« 暗渠ハンター 中山道における小さな主張。 | トップページ | 暗渠ハンター 門前仲町近辺の川跡② 古石場川で川面さんぽ »

暗渠ハンター 門前仲町近辺の川跡① 私が牡丹に行く理由

地図を見ていたら急に地名が気になって、行ってみたくなったのです。


大きな地図で見る

牡丹。

江東区の門前仲町の南のあたり。
今まで何度かその地名を見ていたはずだけど、
突然昔展覧会で見た速水御舟黒い牡丹の絵を思い出してしまいました。
と、この記事を書いた日にテレ東「美の巨人たち」で速水御舟を取り上げていて
ちょっとびっくりしました。

名前が牡丹だからといって牡丹があるとは限らないし、
さらに全然牡丹のシーズンでないのでここで牡丹を見るのは絶望的ですが。

ちなみに牡丹という町名の由来は2つあって、
①江戸時代この地で牡丹の栽培が盛んだったから、
②明治時代、錦糸町付近にあった牡丹園に通う職人さんが多く住んでいたから
と言われています。

■錦糸町にあった牡丹園が親?
ここでちょっと横道に逸れてこの「錦糸町にあった牡丹園」のことに少し触れておきます。
明治から集客力のある観光地として名をはせたこの牡丹園は、
残念ながら関東大震災で焼けてしまったそうです。
名前は「本所四ツ目牡丹園」。
しかし消失を残念がった地元では、
昭和4年、牡丹園跡地近くにに架けられた橋に「牡丹橋」という名をつけました。
現在ではこの牡丹橋もなくなっていますが、
その名はさらに「牡丹橋通り」という道の名として残されています。
親から子へ、子から孫へ、的な感じで。

これ以外にも牡丹園の名前は、意外なところにも残っていました。
シャンプーの普及って昭和40年代なんだそうですね。
「♪ふりむーかなーいーでー♪」なんてやってたのも昭和40年代ですものね。
ではシャンプー以前は何で髪を洗っていたかというと、粘土質でできた「髪洗粉」。
牡丹園跡のそばに住んでいた方の工場で作っていた髪洗粉は
「牡丹園髪洗粉」と名付けられ、
ちょっとしたブランドだったということです。
※「おはなし江東区 川と橋の話」H4 江東区教育委員会より

まあつまり、前章で書いた名前の由来がもし②であるなら、
この江東区牡丹にはたくさんの「牡丹兄弟」がいたことになるわけですね。

■牡丹のまわりにちりばめられたマグネット
江東区の牡丹に話を戻して、周辺の地図を見てみましょう。
※「江東ふるさと文庫④ 古老が語る江東区の町並みと人々の暮らし(上)」S62 江東区教育委員会より

Photo

牡丹は大島川(大横川)のすぐ南のエリアです。

さらに南にも水路があり、こちらは古石場(ふるいしば)川と呼ばれ
昭和63年に埋め立てられて現在は親水公園になっています。
その向こうの町名は古石場。この歴史のありそうな名前もなんだかそそられますねー!
江戸城を築くときの石置場があったのですが、
あるとき近辺に新しく石置場が移されたので、「古石場」。
そこ古石場に川が掘られた年代は不明ですが、
もともとは臨海地帯の波除地・防災スペースとして波除の土手と石垣があったところだそうです。

2

※「江東区の文化財4 門前仲町界隈」(H21 江東区教育委員会)より

牡丹と古石場に挟まれた「古石場川」。
やはりどうしても訪れてみなければなりません。
川の地図辞典」(之潮 菅原健二)を見ると近辺にたくさんの堀跡もあるようですし。

さらに訪れなければならない、私にとってのマグネットがもう一つ。
それは藤倉電線(現在の社名はフジクラ)です。
藤倉電線とは、新宿の文化服装学院がある場所にあった電線製作の会社です。
そこはちょうど玉川上水から代々木川に落とす水で回す水車があり、
1900年前後にそれを動力に使うためにここに工場をつくった会社。
私の記事でも何度か取り上げさせていただき、以来一方的に親近感を抱いているのです。
その藤倉電線は1920(大正9)年に前掲地図の右端、平久橋の向こう側に用地を買収し、
以来本拠地としているのでした。
因みに前出の「江東ふるさと文庫④ 古老が語る江東区の町並みと人々の暮らし(上)」によると、
このエリアでは漁に出る人、木場に働きに行く人、周辺の町工場に勤める人
などが多かったそうですが、
藤倉電線に勤める人が一番暮らし向きがよかったと書かれてありました。
まさにこの地のエリート、この地の民力の根幹!だったのではないでしょうか。
とはいえべつにフジクラ本社を見に行こうとは全然思わないのですが、
なにかもう「牡丹に呼ばれている」感ががぜん高まってきたではありませんか。

これらが、私が牡丹に行く理由。
ではいよいよ次回から牡丹周辺の川跡をご紹介していきますね。

|

« 暗渠ハンター 中山道における小さな主張。 | トップページ | 暗渠ハンター 門前仲町近辺の川跡② 古石場川で川面さんぽ »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

牡丹・古石場のあたり、私も興味あります!(実は上京後15年で2回しか行ってないのですが)
楽しみにしております。

投稿: しかすけ | 2013年4月 1日 (月) 19時56分

いや2回も行けばもう十分なのではないかと…w
なんだかね、名前だけ見てても不思議な雰囲気のエリアですよね。
…実は川的にはそんなにインパクトないので、この前振りだけでやめちゃおうかと一瞬思ったのですが、しかすけさんのこのコメントで続きを書く決心がつきましたwどうもありがとうございますww

投稿: lotus62 | 2013年4月 2日 (火) 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 門前仲町近辺の川跡① 私が牡丹に行く理由:

« 暗渠ハンター 中山道における小さな主張。 | トップページ | 暗渠ハンター 門前仲町近辺の川跡② 古石場川で川面さんぽ »