« 暗渠ハンター 練馬の谷一気攻め④豊島弁財天支流とその先の思考実験 | トップページ | 暗渠ハンター 北耕地川の梅木小支流 »

暗渠ハンター 田柄。暗渠の銀河系と、そこを抜けていく彗星みたいな廃線。

殆ど馴染みのないところに突如として出かけてみました。
先日練馬区の図書館でコピーしてきた「練馬区文化財マップ」に記された水路たちを目指して。それがたまたま田柄川の近くでした。
ほんとこの辺練馬区あたりって土地勘がなくって、頭の中は「安土桃山時代の世界地図」みたいな状態だったんです。脳内参考イメージ

ですがたくさん収獲がありました。
現在は石神井川の支流についてシリーズの途中ですが、
その間を縫りつつ並行してこの練馬区の暗渠も不定期シリーズでご紹介していこうかと思います。<それってもう「シリーズ」って言わなくていい気がする。

田柄川、田柄用水、似たような名前が二つありますが、いったいどっちがほんとの名前なんだかという疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。これはどっちも「アリ」。元々光が丘あたりから流れ出ていたのが田柄川。明治初期、その上流部に農業用水として田無用水から分水してこれに接続したのが田柄用水。
どっからどこまでかざっくり言うと、その田無から光が丘あたりまでが田柄用水、光が丘以降の下流は自然河川の田柄川と人工の田柄用水がしばらく並行して進み、練馬区の東端あたりで二つが合流し以降は田柄川、と呼ぶかんじです。
こんなことを調べていたら、練馬区がすっごい丁寧にこれらのことを解説してくれているページを見つけましたので、リンクを張っておきます。
これ読むとすべてがわかる!練馬区さん、これすごくいいページです。ありがとうございます。あとでこれを要約してみようとは思いますが。

田柄川も田柄用水も周辺の水田にしこたま水を送っていたようで、現在でも周囲には夥しい暗渠(水路敷)を見ることができます。私は現地で「まるで暗渠の銀河系みたいだなあ」と思っておりましたが、
谷戸ラブさんがご自身のブログでこの状態を「田柄無限暗渠」と呼んでらっしゃいました。これナイスネーミング!
まさに暗渠が無限に…。特に用水路然としたまっすぐ&カクカク水路はほんとにたくさんあります。
猫またぎさんもこの近辺の支流暗渠をたくさんご紹介されていました。

ほんとにもう、見飽きちゃうほどあるんです。その意味では大田区の六郷用水周辺にちょっと似ています。私も実際に見飽きてしまったので(贅沢発言ごめんなさい…w)、なるべく「まっすぐでない」暗渠を狙って訪ね歩いておりました。そのひとつがこれからご紹介するもの。

田柄4丁目に天祖神社がありまして。
リバーサイドさんも田柄川の記事で天祖神社あたりのことを書いてらっしゃいますね。
そこには水神様なども祀られているのですが、そのような事情を全く知らなかった私は当然スルー、天祖神社の東、田柄2丁目16あたりから始まる水路に直行です。
実はここはさきの谷戸ラブさんが「人生暗渠」と題してすでに取り上げられていたところでした。
土地勘ゼロの私はそこにコメントまでさせて頂いているのですが、この暗渠のことは全く記憶が飛んでいました;;;。っていうか谷戸ラブさんの記事、面白すぎて暗渠そのもの以上に楽しんでしまってたからかもしれませんw

その人生暗渠のハイライト部分(人生におけるモテ期みたいな感じ?)がここから始まります。
Img_0584

入っていくのも躊躇されるような雰囲気なんですが、奥に控える蓋暗渠をチラ見してしまった私は、もう花に呼ばれる蝶、はちみつに吸い寄せられる熊、峰不二子を目のまえにした    ルパン状態です。
自転車だったんですけどね、この時。乗り込みましたよ。
まあはじめは、よしよし。
Img_0586

だんだん険しくなってきます。
Img_0587

でも余裕ぶっこいて紫陽花なんかもマクロで撮ってみたり。
Img_0588

しかしその先は…
Img_0589

谷戸ラブさんの撮ったこの暗渠の写真が殆ど手ブレ状態だった理由がいまではよーく解ります。
枯葉の下がなぜか湿っていて、そこを踏むたびに大量の蚊(だと思う)がぶわっと煙のように下から舞い上がってきます。
そういう探検趣味のあるかたには自信をもってお勧めするエリアです。

