« 暗渠ハンター 開けまして、落合川湧水あれこれ。 | トップページ | 暗渠ハンター <脱構築版>抱きしめたいほど愛おしい、名もないどぶのことなど。 »

暗渠ハンター 祖師谷で見つけた杉並エッセンスの蓋暗渠。

今回はリベンジ記事。
以前、谷戸川を辿った記事を書きました。
その2回目で、谷戸川から祖師谷大蔵駅方面に延びる支流を見つけたんですが、
途中の栗林で見失ってしまいました。
その回のコメントでHONDAさんから
「それは駅の北まで続いている」とのご指摘をいただき、
いつかそれを探しに行こうと思っていましたが、とうとうその機会ができたので、
今日はそのご報告。

1 どこに続くかわからない「外道」暗渠
まずは小田急線・祖師谷大蔵駅の近辺を洗います。
駅の南のみずほ銀行横にさっそく暗渠道発見。
Img_6340

おお!?キミか?キミなのか?
裏側にまわってみます。こう続いていました、銀行の敷地伝いに。
Img_6345
その出口がこうなってて、
Img_6344
なんとこの出口には「おしくらマンホール」が!
しかも形が違う大小の「ゆきだるま」みたいな珍しい形!
Img_6347

しかしここからは痕跡を絶ってしまうのです。
地形的には緩やかに谷戸川方面に傾いているようですが、
その道筋がわからない…。
それに、今回の宿題である冒頭の「栗林」にはちょっと距離的に辿りつきそうにありません。
釣りの世界では、その日狙った獲物以外の「釣れてしまった」獲物を
「外道」なんて呼びますが、まさにこれは「外道」でしたね。
(そもそも釣り素人である私からすると、どんな獲物でも釣れるとうれしいので
なんだか「外道」という言葉にかなりの違和感があるのですが、敢えてこの言葉を使ってみます。外道呼ばわりしても、この暗渠、雰囲気とか大好きです)

2 そしてメインへ
うれしい「外道」と戯れつつうろうろしていたら、問題の栗林に行きつきました。
Img_6355

さてこっからが勝負。蓋暗渠がこの写真の真ん中をまっすぐ奥に伸びていますが、
前回は左から回り込んで観察し、この先で見失ってしまいました。
まだこの時点ではぼんくらな私は、
この延長線上に暗渠が続いていくものと思い込んでいます。
まあ今日はゆっくり勝負をかけてやろうと、
栗林の右側をぐるっと回りこんでみることにします。

千歳船橋駅と祖師谷大蔵駅を小田急線に沿って走る道路を歩いていると…
うわ。ばっくり開く異世界の入口が…。
Img_6365

でも位置的にここはないよなあ、これも「外道」かなあと思いながら、
とにかく入ってみることに。
まあ多少の勇気は必要でした。クモの巣張っててもいいくらいの、
長い間人が通った気配のない「影」のような道です。
Img_6368

突き当たりは、件の栗林。
Img_6369

支流の支流が合流するのかな、と栗林を覗きこむと…。
Img_6370

がーん!!!
「栗林を直進」かと思い込んでいたこの暗渠は、
栗林のはしっこでなんと直角にまがってこちらに向かって続いているのでした!
ああー。世の中何がおこるかわからない。一寸先は闇。転ばぬ先の杖、さえ役に立たないような意外な展開でした。

そうとわかればこの先は!? さっそく引き返してこの上流を見にいくのだ!
とテンションあがった私ですが、
ここまでうっかり自転車で入ってきてしまっており、
道が細い上にここで行き止りなので自転車が転回できません…。
今来たまっすぐ道を、うねうねと方向が定まらないハンドルさばきでバックで戻ります。
これは人に見られたくない姿…。

さきほどの入口にもどって、小田急線高架下に向かう暗渠の続きを確認。
Img_6364

よーし高架の向こうに回り込むぜい!

続きはわりと簡単に見つかりました。
Img_6372

入ってみると、細い道を蓋暗渠が延々と続くという
まるで杉並区みたいないい雰囲気の暗渠道!
Img_6373
これは素晴らしい!

こういう適当な舗装も魅力的です。まるでモダンアート。
Img_6375

さあこの先、自転車に乗った私は無事通りぬけられるのでしょうか(笑)。
Img_6377

難所が続きますが、却って嬉しくなります、私。
Img_6379_3

直線でずばんと続いてきたのですが、残念ながらここで蓋暗渠はおしまい。
祖師谷1丁目32-1。
Img_6382

いやーこれは素敵な充実感。
しばらく余韻に浸ってから、この先を探します。

かなり妄想が入りますが、ブロックの左右を行き来しながらどうやらここまで辿れそう。
祖師谷1-31-5あたり。
Img_6388

「東京時層地図」でも先ほどの蓋暗渠での水路は確認できますが、
ここは記されていません。
また、起伏的に見ても、ギリギリこのへんまでは遡れそうなかんじ。
もちろん湧水を源にした水路ではなく、
宅地化に伴って造られた排水路だと思います。

いずれにしろ、宿題をきちんとおわした感じがあって、よかったよかった。
教えていただいたHONDAさんに改めて感謝いたします。

より大きな地図で 谷戸川 を表示

|

« 暗渠ハンター 開けまして、落合川湧水あれこれ。 | トップページ | 暗渠ハンター <脱構築版>抱きしめたいほど愛おしい、名もないどぶのことなど。 »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

何だか久しぶりにlotus62さんらしい、はじけたご報告を聞いた気がします。
この「外道」の発見は素晴らしいですね。
普通にたどっていたら見つけられない物件だと思います。
この辺、また行ってみたくなりましたよ。

投稿: 猫またぎ | 2013年1月 9日 (水) 18時55分

あはは、猫またぎさん、どうもありがとうございます。

「外道」は嬉しかったですw でもほんとどこに続くんだろう…。この北はもう丘なんですよねえ…。
駅前はここ20年くらいでずいぶんいじられちゃったから、この短区間だけでもありがたい物件でした。

投稿: lotus62 | 2013年1月10日 (木) 08時51分

ほんとうだ!
下から3枚目の写真は阿佐谷北3-8の蓋暗渠に、
下から6枚目の写真は高円寺北3-6あたりと阿佐ヶ谷北1-20あたりの蓋暗渠を足して二で割った感じに、
似ている気がします・・・!

投稿: nama | 2013年1月10日 (木) 10時46分

番地付・箇所特定で返してくるとはさすが…w
でも、この杉並味を解ってもらえてうれしいですw

投稿: lotus62 | 2013年1月10日 (木) 13時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 祖師谷で見つけた杉並エッセンスの蓋暗渠。:

« 暗渠ハンター 開けまして、落合川湧水あれこれ。 | トップページ | 暗渠ハンター <脱構築版>抱きしめたいほど愛おしい、名もないどぶのことなど。 »