« 暗渠ハンター<脱構築版> 池上の楼閣・歌舞伎町と弁天様 | トップページ | 暗渠ハンター<脱構築版> 環七から異世界へ。 »

暗渠ハンター<脱構築版> 小池から流れる小川の跡。

【前口上】
かつて取り上げた場所も、語り口やスタイル次第でリサイクルできるのでは? と思ったわけでもないですが、他所で「暗渠なんて殆ど興味ない人たちに向けて暗渠や川跡のことを書いてみたらどんな反応が来るか」という実験のために書いた文章を、暗渠ハンターの夏休み特別企画として、不連続で載せていくことにします。

**********************************************

大田区にある洗足池はそこで湧いている水のほかに、
東の谷から「長原の流れ」、
北東の谷から「貉窪の湧水の流れ」、
北の谷から「清水窪の湧水の流れ」、
西の谷から「出穂山の下の湧水の流れ」と
4か所の水が流れ込んでできている。
池を出た水は洗足池駅のガード下をくぐって呑川へと注ぐのだが、
洗足池駅から横須賀線の高架あたりまは「洗足流れ」と呼ばれる綺麗にせせらぐ開渠が続いている。

洗足池は23区内でも有数の大きな池だが、
この「大きな池」に対して、すぐそば・長原駅の南の谷を下りたところに小池と呼ばれる「小さな池」がある。
小池とはいえ堂々たる大きさで、数年前まで釣堀があった。
現在は自治体が買い上げ小池公園として整備・解放されている。

この小池からの流れもまた、
大きなほうの池から流れ出る「洗足流れ」に合流している。
しかし「洗足流れ」とは対照的に、小池からの水路は現在暗渠化されて住宅の裏をひっそりと「流れて」いるのだ。
かつて水を湛えていたその水路は土で埋められているが、
途中のある地点からはコンクリの護岸と護岸に垂直にはしごのようにわたされている補強用の梁がわずかに確認できる。
かつて川であった事を遠慮がちに主張するように。

近所の方のお話では、開渠であった頃は雷魚などの魚がたくさん棲んでいて、雨が降ると水路から水が溢れ出し一面沼のようになった、という。

Photo_3

元記事はこちら

|

« 暗渠ハンター<脱構築版> 池上の楼閣・歌舞伎町と弁天様 | トップページ | 暗渠ハンター<脱構築版> 環七から異世界へ。 »

2042 ・・・呑川水系(それ以外)」カテゴリの記事

コメント

シルバーウィークの暑い中の9/20に、品川区の小山厳島神社池の上流水源調査の後、貉窪跡、長原湧水跡、出穂山の下湧水跡と調査(洗足池源流の唯一生きている清水窪は既に調査済み)、そして東急池上線洗足池駅南口からの開渠の小川に沿って歩き、小池からの合流地・小池橋を東に曲がり、小池小学校前を通り、小池に辿り着きました。池北東部に湧水がありましたが、明治に作成されて地形図によれば北西へ行った所に別の水源があったようです。調査は宿題となってしまいました。また、小池南の近江医院辺りに谷というか窪地跡を見つけました。小池から注ぐ川の支流なのか、小池東の別の相当深い谷の川の支流なのかはわかりません。そしてその東の深い谷の川の源流を探索、池はありませんが谷頭部の痕跡が大田区上池台4-4にあるのを見つけました。そこはすっかり宅地化し、駐車場になっていました。その後は、急坂だらけの田園調布の川跡の調査へと向かいました。

投稿: ぽんぽこさん | 2015年9月22日 (火) 13時51分

ぽんぽこさん様
コメントありがとうございます。ずいぶんいちどに回られたのですね。計画も綿密に練られたのでしょうね。(計画時から相当楽しかったのでは、とお見受けしました)
近江医院のあたりというのは気が付きませんでした。確かめに行かねば!
それと、上池台4-4からの流れは「鴻巣流れ」と名付けられている暗渠ですね。(尤もこの名前は私も後から知ったのですが…)

投稿: lotus62 | 2015年9月24日 (木) 16時44分

はい。ヤフーやグーグルマップ、同ストリートビューで下調べをしました。遠く(名古屋)から、1日で調査をしなければなりませんからね。目黒線洗足駅がスタート→品川区の小山厳島神社→その池の上流・品川洗足〒近くの水源跡→貉窪…(途中長原~雪が谷大塚は池上線での移動)…大井町線九品仏駅がゴール、という順路を決めて実行。しかし、帰ってから小池には大田区の調査で7か所の湧水(実際に歩くと4か所)が確認されているという記事を見て、悔いが残ります。1か所しか発見できませんでしたので。機会を見つけて、また天気が良い時に行こうかと思います。また、小池の東の深い谷にあった川・上池台支流は鴻巣流れというのですか、有難うございます。さらに東に別のギザギザの谷があることを確認していますのでそちらも調べたいと思います。

投稿: ぽんぽこさん | 2015年9月26日 (土) 00時01分

ぽんぽこさん様、そうですか、楽しい苦労でしたねw
東の…というと内川水系ですね。さらにその東の、楓谷(と、猫写真家のろっちさんが呼んでいますhttp://nekophoto.kumax.net/)も谷だらけで楽しいですよ!

投稿: lotus62 | 2015年9月26日 (土) 09時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/46382299

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター<脱構築版> 小池から流れる小川の跡。:

« 暗渠ハンター<脱構築版> 池上の楼閣・歌舞伎町と弁天様 | トップページ | 暗渠ハンター<脱構築版> 環七から異世界へ。 »