« 暗渠ハンター 小平J-walk①萩山に出水川水源を探る | トップページ | 暗渠ハンター 小平J-walk ③小川のような用水と蓋暗渠 »

暗渠ハンター 小平J-walk②霊園から生まれ出る川

2 黒目川の水源は…

前回は新青梅街道沿いで出水川の開渠部分が見られましたが、
この通りを少々南下すると
出水川がやがて合流することになる黒目川の水源に。
黒目川は目黒川とよく似てますが、全然違う川です。
出水川などこのあたりのいくつかの川を支流に持ち、
自らもやがて新河岸川に合流、やがて荒川といっしょになり東京湾へと注いでいきます。
川の地図辞典 多摩東部編」(菅原健二 之潮)では黒目川が
東久留米の「くるめ」の語源になったんでは、という記述がありました。

その黒目川の源流が、「さいかち窪」。
さいかちは、「皀莢」と書きます。これ、植物の名前ですね。
こちらご参考
マメのさやは、なんか見覚えがあるかんじ。よく大きな公園とかに落ちてません?

さてそのさいかち窪。出井川から新青梅街道を上っていくと、ひときわ低くなっているところがあります。
それが、小平霊園内のさいかち窪から発する黒目川の跡。

Img_4563

霊園の中に入っていくと、整理の進んだ墓地区画の中に草地という表記のカオス地帯があります。
Img_4572

ここがさいかち窪です。
まさに、「取り残された」武蔵野の林。
Img_4566
しかしここはもう水が湧いてはいないんでしょう、たくさん雨が降ったときだけ、このあたりに水が湛えれるそうです。

残念ながら取材時はほとんど雨の降らなかった夏の終わりのある日。
「草地」に水はなかったものの、窪んでいるところだけは遠巻きに(すごい雑草の奥にあって入っていけませんでした。この日は、半ズボンはいて国分寺崖線のたくさんの湧水地を見た後で、もう両足がすっかり蚊に刺されまくって血が薄くなっていましたので…)確認することができました。
Img_4568

新青梅街道の「低いところ」は確かにこのさいかち窪から黒目川に続くところ。
暗渠で新青梅街道を渡った黒目川は、街道を横切ると開渠となって流れを作っていきます。
しかしさいかち窪がほとんど枯れていましたから、この最上流の黒目川もほとんどカラカラでした。
新青梅街道から見ると、ほとんど見逃してしまうでしょうね、この川は。ってかこの写真のどこが川だかもわかんないと思います…。
Img_4581_2

左がわの茂みを覗きこんでみると。

枯れ川。ところどころ水たまり。
Img_4579

このように地味な川ですので(<褒め言葉)、川を愛でつつ川沿いを散歩、なんてふうな道路は基本的には整備されていません。
次に川が見える地点では黒目川はこんな風景。
Img_4575

荒れているというかなんというか…(笑)。
これこそ、「誰にも存在を振り返られない」孤高の川、です。

ところが。もう一区画下っていくと様相が一変します。
突然観光に目覚めちゃったみたいですね。いいことかも知れません。
Img_4582
こんな風に、唐突にきれいな橋が復元され、川に沿って遊歩道が作られています。
でも、川には水が流れていません;;;。

黒目川はさいかち窪を流れ出た後、柳窪という低地を通って進んでいきます。
そこにあるのが、柳窪天神((どうも黒目川天神とも呼ばれているようです)。
どうもここからも水が湧いて黒目川に注ぐようなんですが…。
Img_4587

「東京の名湧水」に指定されていながらも、ここも枯れ川。
季節や天候にもよるんでしょうね。
折しもこの数日後には、渇水のため東京に「取水制限」が出されてころでしたし。
しかしながら、なんともさびしい風景ですね。
もう枯山水の庭園のようです。
Img_4588

ここにいたっては、もうそれ以上の抽象的解釈を迫られる禅問答のようですね…。
Img_4592

このあとは、小平霊園に戻って霊園東端に沿いながら南下してみました。
霊園南端で出くわしたのが、小川用水。(写真真ん中)
Img_4594

小平よりもずっと西で玉川上水から分水し、玉川上水にほぼ沿いながらその北側の地域の農耕地を潤してきた用水です。
この用水は小平近辺に入ってからいくつかの筋に別れて北上し、やがて結果的には先ほどの黒目川に合流していきます。
その北上中の小川用水と出会うことができました。
今も水面がよく見える開渠。
Img_4596

驚いたのは、この流れが小平霊園にも続いていたことです。
霊園の周囲内側を、はしご式開渠が流れているのです。
柵から精一杯手を伸ばして撮影してみました。
Img_4599

どうも霊園の周囲をすいぶん遠くまで続いているような感じ。
どっちが上流なのか、つまり
①この小川用水からの分流を受けて霊園周囲に水を流している
のか、
②さきのさいかち窪からの湧水がこちらにも流れてきて、小川用水に合流している 
のかは、残念ながら今の私の持つ情報からはわかりませんが…。
しかし立派なはしご式開渠でした。

さて次回はこの小川用水、そして小平駅周辺の暗渠(コンクリ蓋ですよ!)についてご報告します。

より大きな地図で 小平あたりの事情 を表示

|

« 暗渠ハンター 小平J-walk①萩山に出水川水源を探る | トップページ | 暗渠ハンター 小平J-walk ③小川のような用水と蓋暗渠 »

2070 ・・・その他水系」カテゴリの記事

コメント

こんちは。
近隣に住む者ですが、今日、もしやと思って見に行ったら、さいかち窪湧き出してましたよ。2008年以来です。

投稿: bobby隊長 | 2015年9月13日 (日) 20時32分

bobby隊長さま、おしらせありがとうございます!
すごいですね、天神さまからも…いつまで続くのかも興味ありますねえ!
さっそくtwitterでも貴ブログのこと、お知らせさせていただきますね。
感謝いたします。

投稿: lotus62 | 2015年9月14日 (月) 06時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 小平J-walk②霊園から生まれ出る川:

« 暗渠ハンター 小平J-walk①萩山に出水川水源を探る | トップページ | 暗渠ハンター 小平J-walk ③小川のような用水と蓋暗渠 »