« 暗渠ハンター 野川の盲腸谷支流 | トップページ | 暗渠ハンター 暗渠アンケート、中間報告。 »

暗渠ハンター 酔眼の女塚川

まあ人生いろいろありますから、
たまに朝から酒でも嗜んでみたいこともありますよね。

その気持ちの奥をさらに穿つて理由を考察するに、
単にお酒が大好きだから、というのも考えられますが、
せっかくの休日なので思いっきり非日常感を味わいたい!
というのも断然ありだと思います。

昔、私の叔父が小さな会社をやっていて、
毎年行ってるその会社の社員旅行に
一緒に連れて行ってもらったことがありました。
「ワカイシ(若い衆)」と呼ばれる、
50代~60代のじいさんが8割方を占める団体に、
大学生のほんとのワカイシの私が一人という荒くれ旅です。

栃木から3泊4日で北海道に行く、という旅だったのですが、
当然毎晩ワカイシたちは大宴会です。

日ごろのうっぷんを晴らすべく、
ワカイシたちは旅館の晩餐だけでは飽き足らず、
近くの居酒屋やらスナックやらに繰り出しての深酒。深海酒。
酒好きだけどカネもないビンボ学生の私も
そのお零れにあずからんとたまにリバースなどしながらも
最後までついていきました。

何よりも驚いたのは、1泊明けた二日目の朝。
泊まるのは6人くらいの相部屋なんですよ。ワカイシと。
二日酔いでのどが渇いたのもあったのですが、
なんだか周りが賑やかなので6時まえには目が覚めてしまいました。

すると部屋ではすでにワカイシが
備え付けの冷蔵庫からビールを取り出して
はだけた浴衣のまま朝宴会を始めていたのでした。
「おお、ヒデボ(私のこと)起きたんか、こっちにコップあっと‼」
ということでさっそく二日酔いの乾いた喉をビールで潤しました。
(これが毎晩毎朝続きました)

その時は、
「ほんとの酒好きはこうでなければいかんのか」と
ワカイシの酒を極めんとする姿勢に感動していたのですが、
なんだか歳をとって社会人人生もそれなりに長くなってくると
解釈がちょっと違ってきます。

まあ酒も好きだったんだろうけど、
ワカイシは社員旅行というただでさえ非日常な時空間を
目いっぱい非日常化したかったんだろうなあ。って。
きっとワカイシの何人かは
「うえー。もうきもちわりくて飲むのツラいんだけど、
やっぱこの無茶感がたまらないから飲んどくか!」
状態だったのではないでしょうか。

話が長くなりましたが、
そんなこんなで休日の朝酒に選んだ店がここ。
蒲田駅のそば、信濃路
都内に数店あるようです。鶯谷とか。
朝6時からしっかり大衆食堂気分で飲める店。
Img_0929

さっそくビール→酎ハイとハムカツで。
Img_0930
これはうまい、もう一日棒に振ってもいいやと決意して
煮込みと燗酒。
Img_0932
付き合ってくれた(というよりむしろ積極的に今回企画を推した)相方は
やきそばにカレーを掛けたやつ。
Img_0934
やー朝から幸せ、これだけでデイ・トリッパーな気分。

店内は常連さんが多めです。
私らのあとに来たおひとり様の30代くらいの男性はお店の人と
慣れた言葉で朝の挨拶を交わした後、
「いつもの?」的なお店のおすすめを断って
「いあー今起きたばっかだからウーロンハイでいいわ」と仰ってました。
すげえなおいw

さてお待たせしました。ここからがやっと本編。
今回は呑川の支流である女塚川を、朝からほろ酔いで
ちらっとだけ紹介します。
女塚川に近づく途中、
こんな幻のような景色を目の当たりにして
一気に酔いがさめましたw
Img_0940

さて女塚川は、呑川と京浜東北線とが交わるあたりで合流しますが、
合流口付近はおそらく付け替えられてかくんかくんと
道路の沿って流れてきます。
このあたりの昔の名前が「女塚(おなづか)」。
ようやく追っかけ甲斐が出てくる地点。
Img_0944

行ったのはちょうどナガミヒナゲシが咲くころでありました。
Img_0947

それはハナミズキの咲くころでもありました。
Img_0950

おおーなんかこの曲線いい!
Img_0953
なんて言ってる場所は川が二股に分かれるポイントでした。
Img_0955
今回はね、両方は行けません体力&気力的に。
諸般の事情から右の流れをたどることにします。
(左のほうは池上線を越えるほどまで続いているようなのでいつか辿ってみることにします)
今回はこっちこっち。
Img_0956
女塚小学校の横に。下の写真のどこが暗渠でしょう…?
Img_0958

はい、右の植え込みのところだったようです。
植え込みがなくなるとこんな風に。まるでトリミングされた後のプードルみたい。
Img_0959
まんなかにそびえる電柱、もうほとんど意味がわからないですね。
(そこがすごくイイんですが)

小学校の上流でかくんと曲がります。
Img_0964
ここで暗渠は道の右側から左側に移るのかな。
少し進むといかにも暗渠。
Img_0966
さてこの先はうやむやに…
経路は分かりませんが地形的にも六郷用水の支川だったのではと思っています。
つまりあちこちに水が張り巡らされていたのでしょうね。

