« 暗渠ハンター 蜆川と梅田入堀 大阪出張みちくさ暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター 南馬込の谷の、ミッシングリンク「池尻堀 南馬込1丁目支流(仮)」 »

暗渠ハンター 練馬の谷一気攻め①羽沢支流のトタン塀

練馬の、石神井川右岸の谷についてはもう結構な方々がすでにweb上で取り上げてらっしゃいます。

猫またぎさんとか、HONDAさんとか。
このあたりの石神井川右岸って、谷がたくさんあって地形図を見てるだけで楽しいんですよね。
ほぼ練馬区近辺にある「見どころ」を環7と環8の間を中心に適当にざっと並べただけでも10個!
Photo

やっぱりこれは一度は行っておかないとな、と思いたち、先日あっちこっちと行ってきました。
詳しくは先のお二人のブログにお預けして、私はざざっと自分の備忘録的に書いておこうかな、と。何回かシリーズで、時折違うトピックを挟んで断続的に行てみることにします。
ほんとにざざっと。

久々に暗渠「ANGLE」とか使ってみたいんですけどね
この近辺の暗渠を記述しようと思うとたいていこんな感じだから、変化がないんですよね…w

Angle

やっぱりANGLE化して面白いのは世田谷、目黒、品川、杉並あたりの川なのかも知れないなあ…それだけこれらの地区の川跡は変化に富んでいる、といえるのかも知れません。
とはいえ、今回の練馬石神井川支流群も結構面白かったんですよ!ではいってみましょ!

1 羽沢支流
猫またぎさんによる命名の支流。新桜台駅から北上していく流れです。
環7脇にある「新桜台」駅からちょっと北に入ったところにある暗渠入口がこれ。
Imgp7983

練馬区名物「蒼い水路敷」、キタ!
Imgp7984

一応環7の内側から谷が始まってるかもなあ、と周辺を見てはみましたがその痕跡はどうも見当たりません。
この辺りは環7がきっちり元々の尾根筋を通したのかも、知れません。

先に進んでみましょう。
ずいぶん整備が進んでいるのか、もう暗渠も路地化しているところが多いです。
(だから「水路敷」の表示もあるんですよね)

水路敷は、クリーニング屋さん(の裏口)を掠めていきます。
裏口でこれだけの告知ってことは、結構通行量あるのかも。ここw
Imgp7986

いまは擦れていいかんじですが、塗られたばかりのころは相当キッツい青色だったんだろうなあ。この「水路敷」表示は。
Imgp7987

ガードレールに守られた歩道となって続きます。
Imgp7989

急に細くなりました。
Imgp7990

この先にあったのが…。
まずは猫またぎさんのこの記事、12枚目の写真をご参照いただけると嬉しゅうございます。
青いトタン塀からにょっきり生えていた木が…。
Imgp7991
ばっさり。
それにしてもすごい生え方としていたものです。
っていうか塀の作り方がすごいのか…。

実は今回はこの木の報告がしたいための記事でしたw

以降、ガードレールに囲われた水路跡が道の右に左に続きます。
Imgp7993

ヨコの駐車場と比べると結構な段差ですね。
Imgp7995

そして間を一気に端折って、合流はこの仲羽橋という橋のたもと。
Imgp7999

函渠がばくっと口を開けておりました。

より大きな地図で 杉並以北でまとめてみよう を表示

|

« 暗渠ハンター 蜆川と梅田入堀 大阪出張みちくさ暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター 南馬込の谷の、ミッシングリンク「池尻堀 南馬込1丁目支流(仮)」 »

2056 ・・・石神井川水系」カテゴリの記事

コメント

あれまー、ばっさり切られちゃいましたね。
というか、この木のことを覚えていないんですがw
もうちょっとよく見ておけばよかったな。

ツイッターで報告されてたので、ついこないだ訪問されたのですね。
もしかして、これだけの距離を1日で回られたのですかね。

投稿: 猫またぎ | 2012年5月15日 (火) 22時06分

わははw でも切られたからこそ「違和感オーラ」が放出されるんでしょうね。
憶えておられなくてもいたしかたなし、と思いますw
行ったのは、先月末でした。
はい、一日で…。
結構「遠出」だったので、せっかくだからあちこち回らなくちゃ、と欲をかいた行程でした。
ただしほとんど下調べをせず地形だけを見て行ってしまったので、
豊島弁天のこととか貫井川と呼ばれる川だったことなど、後から知りましたw なので今回も「見逃しポイント」が多いですw

投稿: lotus62 | 2012年5月16日 (水) 12時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 練馬の谷一気攻め①羽沢支流のトタン塀:

« 暗渠ハンター 蜆川と梅田入堀 大阪出張みちくさ暗渠 | トップページ | 暗渠ハンター 南馬込の谷の、ミッシングリンク「池尻堀 南馬込1丁目支流(仮)」 »