« 暗渠ハンター マンション脇の開渠と木村ぶどう園 | トップページ | 暗渠ハンター<脱構築版> 南千住にある乗客のいない駅と、行先を失った短い堀の話。 »

暗渠ハンター 川の「交差点」と、暗池的なもの

前回の木村ぶどう園さんからは、丸子川沿いに下ることに。
ええと、ぶどう園前の暗渠から丸子川に合流するところはこの写真だっけな…。たぶん…。
きれいな水です。
Imgp8191

下流にはこんな感じで進んでいきます。
Imgp8215

さあこのへんから丸子川を下る、といえばもう暗渠界のみなさんは「つぎはあそこの話か」とご想像されることと思うのですが、はい、まさにその話です。まあタイトルにもなってるし。

丸子川と、等々力渓谷を越えてきた谷沢川が交差する地点がこの先です。
まあいろいろ調べていくと、ちょっとほんとうの「交差」とはいえないっぽいかんじ。
いや、実は「ぶつかったところでは、丸子川の水をポンプ式に汲みあげている」いろんなところでいろんな風に書いてあるんですが、どうにも私的には現物が想像できなかったので早く現物がみたくておりました。
見てわかったのが、まあ事実上ここでこんなことが起きていそうだということ。

① 等々力方面から、谷沢川がまっすぐ下って多摩川に流れる。

② そこに、丸子川が直角にぶつかってくる。
Imgp8226
(まっすぐ流れる谷沢川、そこに右から丸子川合流)
Imgp8220

(合流地点付近はこんな風にちょっとややこしいことになっている)

③ 丸子川は谷沢川に合流して①といっしょに多摩川に流れていく。
Imgp8221

(二つの川が合流して多摩川に向かうところ。さしずめ谷沢丸子川もしくは丸谷川など)

④ ③の合流点で水をポンプ設備で汲み上げ、②の延長線上のいわば「続・丸子川」に給水する。
Imgp8223

(下で合流する川から水をくみ上げ右奥に続く丸子川に水を供給)

⑤「続・丸子川」はたぶん谷沢川と丸子川の両方混ざった水を流して先に進んでいく。

なるほど。
ちなみに昔は、いったん両者合流した後基本的には谷沢川と軌を共にして多摩川に流れ、合流点から掛け樋を使って「続・丸子川」に水を流していたそうです。この後の下流でもたくさんお水供給しなきゃなんないですからね。もう大変なんすからもう。

うん。じぶんなりにようやくこの場所のことが理解できたと思います。ほっとしたので、多摩川べりに出てビールを飲むことにしましたw
Imgp8231

多摩川川原敷きに運動場がたくさんあります。そこにやってくる草野球帰りのおじさん向けと思しき「おでんとやきそばとビール」を売るお店も数件、多摩堤通りの外側にあります。
昔は巨人軍の練習グラウンドがあったはずですから、いまよりきっと多くの店があって賑わっていたんでしょうねえ。いまは静かに、川(の土手)を見ながら休憩することができます。

一息休んでお店の裏あたりを散策。
ほんとしかし、歩けばどこにでも暗渠を見ることができます。
Imgp8238
いつの間にか大田区田園調布5丁目。その暗渠は5丁目51のあたりで開渠となって住宅の間に消えて行ってしまいました。
Imgp8240

ところがこのあたりはまたたくさんほかにも開渠が残っている土地で。
Imgp8243

やこんなのも。
Imgp8246
ここは世田谷区玉堤1-2です。
区境、ということも開渠が残っている要因なのかもしれません。

あちこちでたらめに開渠を探していたら、
また丸子川の流れに戻ってきてしまいました。
うおーなんか立派な水門があるなあーなんて思ってその水門で別れゆく先を見てみたら。
Imgp8251

なんと、池!
Imgp8252 52
田園調布5-47のところ。
たしかに地図にも載ってますね。
いろいろ調べてみましたが、特に名前を見つけることはできませんでした。
Imgp8254

なんだか、誰からもありがたがられていない(景観も期待されていない)ような池で、そこが帰って「暗渠ごころ」をくすぐられます。かなりグッときました。

まわりを見てみると、池から開渠で多摩川方面に水が出ています。最初に見つけた開渠にこれが繋がっているようでした。

Imgp8255

そうだよなあ。いまこの周りに田んぼや畑はほとんど皆無。
なんのためにも使われていない、子どもが遊んでいる気配さえしない素朴な素朴な池。
付近の方には、もしかして「あるけど、あることにもなっていない」ような、透明な蓋が掛けられているような池でした。
暗渠ならぬ暗池。

より大きな地図で 玉川台あたり を表示

オマケ。
池のそばにあったもの。

Imgp8249

祠が塀の中に塗り固められてる…。暗祠?

|

« 暗渠ハンター マンション脇の開渠と木村ぶどう園 | トップページ | 暗渠ハンター<脱構築版> 南千住にある乗客のいない駅と、行先を失った短い堀の話。 »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

谷澤川と丸子川の交差の詳しい説明をありがとうございます。とても分かりやすかったです!
田園調布5-47の池や一連の水路は御鷹野圦という六郷用水の排水用の堰の一部ですよ。
おそらく六郷用水の堰関連の物で唯一現存しているものだと思います。
猛暑のなかの暗渠探検、頑張ってください。応援しています!

投稿: hikada | 2012年7月20日 (金) 17時18分

hikadaさんありがとうございます。恐れ入ります。
「御鷹野圦」というんですね、ここは。歴史のあるところなんですね!ああ、いいもの拝見できたんですね、私はw。
そんなものがこんなふつうに存在している六郷用水、すごいですね。
昨日今日あたりは暑さも一段落していますが、結構暑いの好きなんですよね、どばっと汗かいたりも好きですし。
おかげでうっすら「暗渠焼け」ですw

投稿: lotus62 | 2012年7月22日 (日) 18時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 川の「交差点」と、暗池的なもの:

« 暗渠ハンター マンション脇の開渠と木村ぶどう園 | トップページ | 暗渠ハンター<脱構築版> 南千住にある乗客のいない駅と、行先を失った短い堀の話。 »