« 暗渠ハンター 江古田川と千川上水の接点いろいろ。 | トップページ | 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイク!田柄川の水源 »

暗渠ハンター 免許の書き換えが楽しくなる試験場裏の暗渠

何年かに一回免許の書き換えがあるわけですが、東京にお住まいの方だと都庁、鮫洲、府中と三つも(三つしかw?)選択肢があるわけですな。
私は三つとも行ったことがあります。
※2012.11.12訂正:イレギュラーな書き換えしか行ってなかった私の理解が足りなかったけど、模範的なドライバーはもっと近くの警察署でできるんですね…。私の認識不足でした。

京王線や中央線沿線にでも住んでない限りは、ちょっとどうしても府中って遠いですよねえ…(私がそう思っているだけかも知れないけど)。京王多磨霊園で降りて、バスに揺られて…。なのでここしばらくの数回は、都庁でまたは鮫洲で済ませていました。
尤も10年前に免停をいただいた時にはもう府中1択で講習に行かされましたが…。

しかし府中に限らず免許の書き換えに集まってくる人たちを見てるのってちょっと面白いですね。たまたま誕生月が一緒だから(近いから)というだけで、居住エリアや通勤エリアも違う、行く店やなんかの嗜好も違う、いろんなタイプの人が半強制的に一か所に集まってくるわけです。そこが面白いなあと。

ま、とはいえ府中の運転免許試験場はそれなりに「気合いを入れて重い腰をぐっと上げて」行くところでした。

しかし。

そのそばに手ごろな暗渠があるとしたら、どうですか奥さん。
近くて便利な都庁を振ってでも、府中に行ってみたくなりませんか?
というわけで今回は、あえて府中で免許を書き変えたくなるような物件をご紹介します。
連れが「ここの食堂が面白そうだから、免許更新を府中でしたい!」というので一緒に府中にいってきました。
待ち時間を1時間ほど持余した私は、「近くにおもしろそうな暗渠でもあるといいな」と軽い気持ちで散策に…。

そもそも府中試験場の北側には、野川が流れています。野川もたくさんの自然が残されている気持ちのいい場所なのですが、そこに絡む小金井用水の末端などをご紹介していきます。

府中試験場から野川方面になんとなく進んでいくとこれに出会います。

前野町二丁目遊歩道。
Img_5464

どうやら南西のほうから来る流れで、水源も北から来る小金井用水とは別の模様。ググってみると、この流れを小金井用水ではなく「小金井野水」と呼んでいる方もいらっしゃるようです。

これは、ほぼ垂直に野川に並走するような暗渠に接続されています。
その接続されるほうを流れを追っていきます。
こちら下流方向。
Img_5468

こちら上流方向。
Img_5467

まずは上流方向に進んでみることにします。

お。太めの道路の向こうに趣のある暗渠が続いているでなはありませんか。
Img_5469

前原町2丁目11。バス停の名前も「遊歩道入口」ですね。
Img_5470

その先の遊歩道は、半分舗装、半分未舗装の変な道。
どっちかが水路、だったんでしょうね。
Img_5471

しかしすぐ全舗装の道に。しかし道はくねくね。
Img_5472

すぐに野川に合流します。
Img_5474

向こう岸の橋の下に合流口が見えますね。
あれは小金井用水の暗渠です。
今来た暗渠とこの先の小金井用水は、
「川の地図辞典 多摩東部編」(菅原健二・之潮)で見るとあたかも野川を何らかの方法で越えて跨いでいるように見えるんですが、
どうやら別の流れのようですね。

というか。今辿ってきた暗渠はたぶん野川の蛇行の跡、なのだろうと現地を歩いていて感じました。
さすがに野川をまたいだりしてたら、仙川の「山王窪の築樋」みたいに有名になってるはずですもんねえ。

