの字ウォークで進みましょう。

途中にこんな花畑ならぬ花っ原。

Img_1845

さあその先は。

Img_1847

コンクリで堅牢に舗装され、
そこに竹藪の落ち笹が積もる…。
隣の仙川のちょっと下流のここを思わせる雰囲気です。

その先上流は、崖下を這うように続いています。

Img_1853

美しいなあ…。
あんまり美しいのでしゃがんでローアングルから撮ってみました。

Img_1854

この先、左側は古い家を取り壊して更地にしているようで、この崖下暗渠までのアプローチは容易です。

Img_1859_3

何か生きるためにとくべつに必要なものをせっせと注入し続ける医療器具のような排水管が暗渠に刺さっています。

その先はまさに解体中。

Img_1860

小さな再開発が待っているのいるのかもしれません。
この暗渠を見に行くなら今のうちです。

Img_1861

その先は「入間公園」という、谷戸底に沿った細長い敷地の公園に。

Img_1865

だいじょうぶ、暗渠はちゃんと続いています。

Img_1869

ほらこのマンホールのところ。

Img_1874

それにしてもなかなかシュールな風景です。
ぽつぽつとある割と新しめの遊具の回りは
雑草が無精ひげみたいに覆っています。
この景色を崖の上から見下ろすのは
なんだかいかにも勝ち組的に小確幸を手中にしたような瀟洒な住宅たち。
それらの間を暗渠が分かちています。

Img_1875

この谷底の公園、とても気に入ってしまいました。

Img_1876

できれば次はしこたま酒(と蚊取り線香)を持ってきてここで屋外宴会をしてみたいです。
きれいなトイレもあるし。

さて暗渠はというと。

Img_1879

崖下で自由に過ごしていますね。

この先はこんなふうに続きます。
ほとんど周りと同化してますが、ぽんと飛び出したマンホールが見印です。

Img_1880

この公園で暗渠も終わりかと思いましたがまだ先がありました。

Img_1886

この車止めより先は、いよいよ道路に紛れてわからなくなってしまいます。

Img_1889

もう谷戸も細長くなってきて、
左右を峻とした崖に挟まれます。

Img_1891

いよいよ谷戸のどんつきが見えてきました。
空き地?

Img_1896

正面の茂みの上に小さな公園があり、そこが尾根となっていて
比較的交通量の多い対面車道が左右を貫いています。
すなわち盲腸谷もここでおしまい。
この谷頭から、水が湧いていたのでしょうか…。

さて、この暗渠を何と呼びましょう。
住所が入間だから入間支流としてしまうとそれこそ入間川と混同しそうだし…。
入間盲腸支流とかだと普遍性に甚だしく欠けるし…。
そうそう、入間公園を貫いていくから、
「野川入間公園支流(仮)」と呼んでおきましょう。

いつかここで宴会したる。

より大きな地図で 玉川台から大蔵 を表示

|

« 暗渠ハンター 宇田川湯のまわりで。 | トップページ | 暗渠ハンター 酔眼の女塚川 »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

ここで宴会しましょう〜w(元・近所住民より)

今更コメントすみません〜

投稿: fm_wd | 2019年6月16日 (日) 12時14分

wdさんこんにちは!
私も久々に読み返しましたw コメントどうもありがとうございます。
いまここ、どうなっているのでしょうかねえ…。
ともあれ蚊取り線香もっていって宴会しましょう!

投稿: lotus62 | 2019年6月16日 (日) 13時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 野川の盲腸谷支流:

» Nike Air Max Australia [believes they already do{kye]
Import tariffs on paper goods are bei Nike Air Max Australia ng steadily reduced recently and are now pegged at 10 per cent for paper an [続きを読む]

受信: 2014年7月11日 (金) 11時59分

« 暗渠ハンター 宇田川湯のまわりで。 | トップページ | 暗渠ハンター 酔眼の女塚川 »