それに、足元の蓋も「いつ崩れるんだ」と不安になる箇所もあります。
Img_0591

ここに自転車を押して乗り込むとさらにその種のスリルが味わえます。

難所がたくさんあって、飽きることがないです。
Img_0593

やっと出口が見えてきました。這う這うの体、ってこの時の私のような状態のことなんだろうな。
Img_0595

蓋暗渠はふつうの道を越えてさらに上流に続いています。
Img_0597
もうこうなったら当然。入っていきます。
Img_0600

しかし前方はこんな状態。
Img_0602

さすがに、もう勘弁してやるか(ほっと胸をなでおろしながら)。

この先は住宅ブロックに紛れて一度流路は消えてしまいます。
ですが2ブロック先のクリーニング屋さん(!)横になんと開渠として復活。
Img_0610

お店の右側です。ちょっと寄って写真を撮りましょう。
Img_0607

さらに奥をズーム!
Img_0608

この上流は、一気に加工度高く歩道となって田柄交番前という交差点を北上。
Img_0612

そしてかくんと西に進路を変えます。
Img_0613

駐車場の周りをかこうように流れます。この「隠しても隠しきれないかんじ」に萌えます。
Img_0614

ぐるっと半周ほど回転するように進み、ふつうの道を交差。
その先は、ゴミバケツが谷戸ラブさんのご覧になったのと同じように並んでいました。
Img_0619

それにしてもいつもきちんと統率のとれたゴミ箱です。
ジェットストリームアタック、的な。

奥にせっかく蓋暗渠が続いているのですが、ちょっとこの先も進行は無理でしょう…。
代わりにすぐそばで咲いていたスミレでもご覧ください。
Img_0622

この先上流は、同じブロックから二つの流れが確認できます。
ひとつは田柄4-31-17、民家入口に通じる路地。
Img_0624

もうひとつは田柄4-32、神勇酒店の裏側。こちらは立派な蓋暗渠のまんま!
自販機の壁に隠れていますが、奥深くまで繋がっています。
Img_0625_2

上流方向はこれ。

Img_0626
自販機のところで蓋暗渠終了。
これ以上上流は、UR都市機構むつみ台団地の敷地となってしまい、追うことができません…。
団地の向こうは白子川に繋がる百々向川の源流にほど近いです。この団地がほぼ分水嶺になっているんですね。

まあここは便宜上「田柄川 田柄交番支流(仮)」とでも呼んでおきましょう。

ところで。後日東京時層地図を眺めていたら、戦前の地図にはなくて戦後の高度成長期の地図にだけひょこっと現れる鉄道が東西に描かれているではありませんか…!
しかもほぼ光が丘~上板橋間を田柄川に寄り添いながら走っているではありませんか!!
なんすかコレ?ある日突然現れてある日忽然となくなった、そんな印象の鉄道です。地図には「東武貨物」と書かれています。

これは、戦後米軍に接収され米軍居住区(グラントハイツ。グラン「ド」かとさっきまで思い込んでたけどw)となったところに物資を運ぶために突貫作業で作られた鉄道だったそうです。名前は「東武啓志線」。名前の由来もこの廃線自体も大変興味深いのですが、詳しくはぜひwikiやこちら「鉄道ホビダス」内での記事をご参照ください。特に鉄道ホビダスの記事は面白いです!

なるほど。啓志線。まるで彗星です。
暗渠の銀河にパッと現れたかと思ったら、パッといなくなっちゃいました。

後日彗星のかけらを拾いに、また田柄川をうろついてみることにします。流れ星みえるかも。

より大きな地図で 練馬暗渠巡りの旅 を表示

|

« 暗渠ハンター 練馬の谷一気攻め④豊島弁財天支流とその先の思考実験 | トップページ | 暗渠ハンター 北耕地川の梅木小支流 »

2056 ・・・石神井川水系」カテゴリの記事

コメント

むつみ台の前は何度か通っていますが、このルートが暗渠とは全然知りませんでした!

あと、ワタクシ、啓志線跡のすぐ脇に住んでいたことがあったようです。
当時は全く気がつきませんでしたが。
○十年も前で、関心も持っていませんでしたからね。

投稿: 猫またぎ | 2012年6月 6日 (水) 22時33分

えっと、それすごくわかります。私も前の住まいのところって自分では根を詰めて探索してませんでした(暗渠に目覚めてからでさえ)。意識的に避けてしまっていた気もするし、ほんとに見えなかったような気もするし…。そういうことが暗渠以外でもきっとあるんでしょうね…。

投稿: lotus62 | 2012年6月 6日 (水) 22時55分

ご紹介賜りありがとうございます。
交番のあたりが解明できてすっきりしました!

あんなに荒れた場所にも関わらず、ロマンティックな読後感。紫のお花達も映えますね。
そして後にも先にも二輪で通行されたのはlotusさんだけでは?尊敬。

多重暗渠達にはまりに行きたいですね~。ここはもうパラダイス銀河ですから。

http://yatolove.exblog.jp/14494355ここに啓志線のレール展示(公民館だったか?)があります。


投稿: 谷戸ラブ | 2012年6月 7日 (木) 09時28分

現地に行ってから再び谷戸ラブさんの記事を読ませていただくと、楽しさ倍増しますw
いっそ二輪でささっと通り抜けちゃおうかと思いましたが、段差やアナボコや障害物などあったので降りて押していかざるを得ませんでしたw
レール展示!ああこの記事もしっかり読ませていただいた記憶ありありです。
そっかここで啓志線という名前を目にしていたんだ私は…w <物忘れ激しすぎ

投稿: lotus62 | 2012年6月 7日 (木) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 田柄。暗渠の銀河系と、そこを抜けていく彗星みたいな廃線。:

« 暗渠ハンター 練馬の谷一気攻め④豊島弁財天支流とその先の思考実験 | トップページ | 暗渠ハンター 北耕地川の梅木小支流 »