« 暗渠ハンター ヘリクツ編 「暗渠」と「川跡」 | トップページ | 暗渠ハンター 笄川でみつけたもの。1 »

暗渠ハンター 品川用水が品川区あたりで鉄道と交差するとき特集。

品川用水については、結構拙ブログでも触れているし、
ほかに取り上げる方もたくさんいらっしゃるので、
あえてここで詳しく説明することもないと思いますが。
ちょっとだけ概略を触れておくと、以下。

そもそもが人工の水路で、
遠いところまで水を運ばねばならないのでしぜんの川と違って
「高いところ」を通るように設計されました。
品川用水は、玉川上水という長い人工の水路を「幹」として、
途中の三鷹あたりで分水口を設けて世田谷区、目黒区、品川区と
長い距離水を運んでくる水路です。
できたのは江戸時代、1669年。

暗渠化は昭和30年代。まあそれだけ長い期間、
そして長い距離水路をやっていると、
いろんなものと交差するわけですね。道路とか、線路とか。

特に下流の戸越近辺では、東急大井町線や横須賀線なんかの下を行ったり来たりと
数回交差しています。
今回は、それらがどんなふうに交差してるかというのをいくつか見ていきましょう。

より大きな地図で 品川用水・朝日地蔵から を表示

西のほうから行きますと、
武蔵小山を抜けて平塚橋を通ってきた品川用水は、
国道1号線の戸越3丁目交差点を越えると
3方に「展開」をします。

***********************

その一つ、国道1号線としばらく並行して走る水路は、
東急大井町線と中延駅と戸越公園駅の間で交差しています。
戸越6-12あたり。

どんなんなってるかな。
じゃん。
Img_0199

上を線路が走っています。そしてその下に水路跡。
ここでは(というか他でも)ほとんど道路と共に水路が走りますが、
このくぐり地点だけは水路と道路が別ですね。

Img_0200
うん、なんか倉の入口みたいな重厚感です。

***********************

3本のうちの2本目は、戸越公園駅の近くで東急大井町線と交差。
(ちなみに3本めはまっすぐ戸越公園の池に向かい、鉄道とは交差無し。ただしその池から流れ出る「古戸越川」は何度も鉄道と交差しますが、それは後日の「古戸越川」記事でご紹介しましょう)

2本目の水路の交差は、戸越公園駅のすぐ東側です。
なんだか工事中なんだか、時が止まっているんだか…。
Img_0213

ちょっと下から覗いてみました。
Img_0214

あ、ほんとに工事中だった。
残念ながら遺構めいたもの含め痕跡はありませんね。

線路の反対側に行ってみましょう。
Img_0215
ほとんど同じ見てくれです。
あきらめて次行ってみましょう。
この水路はこの先でも鉄道との交差があります。

***********************

こんどはJR横須賀線&新幹線と交差。
豊町4-25あたりですね。

Img_0242
ここでどーんと思いっきりJRの線路にぶつかってます。
反対側はどうなってるかな。まわりこみます。
お。何やら御堂のようなものが。
Img_0245
そしてこの右わきには不自然なスペースが…。
ありますよね?
そう、それがこれ。
なんと、白い新しめの蓋暗渠が続いています。
Img_0244

これではちょっとよく見えないわ、という方のために、
もう一枚。こんどは手前の金網の目の中にカメラのズームを差し込んで撮影しました。
Img_0243

んー、御堂の横にあるだけになんだか神々しいですね。
(光の加減でしょうけど)
冒頭のケースのように、ここも道路とは別の軌跡を描いています。

***********************

次は東急大井町線・下神明駅のそば。
よく考えてみると、中延駅からちゃんとひと駅ごとに交差がある、ってことになります。
ここは非常にあっさりと、大井町線は品川用水を高架で越えていきます。
Img_0166

さて、橋裏ファンのみなさまお待たせしました。
こちらが品川用水に架かる大井町線高架橋の橋裏でございます。
Img_0164

複雑なトラス。
まるで宇宙戦艦ヤマト内部のコスモタイガーを収容するスペースの天井みたいです。(想像ですが)

***********************

さて大井町線との交差はこれでおしまい。
次は新幹線と分岐した横須賀線との交差ですね。
こちらもフツーに踏み切りで交差。

Img_0154
権現台踏切という踏切です。
踏切手前と踏切後の落差は結構あります。
手間では暗渠はこんな形になってます。
Img_0156
ここを「暗渠の滝」と呼んでいる資料を読んだことがありますが、
(…資料名失念…ごめんなさい)
まさに滝のような落差です。
品川用水も開渠時代にはごうごうと音を立ててここを下って行ったのでしょう。

この後は、みたび横須賀線を「東京総合車両センター」もろとも越えて(潜って)目黒川に注ぐことになりますが、それは過去のこちらの記事をご参照ください。

|

« 暗渠ハンター ヘリクツ編 「暗渠」と「川跡」 | トップページ | 暗渠ハンター 笄川でみつけたもの。1 »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

