« 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイク!田柄川の水源 | トップページ | 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイクその3!エンガ堀電線工場のなぞ »

暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイクその2!田柄川下流の3支流

『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』本田創編・著 洋泉社 11/26発売!

発売記念プロモーションの第二弾として、担当させていただいた「田柄川・田柄用水」で字数の都合上書けなかったところを今回も取り上げてみます!

前回書いた通り、本書記事は
田柄川の上流のほうはざくっとカットして練馬区田柄近辺を中心に構成しましたが、
その下流にもいくつかの支流があります。
本書で取り上げた練馬区田柄近辺の支流は、刻まれた谷からググッと本流に注ぐストロングタイプの支流なのですが、
今回取り上げるアウトテイク支流はどちらかというと宅地開発に伴って水路が整備されたような見え方の、ちょっと線の細い支流たち。
もちろん谷を伝って流れてきますが、痕跡も少なく地味…。
ですが、そのぶん探す・推理する楽しみのある支流たちではないかと思います。
ではまず地形図からご覧ください。
いつもながらGoogleEarthさん・東京地形地図さん、どうもありがとうございます。

3

支流に番号を振りました。
 は平和台駅の北、北町都営住宅を流れる「北町都営住宅支流(仮)」。
 は、練馬区平和台のまんなかを流れていくから「平和台支流(仮)」。
 はこれまた練馬区氷川台を突っ切っていくから「氷川台支流(仮)」
とここでは呼ばせていただきます。

1 北町都営住宅支流(仮)

実は今回割愛しますが、このすぐ上流に注ぐ短い支流があるんですが、将来的にそちらを「北町支流」と呼びたいので、そちらと区別できるようにちょっと長いけどここを「北町都営住宅支流」と呼ぶことにしました。

地下鉄有楽町線平和台駅の上、環八の「平和台駅前」交差点から北西にほんのわずか歩いたところからこの川の痕跡は現れます。
駐輪場の合間に残る「無用の用地」。奥に向かって流れていきます。
Img_5872

地形図を見るとこの撮影位置の背後にも浅い谷が続いているようですが、どうもここより上流にはそれっぽい痕跡が見つけられませんでした。

さてこの無用の用地のその先は。
もはや暗渠サイン(暗渠アプリケーション)としての地位を確立しつつある、この仮称の元にもなっている都営住宅の中を、数本の流れになって通っていたのではないかと思うのです。
Img_5875

そして都営住宅を越える頃にはその隣の道に移動。
Img_5876

さらに北町6-25あたりからもう一本横の道にスライドして、
Img_5882

「北町西小学校東」、という倒錯した名前の交差点の向こうで
陸上自衛隊練馬駐屯地の西側に沿って田柄川緑道まで続いていきます。
この駐屯地沿いのどこかで啓志線(グラントハイツまで続いていた廃線)と交わっていたはずなんですが、痕跡は見つからず。

2 平和台支流(仮)
次の支流は、上流が二股に分かれており、
どちらも地下鉄有楽町線の上を通る幹線道路からはっきりした痕跡を辿ることができます。

ひとつは、開進第一小のすぐ北、平和台3-30あたりのここ。
Img_0503

そしてもうひとつは平和台の駅入り口真ん前、
平和台4-25にあるここ。(暗渠上から平和台駅入り口をみたところ)
Img_0525

これら二本は平和台4-4あたりで合流して北進していきます。
Img_5899

ここいらへんは大変暗渠色が薄いところで、ちょっと辿るのに苦労します。

が、突然物陰に私を誘ってはこんな暗渠路地姿をこっそり見せてくれるところがたまりません!
いわばツンデレ支流ですな。

Img_5905

Img_5907

逆さに「水路敷」の文字が見えます。
ちなみに奥のエンジの建物の隣にはクリーニング屋さんがありました。

平和台2-36で、西の都営住宅を抜けてくる流れと合わさって、
その後環八と川越街道を横切り、
自衛隊駐屯地の今後は東端を掠めて
田柄川緑道へと合流していきます。
Img_5934

3 氷川台支流(仮)

こちらは、合流点から上流を遡ってみましょう。
仲町小学校をの中を通って合流するもの、
そして仲町小のちょっと北へ分岐して合流するものと二本あったようです。
二つの合流点は車止めがあるので比較的わかりやすいですが、
Img_5942

その先はほぼ痕跡がありません。
そこでgooの古地図(昭和38年)を引用。
Goo

まん中の赤いポインタ上が仲町小です。
ポインタの左にはしご式開渠が確認できます。
そしてポインタ右下に続いていますね…。
この先(下)が上流となっています。

確かに現地でもここが谷底。
ですがこの谷も氷川台2-11で白く大きな壁を持つ敷地にぶち当たってしまい
先を追うことができません。
Img_5962

この白い壁の敷地は東京少年鑑別所、いわゆる「練カン」。
ここを通過して、流れは氷川台4丁目に入っていきます。
鑑別所内には入れないので何とも言えませんが、
この中に谷頭があるのではないかと思います。
その先上流では古くから非常に区画が整備された住宅街で、
おそらくその排水路確保のために上流へと人工的に延びてきたのではないかと思うのであります。

先ほどの平和台もこの氷川台も、
昭和初期から住宅街として区画整理が行われてきた「台」地ですし。
(記事末の地図でも、道が「平和台1丁目交差点」と「氷川台駐在所前」交差点の二つを中心とした幾何学模様になっているのがわかるかと思います)

さてこの支流はその幾何学模様にそって回り込み、
氷川台4丁目の住宅区画を何本かに分かれて駆け上がっていきます。
一番太い支流道はここですが、
Img_5976

その北側の支流のほうが面白い!
細い道に無数のマンホールが続いています。
Img_5980

Img_0501

これら支流の上流端は、
地下鉄有楽町線の上を通る道に辿りつくまえに
痕跡を絶ってしまいます。
そのミッシングポイントは、
古くからの区画整理エリア(goo古地図)の端っこと重なります。

さて、以上3本の「線の細い」アウトテイク支流をご紹介しました。
では、田柄川のハイライト部分は『地形を楽しむ東京「暗渠」散歩』でどうぞ!

