« 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳②生まれるものとなくなるもの | トップページ | 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳③身元(水源)不明の2つの事件(支流) »

暗渠ハンター 高尾駅前の短い散歩で暗渠

特に用事もなく高尾に行ってきました。
高尾山ではなくあくまで高尾、高尾駅。
あとで調べて分かったのですが、
この高尾駅はもとは浅川駅という名前で、
駅周辺には「浅川地下壕」という有名な軍事遺跡があるとのこと。
これとかこれ

まああとで誰かに誘われたら行ってみよう。

実は珍しく風邪などひいてその治りかけの日曜日。
遠出は無理だしでも天気はいいし…。
そうだ、電車でちょっとだけ遠くに行って、
5分くらい外を散歩して帰ってくるくらいならよかろうよ、
と自分にOKを出しつつなんとなく選んだのがこの駅でした。

JRの駅を出てまっすぐ北に向かうと
南浅川という大きな川にぶつかります。

南浅川は、この先で浅川と合流、さらにその先で多摩川と合流していく川。
Img_0002

このさらに北側にはいくつかいい暗渠があるんですが、
今日は省略。

こんな やつとかね。
Img_0006_2

こんなふうに民家に入っていくやつもあるんですけどね。
Img_0012

 

今回取り上げるのは、高尾駅のそばでこの南浅川に合流する
初沢川です。
初沢川は、南浅川が高尾駅を過ぎるちょっと東側で
強引に合流してくる支流。

合流地点すぐにはバスのターミナル。

Img_0034

この奥に伸びている歩道が暗渠部分です。
蓋がそのまま歩道になっています。
ちょっと奥に進んでから振り返ってみるとこんな具合に。
Img_0035
ターミナルを過ぎると急にしっかりした造作になります。
Img_0036

ずいぶんな谷を走っているようで、
対岸同士に橋が架けられていたりして。
Img_0037

はい、これがその橋の裏側。
Img_0038_2

駅に近づくと暗渠区間が終わるので、
谷上に登って初沢川の傍らを遡ります。
川には小さな橋、たぶんプライベート橋が数本架かっています。
Img_0044

さらに駅に近づくと、川沿いを歩けなくなります。
小さな橋の上から上流(高尾駅方向)を望む。
Img_0042
どうもこの先は家が暗渠蓋として架けられている模様…。

高尾駅前まで戻ってきました。
ここで駅舎北口から正面を見てみましょう。
Img_0057
バスが停まっているいるあたりの道を横切って、
初沢川が流れています。
右が下流で左が上流。

では下流方向。
この、花屋さんの左の建物(町内会館に使われている模様)は、
家に見えますが実際は暗渠蓋なわけです。
Img_0046

道を挟んで反対側、上流方向には
堂々と欄干が残り、
再び川然としてきます。
Img_0045

おー流れてる流れてる。
Img_0047
…やっぱりこっちも川の上に家みたいなものが見えますが…

駅前を過ぎてさらに上流も開渠。
ずいぶんかっちりと整備が進んでいます。
Img_0048

やはり小さなプライベート橋が数本架かっています。
Img_0051

 

体力も限界に近いので、このへんで今日は勘弁してやるか…。

駅では高尾らしく天狗モノを売っていたので
土産に購入。
Img_0055

ここでどさっと地元産の葉人参も売っていたので、
活けてみたらきれいかなあと気分で購入。
パスタケースに突っ込んだらこんなかんじになりました。
C9c29ad04f2911e3a076122b2a59491d_8

短い時間の外出でしたがずいぶん遠くまできたような感じで満足。
元気になったら今度は高尾山まで登ってみようかなと。

より大きな地図で 高尾 を表示

|

« 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳②生まれるものとなくなるもの | トップページ | 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳③身元(水源)不明の2つの事件(支流) »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 高尾駅前の短い散歩で暗渠:

« 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳②生まれるものとなくなるもの | トップページ | 暗渠ハンター 彩の国 藤右衛門捕物帳③身元(水源)不明の2つの事件(支流) »