記事にしようと思ってたら先越されてしまいました(笑)。豊町のところは少し前までは空き地でしたね。

投稿: HONDA | 2013年5月20日 (月) 21時58分

あら、このネタ狙ってらっしゃいました?! 恐縮というか光栄というか、なんだか複雑な気持ちですw でもHONDAさんの記事はレベルが違うのであとさきなんて全く気になさらなくていいろ思うんですw

投稿: lotus62 | 2013年5月21日 (火) 19時06分

上のやり取りを見て・・・なんともまあ狭いところで被ったものですねww すごいな~w
わたしが企画している幾つかの特集ものも、もし誰かと被ったらものすっごく吃驚しそうですw

投稿: nama | 2013年5月21日 (火) 19時27分

こんばんは。

品川用水は
現在の品川区内においては
いにしえの荏原郡戸越村の領地
(現在の品川区小山台ほぼ全域、小山1、2、荏原1、2、平塚全域、戸越ほぼ全域、豊町1、6のそれぞれ一部)
のみを通っているようですが、
現在の戸越公園の池を潤すのはもちろん、
世田谷目黒品川のかつてのあまたの小さな川の水源ともなっていたようですね。

いにしえの荏原郡戸越村の領地(前記)
のうち、
現在の第二京浜を越えると、
その水路は見事なほどに、碁盤の目のように、枝分かれしているのが、興味深く感じます。

第二京浜の東側は
いにしえの荏原郡戸越村の中でも鎮守である戸越八幡神社に近く、
『戸越的』にも中心的な地域であるようですが。

品川用水は
大井町線戸越公園駅のホームのまわりをぐるりと囲んでいますが、
ホームの工事は数十年越しのものだったそうです。

投稿: Browny@R134 | 2013年5月22日 (水) 00時09分

namaさん、確かに狭いですねw
ところでnamaさん次はどんなの企画中なのか、
たまには教えてくださいよww

Browny@R134さん、こんにちは!
品川用水に限らず、
江戸に引かれる用水の軌跡を見ているとほんとに飽きませんね。
碁盤の目の、と仰るのは六郷用水あたりのことでしょうか?
だとすればこれまた面白いですね。
手元地図にプロットするのを諦めてしまいそうなくらい絡み合ってますねー。しかも直線で。
最近知ったのですが、高島平の昔も同じような面白さがありましたw

戸越公園駅は難工事だったのですか!
なんだか納得してしまいます。品川の図書館はあまり行っていないので、今度調べに行ってみたくなりましたー。

投稿: lotus62 | 2013年5月23日 (木) 07時40分

読者としては、場所が重なっていると別の楽しみ方があるので、他の方にもぜひ書いていただきたいです(^^。

この辺りの品川用水は、『江戸明治東京重ね地図』だと、けっこう縦横無尽に流れていたようですね。杜松小にぶつかるところで分岐して、小学校の西側を流れて、現在の二葉3丁目あたりで線路を横切り(横切られた、といった方が本当はいいでしょうがw)、立会川の谷の北側の崖下の川につながる水路もあったみたいです。

それから、以前の記事にあった三共製薬の敷地の暗渠、用水が目黒川に出るところですが、「ナチュラル暗渠」だと思っていたら、実は「アレンジ暗渠」でした。現在の用水出口は三嶽橋の下流側ですが、元来は上流側だったそうです。
三共が「自費を以て鐡筋混凝土暗渠とする件」申請・許可されて(『品川用水沿革史』218頁)、昭和7年に現在の位置にしたのだとか。元の水路敷を工場敷地に使うための「プチ整形」だったようです。
この地域の水路網は江戸時代からいろいろ改変があったようですが、ここはナチュラル美人っぽくさりげなく「整形」したみたいで。だまされました……(^^;;。

投稿: sumizome_sakura | 2013年5月23日 (木) 17時09分

HONDAさーん、リクエスト入りましたよー!w
杜松小の西から二葉とは!痕跡が残ってないか今度行ってみます!!
(全然関係ないけど先日は板橋の四葉に行ってきました)

三共製薬の暗渠のお話、そうだったんですかー!!
敷地の中を流れているからてっきりナチュラルな素顔かと思っていたんですがイジっていたとは…。騙されたw。
三共製薬敷地内の暗渠ライン上建物はアーチ状にすこーんと抜けていて、
ああ下に川があったからこうせざるをえなかっただななんて思ってたのですが、あれは「付け替え暗渠とその上の建物」とセットでデザインされた、というわけなのですね。なるほどー!ありがとうございましたー。

投稿: lotus62 | 2013年5月24日 (金) 12時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/51505031

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 品川用水が品川区あたりで鉄道と交差するとき特集。:

« 暗渠ハンター ヘリクツ編 「暗渠」と「川跡」 | トップページ | 暗渠ハンター 笄川でみつけたもの。1 »