さてこの合流口の先をちょっとだけ辿ってみました。

合流口のそばにはこんな土地があり、ここを抜けていくようです。
Img_5484

Img_5483

その先は自動車教習所の敷地の横を抜けていきます。
写真の奥のカーブの外側。
Img_5476

反対側に周りこむと、こんなはしご式開渠になってました。
Img_5479

さきの合流口そばの土地にはこんな風に繋がっていきます。
Img_5481

鉄板がワイルド。
この上流は、滄浪泉園方面を経てハケ上につながっていきます。

さてそんなに時間もないから戻ろうっと。
最初の前野町二丁目遊歩道との合流点に戻ってみます。
わりとダイナミックな暗渠道が続きます。
Img_5490

かなり右岸左岸の高低差があって、谷気分。
Img_5491

おー、橋跡か!
Img_5496

その先はかなり適当な舗装に。でもこれがいい。
Img_5498

そのあと小学校の裏を通って武蔵野公園脇で野川に合流。
Img_5506

いい公園ですねここ。なんにもなくって広くって。
合流口がまたかっこよかった。
Img_5510

対岸から見た合流口ですが、なんだかちょっとサイボーグチックでいいですね。

ちなみにこの先の対岸(左岸)は大規模な調整池。
この下が、その調整池なんですが、それもかなりサイボーグっぽいですね…。こんな自然っぽい風景なのに、下は調整池…。
Img_5511_2

さて、一時間ほどの散歩を終えてもう一度府中試験場に戻ります。

用事を終えて、ちょうど昼時だったので地下一階の食堂に。
府中試験場のもうひとつの愉しみは、ここですね!
予想通りの「ボロ食堂」(いい意味でw)。
さすが連れの目に狂いはない…。
こいう「ボロ食堂」(いい意味で)はとても好きで、
実際美味かろうが不味かろうが入りたくなってしまいます。
うすうす予想はしていましたが、やっぱりビールはおいてませんでした。
残念、っつかそりゃそうだなと。

入口には「今日のおすすめ定食」として「チャーハン定食」が掲げてありました。
671762769

チャーハンと漬物と汁物で構成されている「定食」。
これって定食っつーか…。

これもツボでしたが、オーソドックスにカレーライスを注文。
期待以上に美味かった…。普通以上に美味かった。
Img_5513

さあどうです。免許の書き換えには、府中。お勧めします。

今回の記事作成にあたっては、とても詳しく
「小金井用水」や「前原二丁目緑道」を取り上げていらっしゃる
imakenpressさんのサイト
そして
リバーサイドさんのサイトを参考にさせて頂きました。
どうもありがとうございました。

より大きな地図で 府中あたり を表示

|

« 暗渠ハンター 江古田川と千川上水の接点いろいろ。 | トップページ | 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイク!田柄川の水源 »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

ご紹介ありがとうございます。

私は前原町支流(仮)としていましたが、小金井野水という呼称があったのですね。
お教えいただき、ありがとうございます。
私の記事に追記させていただきますね。

投稿: リバーサイド | 2012年11月12日 (月) 22時38分

こちらこそありがとうございます。
うーん、名前については確証はないんです。「小金井野水」についてググってもあまり複数のヒットはありませんし…。
だからリバーサイドさん、追記はされなくてもいいと思うんですw
機会を見つけて周辺の図書館にでも行って調べないと、ちょっとわかりませんね…。
近いうちに探しにいってみます!

投稿: lotus62 | 2012年11月12日 (月) 23時26分

そう、わたしは優良ドライバーなので、選択肢はかなり多かったんですが、
食堂基準で選んだところ、一番食べたくなったのが府中のラーメンだったのです。
だから府中に行ったのに・・・14行目あたり、鮫洲に行ってきたって記述になっちゃってますよ・・・。
鮫洲は次回、カレーライスを食べに行く予定です。5年後だけどwww

投稿: nama | 2012年11月13日 (火) 10時54分

あうあうあー…。ほんとださっそく修正しました、ありがとうございます。

投稿: lotus62 | 2012年11月13日 (火) 11時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 免許の書き換えが楽しくなる試験場裏の暗渠:

« 暗渠ハンター 江古田川と千川上水の接点いろいろ。 | トップページ | 暗渠ハンター 「暗渠本」アウトテイク!田柄川の水源 »