« 暗渠アンケート作ってみました!ご協力お願いいたします。 | トップページ | 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳⑨最後の「御用」は日の出川。 »

暗渠ハンター 赤坂新町五丁目下水と種徳寺のスリバチ。

霞が関から六本木まで歩くという機会がありました。
さてどんな経路で行こうか。面白い経路はないかなと
「東京時層地図」をじろじろ見ていると、マークしてなかった水路発見。
大刀洗川のちょっと南のところです。

こんなところにあったんだ、さっそく辿ってみないと!!
以前近くを散歩したことはあったんですが…。

赤坂をちょっと奥に進むとこんな建物も。
なんか私の赤坂イメージとずいぶんかけ離れた地方都市っぽい物件だなあ。
Img_0849

そんな赤坂のはずれで、崖下にまっすぐ続く道がここ。
Img_0850
左の高台は氷川公園です。

谷底というわけではなくて、
右にはさらに低く抉れています。
Img_0854
人工の水路でわざとここに付けたのか、それとも右は造成の都合で掘ったのか。不明。

左右を鹿島建設のビルに挟まれています。
Img_0855
いっそ鹿島暗渠とでも呼んでしまいたくなるような。
ん…¡?鹿島建設!?

さあこの先いよいよ、という感じの細道。
Img_0856

赤坂にこんな暗渠道があったとは。
Img_0859

出口にはしっかり車止め。
Img_0860
素敵です。
反対側からも見てみましょう。
Img_0862

ここを抜けると痕跡は消えます。
Img_0864

この道、10年前に通っていた得意先に行く途中の道でした。
ここを思い出しては「あの道なんかヘンだったよなあ」と考えていたものです。
だってすぐ横に立派なと通りがあってなんだか「無駄」なような気がしてたし、
その道とはこんな車止めのある細道でつながっていたり。
Img_0865

突き当り。
ここを右手に曲がっていくらしい。
Img_0870

以前夜の散歩では左の奥のほうに暗渠路地らしきものを見つけことがありました。
まあつながっていると考えてもよさそうですね。

さてその先。ここをこうまっすぐ抜けていきます。
Img_0872

手元の「東京時層地図」で確認できるのはこの交差点まで。
Img_0875

しかしその先、ここにつながるはっきりした谷頭があります。

下図、赤いところがここまでの暗渠道、そしてその先のオレンジ色の円が谷頭です。
(GoogleEarthさま・東京地形地図さま毎度のご協力に感謝申し上げます)

1
谷頭にあるのは種徳寺というお寺。
Img_0881


この境内にお邪魔する前に、裏に回り込む道があったのでそちらから行ってみましょう。
Img_0884

上の写真の奥は行き止まり。崖です。
近寄ってみると・・・。
Img_0887
空いたスペースにハナダイコンが咲き乱れ、
秘密の花園状態です。
谷頭最奥部となりますが、特にここで水が湧いているというわけでもなさそうです。

種徳寺の正門にまわり、お寺にお断りして中に入れていただきました。
敷地の奥に池があるわけでもないのですね…。
Img_0891
そのあと、西側の崖上までが敷地(墓地)なので崖上に上がらせていただきます。
めくるめくスリバチビュー。
Img_0900

さっきの最奥部秘密の花園も見下ろせます。
Img_0903
お、ご近所のだれかがフキを摘んでいるようです。
同行した相方は
「その辺に生えているフキも食えるのか!?食っていいのか!」
と激しく興奮していました。

暗渠とはまったく関係がありませんが、この崖上の墓地というのもちょっと変わった雰囲気。
Img_0906
なんだかちょっと荒れ気味でした。
もう古くてお墓を訪れる方もないのかな…?

さて今回の暗渠。
どこを見ても文献が見当たらず
さてどうしたものかと思っていたのです。
唯一のヒントは、最奥部の花園をライブでツイートしたときに授かったオラクル・リプ。

Tweet_3   

HONDAさんからのメンションでした。
さすがHONDAさん。しれっと「赤坂新町下水」と固有名詞を出してます…w
ですが、あとでこの名前で調べても何もヒットしません・・・。
港区図書館に行って資料を漁ってもそれ以上の手掛かりは得られず。
後日お会いする機会があったのでどこで調べたのかと伺ってみると、
ご親切にその出典をご教示いただけました。
後ほど私もその資料を当たって、補記したいと思います。

※2014.61追記:資料で裏が取れました。港区で出している「港区史」の「下水道」の項に、
この水路が文政年間の下水として「新町五丁目下水」名で載っています。
「水源は青山掃除町より流出、赤坂田町五丁目大下水へ落つ」との解説。
青山掃除町とは種徳寺のスリバチの上にあった町のことです。

さてこの谷。もっとも低いところにはこんな暗渠っぽい道がありました。
たぶん種徳寺で湧いた水はここを通って赤坂新町下水に続いていったのかと思います。
Img_0914
駐車場にぬけて行きますが、
その手前に中華料理屋さんですね。
Img_0915

暗渠飲み屋ということになるか…。
ヒルメシも食わずに歩いていたので
どこかで休憩を。と思っていたところ。開いていれば絶対入ったのになー。
いつか夜にきてみましょう。

ここから歩いて乃木坂に向かい、
外苑東通りでヒルメシ問題を解決しました。
「1830」とうイタメシやさんに飛び込んだんだけど、もう数週間で閉店だそうです。
煤煙問題が原因とのこと。

端的にいうと、ピザ焼いてる煙がけむいよ、臭いよ、なんとかしろよ
という苦情にあらがえなかったんでしょうね。

臭いからと蓋をされた川みたいに。

いろいろありますな。住民の方々もお店も、大変なやり取りをしてきたんでしょうね。

初めて入った店ですが、
このお店と、住民の皆様と、双方にそれぞれの敬意を表しつつビールと、ペンネ。
Img_0921_2 Img_0923

より大きな地図で 赤坂・港区あたり を表示

前回からのアンケート、まだご回答いただけます
まだの方はぜひお気軽にどうぞ!

|

« 暗渠アンケート作ってみました!ご協力お願いいたします。 | トップページ | 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳⑨最後の「御用」は日の出川。 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

赤坂にこんなの残ってたんですねえ。
下町は別として、23区内はほとんど調べ尽くされたかと思ってました。

投稿: 猫またぎ | 2014年5月29日 (木) 17時20分

御意ですねー。
本文のとおりHONDAさんはご存知でしたが、近隣施設から言っておそらくスリバチ学会の皆川会長も愛でていたのではないかと思われます。

投稿: lotus62 | 2014年5月30日 (金) 12時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/56308068

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 赤坂新町五丁目下水と種徳寺のスリバチ。:

« 暗渠アンケート作ってみました!ご協力お願いいたします。 | トップページ | 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳⑨最後の「御用」は日の出川。 »