« 暗渠ハンター 恵比寿のチラ見せ暗渠、「伊達町川(仮)」  | トップページ | 暗渠ハンター 原宿にある、もうひとつの清水川。 »

暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳⑦蹴球気分で北浦和まで

さて隔回で書いているさいたま市の藤右衛門川、
今回は「緑(天王川)の4」。

なんかですね、この藤右衛門川の連載は昨年から始めてるんですけど、
正直自分ではそろそろくたびれてきちゃった感アリアリなんですよね。
(読まれてる方々はもっとそうかもしれませんがw)

これに限らず、やっぱ現調行ってすぐのほうが
記憶も鮮明だし書きながらも興奮するものですし…。
なんかあとは適当に端折っちゃって終わりにしちゃおうかなーなんて。
要するに中だるみ中なわけです。

しかしそんなところに、
猫またぎさんがこの藤右衛門川の兄弟支流「明花落」のことを書き始められたり、
大石俊六さんがこんな記事のコメント
「大きなスケールで見ると、利根川と荒川に挟まれた埼玉というのは巨大な『沼地』といえるのではないか」
的な大胆かつ新鮮な視座を提示してくださったので、
俄然やる気になってきました。
言いすぎました、もとい。
すこしやる気になってきました。

はりきって行ってみましょう!

Photo

緑の4」。こちらはながーい支流で遠く北浦和駅のすぐそばまで伸びています。
その前に、上の地形図には載せませんでしたが
ちょっと下流の短い支流から行ってみましょう。

*************************************

この短い支流は、
元町2丁目というところを通っているから
「元町2丁目支流(仮)」と呼びます。

元町2丁目支流は大きな鉄塔(大宮線9)の下で合流してくるので
見つけやすいです。
Img_0194

これ。
Img_0193
鉄柵で囲まれているので反対側に回ってみましょう。
Img_0196

でた、防災倉庫。

道を横切って鉄柵暗渠が続きます。
Img_0198
コの字ウォークで追跡。
資材置き場と化しています。
Img_0199

道の反対が最後の痕跡。
Img_0200

このあとは推測でしかありませんが、
さらに南の丘上の鳥居のあたりまで行ってないこともないようなあるような・・・。
Img_0203
(奥に石の鳥居が見えますでしょうか)

ここまで。では本編の「緑の4」に行ってみましょう。

****************************************

それは元町3丁目20で西から合流します。
Img_0218
すぐその先に緑道「元町緑道」の入口が。
Img_0220

おお、緑道だからといってなめてはいけません。
なんか護岸っぽいものも残っています。
Img_0222
それにしてもサッカー推しですね。
Img_0223

この「まつふじ」も気になります。
Img_0224
中華そばから日本そばうどんまで扱っている度量の深さが、
何者であってもやさしく懐に受け止めてくれそうです。
時間があって腹が減っていたらぜひ寄りたかった。

その先にはこんな支流もあったんですが、
今回はスルー。
あとはきっと猫またぎさんが・・・

Img_0225

どこまで行ってもサッカー。
Img_0231
変わり映えしないのでショートカット、
ここが緑道の終わり。
Img_0232
もう北浦和駅はすぐそこ。
ここから急に登り勾配がきつくなって、
その台地上に駅があります。
Img_0234

現調していたときは、たぶんこれは
「北浦和駅で降りて駒場運動場にサッカーの応援に行く人のための緑道」
であり、
サッカーの試合のまえ・うしろで気分をアゲつつみなさん通っているんだろうな、と思っていたのですが、
あとで地図をじっくり見てみると別に駒場まで近いわけでも何でもないし。
純粋に「サッカー推しの緑道」だったのですね。

まあなにしろ、車止めに描かれたサッカーボールを
追いかけるような気分で歩いてきました。ドリブルドリブル。
こちらは「元町緑道ドリブル支流(仮)」と呼ぶことにしましょう。

より大きな地図で 浦和 を表示

|

« 暗渠ハンター 恵比寿のチラ見せ暗渠、「伊達町川(仮)」  | トップページ | 暗渠ハンター 原宿にある、もうひとつの清水川。 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

あら~、中だるみ中?
確かに今回のルートは変化が少なかったかも知れませんね。

「緑の4」に南から合流してくる支流は、コの字ウォークで何ブロックかたどってみましたが、その度にうっすらとした谷地形を確認できるところが取り柄ですかね。
ごく浅い谷ですが、GoogleEarthの地形陰影図でも確認できます。

藤右衛門川の残りは、「緑の5」だけでしょうか。
「赤の2」がまだのような気もしますが...。

投稿: 猫またぎ | 2014年4月30日 (水) 10時20分

おお、「もう猫またぎが書いている」ではないですがやはりすでに踏破されてましたねwさすがです!

あ、一連のシリーズについては、まだ緑の支流の5と、赤の支流はまるまる残っております。
ってことはあと3回は続きますねw
どうぞよろしくお付き合いのほど、お願いいたします!

投稿: lotus62 | 2014年4月30日 (水) 15時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳⑦蹴球気分で北浦和まで:

« 暗渠ハンター 恵比寿のチラ見せ暗渠、「伊達町川(仮)」  | トップページ | 暗渠ハンター 原宿にある、もうひとつの清水川。 »