« 暗渠ハンター ふと見つけたアリバイ。滝野川3丁目支流 | トップページ | 暗渠ハンター 元旦にいく足立区の入谷県境用水(仮) »

2014年。賀詞とともに御贈りする干支暗渠。

謹んで初春のおよろこびを申し上げます。
どうぞ本年もよろしくおつきあいのほどお願いいたします。

年賀状の流通も年々減少傾向、と言われていますが、
私、年賀状作るの、結構楽しんでやってます。
とはいえものすごくクリエイティビティを発揮するわけでもなく、
ここ数年はなんだかパズルを解くようなつもりで作ってます。

なんでかっていうと、
自分なりに作ったフォーマットというか「きまり」の中で、如何に干支っぽくするか、
というシバリ決めて作ってるからなんだと思うんです。

私の年賀状ってのはだいたいフォーマットが決まっておりまして、
・身の回りにあるものを使って
・実際のハガキ大の紙に干支っぽく構成する。
・それを写真に撮って、ほぼ原寸大で印刷する。
というふうなものなんです。ここ数年はずっとこんな。

例えばこれ。
Img_0002
寅年の年賀状ですね。
チョコボールを買ってきて、黄色と黒のボールだけ取り出して、ハガキ大の紙の上に並べました。

それからこんな。
Img_0003

丑年ですね。紙の上に海苔をちぎってちりばめてみました。

一昨年辰年は、ゴーヤを切って並べて抽象的な龍にして…。
Img_0001

まあそれぞれ完成度はともかく…w

さて今年、2014年午年は、こんな絵柄にしました。
いつにも増してわかりづらいけどw
苦労したんです。「こたえ」が思いつかずに。

Img_0001_2

セロリを輪切りにして馬蹄に見立て、
その足跡をレイアウト。
いやほんと今年は苦労しました。
これ届いた人はほんとわかりづらいだろうなあと思った挙句、
ハガキの隅にQRコードを付けてここに誘導し、
ちょっとだけ説明をさせていただこうと。
さらにそんな経路でいらしてくれた方々にも、
私の暗渠趣味などを少しでもご理解頂こうと。
そんな意図もあったわけです。

というわけで、長い前フリでしたが、
改めまして。あけましておめでとうございます。
QRコードから飛んできていただいた皆様におかれましては、
よりいっそう感謝申し上げます。


************************

私は数年前から東京にかつてあった川の跡や、
それが転用された暗渠(あんきょ)を見つけて追うのが大好きで、それが昂じてこんなブログを書いております。
早いもので、スタートして4年半が過ぎようとしております。
いったい暗渠のどこがおもしろいの?と思われる方は、
ぜひ去年寄稿させていただいたこちらをご参照ください。

さてさて賀詞とともに本年最初にお送りする暗渠は、
ウマ繋がりでやはりここしかないかなと。
杉並区・馬橋稲荷神社の横を抜ける蓋暗渠。

Img_0006




馬橋稲荷神社の公式HPによると、
明治40年に
当時馬橋村に点在せる社祠、御嶽神社、白山神社、天神社、水神社、を
同村中央にある稲荷神社に合祀する。
当時は五社神社と呼ばれた事もあった

そうです。
今の呼び名に変わったのは、昭和40年
住居標示の改正によって、馬橋の地名がなくなり、
梅里、高円寺、阿佐谷となる。『馬橋』の地名を惜しみ、
後世に伝えようと、神社名を改め馬橋稲荷神社と改称

したとのこと。

Img_0025



もともと馬橋と呼ばれた土地にあったのですが、
その名が消えゆくのを惜しんで神社の名に冠し、
形而上的に馬橋という概念を、そして
具体としては馬橋稲荷神社を残した、と。
(このエピソードもどことなく「暗渠的」だといえますね)

そんな神社の傍らに、
かつての馬橋の原っぱを横切って流れる
小さな川がありました。
Img_0008



それがこの蓋暗渠。
下流すぐに桃園川に合流します。

上流は「ギー」というエキセントリックな名前の美容室を抜けて
その先の公園まで追うことができます。

Img_0002_2


Img_0021




前出の馬橋稲荷神社の公式HPには、
馬橋という名の謂れも掲載されています。
諸説あるが、以下の説が有力であろう、と。

阿佐ケ谷南2丁目の馬橋稲荷神社裏手の桃園川の湿地帯を、
軍勢が通ったとき、馬を橋代わりにして渡ったので、
馬橋の地名が生まれた

この理由として
・文明11年(1479年)に杉並区・中野区近辺で
太田道灌と豊島氏の間 で激しい合戦があったこと。
・当時、合戦の戦法で馬を橋代わりに湿地をを渡ることがあったこと
・馬橋村中央部「桃園川流域」はかなりの湿地であったこと。
そんな状況下なので、
馬の背を橋代わりにしたことは充分うなずけます」としています。

なるほど。
この暗渠、蓋を外してみたら、
まだ馬の蹄の後がたくさん残っているかも、知れません。

Img_0008_2



経年変化も著しいでしょうから、
もしかしたらセロリの輪切りみたいな不細工な形になって。


本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

|

« 暗渠ハンター ふと見つけたアリバイ。滝野川3丁目支流 | トップページ | 暗渠ハンター 元旦にいく足立区の入谷県境用水(仮) »

2055 ・・・神田川水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014年。賀詞とともに御贈りする干支暗渠。:

« 暗渠ハンター ふと見つけたアリバイ。滝野川3丁目支流 | トップページ | 暗渠ハンター 元旦にいく足立区の入谷県境用水(仮) »