より大きな地図で 練馬暗渠巡りの旅 を表示


■それと、ここで『地形を楽しむ 東京「暗渠」散歩』の執筆陣をご紹介します。

■まず、「編・著」である主宰の本田さん。小学校のころから東京の暗渠を巡るひと。先日、中二のときの夏休みの自由研究で書いたという「神田川」というレポートを読ませていただいたんですが、その出来の素晴らしさに頭がクラクラしました…。
東京の水 2009 fragments 
そして本田さんの次に執筆ボリュームが多いのは、「世田谷の川探検隊」として世田谷区内をはじめ都内各所の暗渠アルキをずっとされてきた、「庵魚堂」さんこと福田さん。独特の視点と語り口が印象的で、たくさんの示唆に富むブログを書かれています。
世田谷の川探検隊 
次は、ニフティ「デイリーポータルZ」でおなじみのライター、三土さん。地図好きな方ですが、その他多方面で面白い記事を書かれています。この方の好奇心の幅広さに、好奇心をおぼえますw
デイリーポータルZ 
三土フォリオ
 
さらに、軍艦島伝道師として、そして廃墟マニアとして名高い黒沢さん。本業は音楽や映像やwebや…いろんなメディアを使って様々なコンテンツを世に送り出す「オープロジェクト」を主宰されています。
廃墟徒然草
 
それから、暗渠を歩きながらくいもののことも考える、「桃園川マスター」のnamaさん。暗渠だけでなく、消えゆくものなどを取り上げ深い考察で綴るブログは独特の味わいがあります。偶然namaさんとはちょうど同じ時期に暗渠の魅力に取りつかれたので、互いに「同期」と呼んでいますw
暗渠さんぽ
 
そして不肖・私の計6名で書かせていただいております!
あ、私が一番書いた分量が少ないですw

全編「暗渠」を軸に書いてますが、散歩好きの方、地形図好きの方、東京の風土記的なものに興味がある方、歴史好きな方などなど各方面のみなさまにきっと満足していただける内容かと思います。

|

« 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイク!田柄川の水源 | トップページ | 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイクその3!エンガ堀電線工場のなぞ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

広告・コミュニケーション・著書のこと」カテゴリの記事

2056 ・・・石神井川水系」カテゴリの記事

コメント

このあたり、数年前に住んでいた頃に歩いたことがありました。
同じように痕跡を探している記録なのですが、同時に住んでいた頃に近所で探検した記憶も同時に甦る、なんとも懐かしい感じです。
東武練馬の駅のすごい崖とか、わくわくしてました。

あ、最後になりましたがいつも楽しく見させていただいてます!

投稿: まのけん | 2012年11月27日 (火) 02時51分

まのけんさん、いつもご覧いただきありがとうございます。
また、コメントもどうもありがとうございます!
その「現場感」が共有できてうれしいですw
もっとも、東武練馬の近辺、特に北側の連続谷はまだ未踏なんです。ここはスリバチ学会のみなさんが「スリバチ三連星」と呼んで珍重しているところで、その地形図は確かにすごい!
あんまりすごいんで「何か特別な時に行こう!」と思っておりまして、そのまま…。
なんかこう、「幕の内弁当を食べてて、最後まで一口カツは残しておく」状態なんですw
そろそろ食べに行こうかなとは思っているんですがw
今後ともお気軽にコメントくださいませー!

投稿: lotus62 | 2012年11月28日 (水) 08時45分

 大変面白く拝読させていただきました。さて、私の地元の北町都営住宅支流(仮)についてのぼんやりした記憶ですが細い流れは北町6-36-6の山田屋さんやTOTOの看板当たり(グーグルSビュー参照)が知っているり限りの上流でここから東へ向かって道の北側を津久井小児科の前経由でまっすぐ流れておりました。山田屋さんの向かいは(南側)は釣堀でのちに鰻養殖の池でした。ちなみに都営住宅の部分はヤマダ電機裏(北側)もそうですが1m幅の区道です。ヤマダ電機駐車場と二起駐車場の間です。数年前にライフとマック間の水道管破裂事故の再も大量の水は北へ流れ一つ目の信号と二つ目の信号間で東西に広がって流れ被害を出しました。蓋をしたのはいつごろか覚えておりませんが自転車で走るとガタガタと音がしたのをなんとなく覚えております。今思えば人が暮らすようになってから伸びたのかもしれなく自然の流れの始まりは都民住宅サンアロー南西角あたりかもしれません。思いつくまま文章にしたため読み辛いことをお許し下さい。かすかな記憶をグーグルSビュー見ながら書き留めました。失礼致します。

投稿: yuji koga | 2013年5月 2日 (木) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイクその2!田柄川下流の3支流:

« 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイク!田柄川の水源 | トップページ | 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイクその3!エンガ堀電線工場のなぞ »