« 暗渠ハンター 蓮根川の支流のやちよばし | トップページ | 暗渠ハンター 恵比寿のチラ見せ暗渠、「伊達町川(仮)」  »

暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳⑥浦高裏まで追っかけろ!

不定期連載の藤右衛門川シリーズ。

Photo

google earthさんと東京地形地図さんのお力で作図させていただいております。

緑の支流「天王川」に移りまして今日は
緑の3」の支流のお話。

より大きな地図で 浦和 を表示

その前に、冒頭地形図には載せませんでしたが
「緑の3」の手前の小さな支流から。
天王川上の緑道にこんな開渠が接続しています。
領家1-6あたり。
Img_0140
閉鎖された開渠。先回りしてもなお閉ざされて続きます。
Img_0142

橋跡、と言っていいのでしょうか。
Img_0143_2

しかし開渠も同ブロックでおしまい。
ここがその終点です。
Img_0144

赤鉄板や木の杭のようなものが架けられ
静かに伸びていきます。
この先領家1-8では加工度が上がり、
どうやら歩道の下に・・・。
便宜上これは「領家1丁目支流(仮)」と呼んでおきます。

************************

さてそのすぐ近く、領家1-7のブロックから
より長くはきりと伸びる支流があります。
これが「緑の3」。
ここは浦和高校を抜けてその先まで辿れるので、
浦和高校支流(仮)」と呼びましょう。
天王川が太い道路と交差するところにある肉屋さん。
(下の写真右に見切れているオレンジ色のファサード)
Img_0149

この肉屋さんの前を通ってすぐに隠れていく支流を発見。
Img_0151
これです!
Img_0152

おお、細いところに入っていく入っていく。
Img_0153

蓋暗渠が続いています、ひっそりと。
Img_0154

その後いったん表舞台に出て蓋暗渠が続きます。

Img_0156_5

がしかし正面の選挙ポスターの向こう側へ。
Img_0157

裏側に回ってみましょ
領家1-14のブロックをこんな風に貫いています。
Img_0160

ちょっと奥まで入ってみようかな。
ここで限界・・・。
Img_0161

回れ右してこの先を追いましょう。
Img_0162

緑の金網が見えると安心しますね。
まだ続いているぞ、と。

領家2丁目に入り2-5。
ここに出てきます。
Img_0164
ここからが面白い展開。
上の写真左に見切れている紅白のガードレール。
浦和高校支流(仮)暗渠はここでかくっと曲がって
このガードレールに沿って流れていました。
見てくださいこれ‼
Img_0165
川だったことの名残と思われる、
橋のような家へのアプローチ。
Img_0166_3

その先には植物園。
Img_0167

ここでまたかくっと曲がって
浦和高校に向かって真っすぐ北上します。
Img_0169

おー‼道路の左側から右側に
見事な切り返しです。
Img_0170
さらにこの切り返し地点では東からの短い支流も合流という贅沢さ。
Img_0171

この短い支流はまっすぐ行って、ちょっと小高い大地に上がるところで途切れます。
そっちは省略、浦和高校を目指しましょう。
さきほどの暗渠はこんなふうに浦和高校敷地に吸い込まれていきます。
うーん、これは捕り逃すパターンか…?
Img_0172

高校の東側の道路を探索に行くと、
こんな怪しく取り繕ったような歩道が現れました。
先に進んで南方向へ振り返ったところなので、
浦和高校は写真の右方向にあります。
Img_0173

そしてこの歩道の端には・・・。
こやつ、現れたな・・・ふっふっふ。
Img_0174

この先あまりにプライベートな空間だったので、
ちょうど玄関先にいらしたこの御宅の方にお断りして
入らせていただきました。
Img_0179
この先突き当りで90度左に曲がって続いています。
Img_0176
このあたりは20年前まで一面畑だった、
とはこの御宅の方のお話。
暗渠化された時代に関しては不明です。

さてこの暗渠を先回りして追っていきます。
あった!
Img_0182

しかし残念ながらこの捕り物もここまで。
行方はここで途絶えます。

まあここまで終えたら満足です。すぐそこは分水嶺となる大きな通り。
終了として、次行ってみよう。

一枚だけおまけです。
浦和高校までまっすぐ向かう途中の「切り返し」地点に
流れ込んでくる支流について触れましたが、
その上流の風景をワンカット。
暗渠上の利用にはお決まりの防災倉庫とゴミ捨て場。
Img_0186
川に蓋をすることで公共スペースを確保する、
という構造は東京の主要暗渠とおなじですね。

|

« 暗渠ハンター 蓮根川の支流のやちよばし | トップページ | 暗渠ハンター 恵比寿のチラ見せ暗渠、「伊達町川(仮)」  »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
もはや決まり事のようにお邪魔します。

実は、私は浦和高校支流(仮)は、浦和高校にぶつかるまでは追いかけていましたが、浦和高校の先にさらに続いているとは思わず(夕方で時間がなかったこともあり)、そこでやめてしまいました。
まさかの続きがあったんですねえ。
こちらのサイトの地図を見て気づかされ、すでに再訪していますがw

まあ、クライマックスは南側のガードレール暗渠部分ですよね。
ここをたどった時は私も興奮しました。

投稿: 猫またぎ | 2014年4月 7日 (月) 12時51分

猫またぎさん、すみません、「暗渠者ハンドサイン制作」に夢中になっていてお返事が遅れましたw
https://twitter.com/lotus62ankyo/status/452971696035618816
(こちらにも猫またぎさんに登場していただいています。勝手に、しかも呼び捨てでw)

毎度ありがとうございます。私も猫またぎさんに語るつもりで書いていますw
すでに再訪とはさすがですww
あのガードレール暗渠の「切り返し」、まのあたりにするとかなりアガりますよね。
「橋跡」や「突然の開渠」など普通のひとでも違和感を感じるであろう分かり易い物件ではなく、暗渠目線ならではの物件でもありますね。

投稿: lotus62 | 2014年4月 8日 (火) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/55576225

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳⑥浦高裏まで追っかけろ!:

« 暗渠ハンター 蓮根川の支流のやちよばし | トップページ | 暗渠ハンター 恵比寿のチラ見せ暗渠、「伊達町川(仮)」  »