« 暗渠ハンター 蓮根川③ 銀色の蓮根川。 | トップページ | 暗渠ハンター 門前仲町近辺の川跡① 私が牡丹に行く理由 »

暗渠ハンター 中山道における小さな主張。

前回の記事、蓮根川を辿ったあとは、
お隣の出井川を新河岸川の河口から遡って帰ってきました。

より大きな地図で 出井川周辺 を表示

河口から続く緑道を通って中山道を渡ろうとしたその時、
目に飛び込んできたのが、これ。

Img_7737

ん!?

一見ガードレールみたいに見えるけど、
これは立派な橋跡です!
近寄ってみると、橋の銘までありました。
Img_7730

Img_7732

昭和40年9月に架けられた、「しんこぶくろばし」(新小袋橋)。

帰宅してから
「文化財シリーズ第81週 いたばしの地名」(板橋区教育委員会)
をめくってみると、この出井川最下流あたりの旧地名が「小袋」。

本文には以下のように書かれています。
「小字峡下の小区画の土地で、志村の台地下にあります。台地下に沿って、至る所から清水が湧き出て、この内のいくつかが低地に集まる湿地でした。この東隣にも志村屋敷と呼ばれる湿地があります」

なるほどここもじゅくじゅくの土地だったのですね。
だいたい「袋」という字が付いている時点でもうアレですよね。

地形も確認してみましょう。
google earthさん、東京地形地図さんいつもありがとうございます。

Photo

矢印の先が新小袋橋。
全体にこのあたりは低地です。
袋状の「くいこみ」地形はイマイチ確認しづらいですね。
(それにしても右下・志村の台地の屹立っぷりったらないですね)
もっとアップで。

Photo_2

うーんなるほど。っていうかあーこんな感じね、っていうか。
微妙な高低差は確かにたくさんありそうです。
まあ「小」袋だからこれでいいのか…。

新子袋橋に話は戻ります。
同じ形状の橋を、中山道の両側でみることができます。
Img_7736

ほんとに、この交通量の多い中山道の傍らに、よく残っていてくれたものです。
いったい中山道を走るドライバーのうちどれだけの人が気にかけるかな…。

少なくとも私には、
この小さな「川の主張」が確かに聴こえてきました。
神々しいほどに。
Img_7738

あーありがたや。

|

« 暗渠ハンター 蓮根川③ 銀色の蓮根川。 | トップページ | 暗渠ハンター 門前仲町近辺の川跡① 私が牡丹に行く理由 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
ネット検索でこちらに飛んできた者ですが、まさか地元のあの橋を撮影している方がいるとは思わず、何となく嬉しくコメントさせていただきますね。

実は昔から橋跡がポツンとある場所があって、ガキの頃は全然気にしなかったんですが、最近になって少し気になって橋跡があるのだからどこから川は流れてきたのだろうか?
と改めて川の流れの痕跡を何となく調べていたんですね。
そしたら多分蓮根川の支流?みたいな感じで分かれて流れていた場所に、石の橋跡が記念?みたいに残されているものだと分かりました。
橋跡の柱には【昭和31年3月完成】と、もう一つが【やちよはし】と書かれていて、よくぞ今まで残っていたなぁ~と何となく愛らしさを感じてます^^ いつまでもこれが残ってくれればなぁ~と思わずにはいられませんでした。

それでは長々と文章すみません。
f

投稿: テン | 2014年3月22日 (土) 01時25分

テンさま
コメントどうもありがとうございます。いらしてくださって感謝いたします。
蓮根川周辺の暗渠化は昭和50年代中盤でしょうから、テンさまがご覧になったのはその後しばらくして、なのでしょうか。

やちよはし、どのへんにあったのか気になります。
大まかな情報いただければ、旧川筋を調べさせていただきとうございます。
(それに、そこを見に行ってみたいですし‼)