ミッシングポイントから少し離れたところですが、
こんな歩道を見ると「もしかしたらここも」なんて勘繰りたくなります。
Img_0982

それからこの団地、都営池上5丁目アパート。
Img_0973
まあ所詮酔眼ですからね、今回は。

そんなエリアで見たお店がこの池上通沿いの
Img_0986
いいかんじです。
おなかが減ってれば、あるいはワカイシが中で待っているなら入ったんだけどなあ。

しかしそもそもエルマカリって何だろう。

より大きな地図で 池尻掘・六郷用水北堀・内川 を表示

※私が2コマほどお話をさせていただく「てくてく大学」、
まだお申込みができるのではと思います。
暗渠ってなんだ?とムズムズしてきたあなたや、
「水」に関してご興味をお持ちのあなたににおすすめの
至福の時間をご提供します。

|

« 暗渠ハンター 野川の盲腸谷支流 | トップページ | 暗渠ハンター 暗渠アンケート、中間報告。 »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。
最近池上方面を歩いていませんが過去の記憶を時解いてみますと…

地図の最後の方、まいばすけっとの手前の三角路地を左に曲がると、先月残念ながら廃業した池上温泉。更に進むと、大森高校を通りぬけ、蓮沼中学の横に出る暗渠らしくものに出会えます。
さらに、まいばすけっと北側の路地も暗渠のようで、車止めを左に入って行くと(時層地図の高度成長期に水路が書かれています)、パークス池上と言うマンションが建っているのですが、その場所は以前に池上自動車学校があった場所。
やはり自動車学校は暗渠サイン!と、喜べる場所でしたが…ちょっと惜しかったですね。

この辺りの古地図を見ると、池上線沿いに水路のような表示があったりして、六郷用水かの支流だったのか生活排水だったのかよくわからないところがあります。
大田区の図書館には『地図でみる大田区1~3』と言う古地図と航空写真の資料がありますので、参考になるかと思います。

あと、話は逸れますが、同じく大田区の東側の図書館に1983年に発行された小学生が内川について調べた「わたしたちの内川」と言う冊子があります。
当時の小学生が京浜東北線以東の旧内川の流れについて調べたものを父兄がまとめた冊子で、旧内川の流れを知っているお年寄りにお話を聞いた貴重な資料になっています。
なぜか暗渠系ブログには取り上げられておらず、いいネタなのですが、自分が猫の方に走ってしまって暗渠系ブログ開店休業状態なので…
同じ大田区内ということで、ここに書いてしまいました。
大田区立図書館のHPで検索すると、どの図書館にあるか表示されます。
(1988年発行版もありますが、内川の生き物が追加されただけで、旧内川に関しては同じものです)

久々の大田区ネタだったので、暴走気味のコメントになってしまいました。すみません。
でも…今回のブログで一番興奮したのは…内緒にしておきます。
って、バレバレですが。

投稿: ろっち | 2014年7月15日 (火) 00時11分

ろっちさま
待ってました!コメントありがとうございます。
いつもろっちさんのブログに登場する猫さんたちに癒されております。

GGL Earthを見ながら確認しました!
なるほど、パークス池上(もと教習所とは!!)横にすらっと延びる暗渠道がありますね!
たしかにここから東に拡がる大田区平野(仮)には、まっすぐな水路の暗渠があちこちありますね。いつかコンプリートしたいです。
実はずっと池上競馬場跡を中心とした池上・西蒲田エリアは
歩き倒したいと思っておりました。
その際にはご紹介いただいた「地図で見る大田区」が強い味方になりそうですね!ありがとうございます。

そうそう、「私たちの内川」は、以前赤茄子さんで教えていただいたのですよね。あの後すぐに図書館行ってコピってきましたよ!いい資料を教えていただきました!ってまだ十分活用できていないのですが…w

投稿: lotus62 | 2014年7月15日 (火) 09時44分

こんにちは!
ご無沙汰しております。

な、なんと! ここを取り上げてくださったのですね!!
小生が暗渠めぐりにはまる(?)、きっかけになった自宅周辺のここ。
http://weekendoutdoors.blog97.fc2.com/blog-entry-246.html

ろっちさんの情報には及びませんが....、
女塚小学校のあたりは最近きれいに舗装されてしまったみたいで、小生の昔の写真ではもう少し暗渠然していました。
http://weekendoutdoors.blog97.fc2.com/blog-entry-238.html


「てくてく大学」面白そうですね....

投稿: Weekend Outdoors | 2014年7月16日 (水) 00時37分

Weekend Outdoorsさん!ご連絡ありがとうございます!!
ブログも再開されたのですね。待ってました!
今後も楽しみにしています。

こちらも拝見しました。
http://weekendoutdoors.blog97.fc2.com/blog-entry-238.html
女塚川、Weekend Outdoorsさんにとっては特別な川だったのですね。
当日は私もたいへん楽しませていただきましたが、
こうしてWeekend Outdoorsさんのブログで
以前の姿も見ることができるとはありがたい限りです。

「てくてく大学」も、きっと楽しい一日にできると思います。よろしかったらどうぞどうぞ!

投稿: lotus62 | 2014年7月16日 (水) 10時16分

3匹のねこの写真の真ん中のねこの上になんか顔みたいなのが...
気のせい❔

投稿: 横浜駅 | 2014年7月20日 (日) 16時37分

横浜駅さん、大丈夫大丈夫、
それは向かいのおうちの影ですよー。
(ということにしておきましょうw)

投稿: lotus62 | 2014年7月21日 (月) 08時41分

そうですね(^-^;

投稿: 横浜駅 | 2014年7月21日 (月) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 酔眼の女塚川:

« 暗渠ハンター 野川の盲腸谷支流 | トップページ | 暗渠ハンター 暗渠アンケート、中間報告。 »