投稿: lotus62 | 2014年3月22日 (土) 18時18分

どうも返信ありがとうございますm(_ _)m

lotus62さんが満足出来るような痕跡なのか分かりませんが、自分がガキの頃からあった物で何となく愛着がありまして。
自分が小学生の頃には既に緑道化されたりして、正直最近まで蓮根川という存在自体も知らなかったんですね。
最近お袋と話していた時、何かの話題で昔は良く2本のドブ川が大雨の時に氾濫して困ったみたいな話を聞いて、それがどこなのだろうか?と思ったのが調べたきっかけでした。
そしてガキの頃からあった小さな石柱が、昔あった小さな橋(とも呼べないくらいのです^^;)で使われた橋跡なんだと思い出した次第です。

つい先日その石を良く見ると【昭和31年3月完成】という文字と、【やちよはし】という文字が見えて、それでgoo地図の古地図で調べたところ、蓮根川の存在とそこから枝分かれしている支流?に架けられた橋跡なのだと確認したんですね。
長年地元に住んでいますが、自分が生まれる前にそういうのがあったのだってちょっと感動していました^^

やちよはしの場所は坂下3丁目25番地で、たばこ屋さんの隣にあります。
小袋橋ともども、自分の中でいつまでも残っていて欲しいなぁ~と願っております。

それでは失礼しますm(_ _)m

投稿: テン | 2014年3月22日 (土) 23時43分

テン様、情報ありがとうございます。
ここの短い突起ですね!
https://maps.google.co.jp/maps?q=%E5%9D%82%E4%B8%8B3-25&hl=ja&ie=UTF8&ll=35.788546,139.683349&spn=0.000548,0.002642&sll=35.787158,139.683169&sspn=0.00483,0.010568&brcurrent=3,0x6018ecb1aa7072db:0xb610a09bdfdc93a6,0&hnear=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%9D%BF%E6%A9%8B%E5%8C%BA%E5%9D%82%E4%B8%8B%EF%BC%93%E4%B8%81%E7%9B%AE%EF%BC%92%EF%BC%95&t=m&z=19&layer=c&cbll=35.788547,139.683349&panoid=k2E8XYmjzYIGnRD0HbiClw&cbp=11,265.78,,0,9.78

これは素晴らしいです、さっそく現物が見たくてたまらなくなっていますw
「東京時層地図」でこの川を確認しました。仰る通り蓮根川の支流の支流、という格好になっていますね。各時代を遡って見比べてみると、付近の農耕地を潤すために上流の
新河岸川からいったん水を引き入れて各所をまわす「あげ堀」のようにも見えますし、西の蓮根川の上流から別ルートで回してきた水の末路のようにも見える、興味深い流れですね!
ほんとに貴重な情報をありがとうございます。
さっそくタバコ屋さんに行ってみなくてはw

投稿: lotus62 | 2014年3月23日 (日) 08時19分

どうも返信ありがとうです。

そうです、まさにその突起がやちよはしとプレートが書かれている石ですね~
グーグルストリートビューは凄いなぁw

昔ガキの頃に良く遊んだ場所が実は蓮根川がかつてあり、そしてそれを緑道化したりしてそんな場所を遊んでいた。
地元の自分らはヘビ公園と呼んでいた場所も、調べてみれば蓮根川の支流だったのですね~
自分の物ではありませんが、やちよはしの存在を知って頂けただけで多分あの石柱も喜ぶと思いますよ^^

それでは自分からのひょんな投稿に付き合っていただき、ありがとうございましたm(_ _)m

投稿: テン | 2014年3月23日 (日) 16時13分

テンさま。待ちきれず今日さっそく現地に行ってまいりましたw
タバコ屋のご主人がいらしたので、ちょっとお話も伺ってきましたよ!
上流の工場排水のにおいがきつかったこと、ご主人が乞うてこの親柱を残したこと、などなど教えていただきました。
これもテンさまのおかげです、ありがとうございました。後日記事にさせていただきますね!
なお写真の「速報」はツイッターアカウントにて数点アップさせていただいております。

投稿: lotus62 | 2014年3月23日 (日) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 中山道における小さな主張。:

« 暗渠ハンター 蓮根川③ 銀色の蓮根川。 | トップページ | 暗渠ハンター 門前仲町近辺の川跡① 私が牡丹に行く理由 »