« 暗渠ハンター さよなら川の資料館 | トップページ | 暗渠ハンター 谷端川沿い湧水ものがたり 椎名町の北から南 »

暗渠ハンター 谷端川沿い湧水ものがたり 長崎支流(仮)からはじめます

前回は、新宿区・豊島区に横並びする崖線をずらっとシリーズにしましたが、その時に資料漁ってたら、豊島区の湧水が充実した冊子を見つけました。
豊島区郷土資料館研究紀要の第11号に収録されている、
「<調査ノート>豊島区の湧き水をたずねて」横山恵美 です。
今回からのシリーズでは、この文献を元に特に谷端川に注ぐ湧水をいくつか追いかけていきます。

というわけで最近、「U」という字が谷端川上流の流れに見えてしまうくらい、谷端川のことばっかり考えていますw
上記の資料には今回大変お世話になりました。関係者の方々に厚く御礼申し上げます。

このシリーズで扱うのはこんなかんじ。今回は図中の1と2あたりを。

Photo_3

1 谷端川の最上流・長崎分水

谷端川の上流から、いってみます。
もともとの上流端は粟島神社の湧水、とされていますが、千川上水ができて(1696年)、さらに農業用水への利用が認められ(1707年)て以降、なのでしょうね、神社のちょっと上流の千川上水長崎分水の取水口から流れが始まっています。
大きな分水だったので、この谷端川のことを千川と呼ぶ人も多く、下流小石川のあたりでは谷端川の川跡は「千川通り」になっています。
と、この辺りのことを調べていたら、暗渠仲間のあきらさんブログに行きつきましたw

さてさてその分水があった場所はこのへん。要町三丁目の交差点です。
Imgp6141

千川上水緑道が一旦途切れ、上水跡は金網に囲まれた魅惑の空間になってますね。
分水はここからほぼ垂直に分かれていきます。
千川駅への降り口を掠め、下写真の右手の道へと流れます。
Imgp6143

程なくいけばこの道沿いに粟島神社。ここが本来の水源です。
Imgp6149

いまも弁天池が残っていますね。
Imgp6151

でも昔この池はこんなだったそうです。

Photo_2

豊島区郷土資料館研究紀要の第11号「<調査ノート>豊島区の湧き水をたずねて」横山恵美より抜粋。

谷端川はこの先、ほぼまっすぐに南下し椎名町駅を越えた辺りで全く方向を変え今度は北上してきます。まさに「U」の字を描くように。

古い地図を見ると、実はこのUの字の上の方を左右に横切る水路も確認できるんですよね。
その場所を探そうと思っていたら、まんまと間違えて通り過ぎてしまいました。
巻末の地図にはそれを入れておきますが、これはいつかリベンジしないと…。

2 谷端川 長崎支流(仮)

Uの字を下っていく途中でひとつの支流が合わさります。
西からまっすぐ長崎2-28あたりに流れ込むやつ。この支流を追ってみましょう。
この道を通っているはず。
Imgp6162

ただし、暗渠化される前に区画整理があったのか、もはや自然の流れとは違ってかくかくと直角に曲がりながら上流へと続いていきます。
ここで直角カーブ。
Imgp6163

お、曲がったブロックの中を貫通する暗渠道が現れました!
Imgp6164

まってましたとばかりに進み入ります。
Imgp6165

いいです。狭くて暗くて荒れてて湿っぽくてw

路面もいい。かなりいい。
Imgp6166

残念ながら途中で舗装が新しくなってしまいました。
Imgp6167

いったん広い道になり、
Imgp6168

またかくっと曲がるとさっきと同じような、ブロック貫通型の細い暗渠が現れます。
Imgp6174

これがまた。苔が輝くように美しい暗渠路地です。
Imgp6175

ビジュアル的にかなり素敵なので、数枚連続でどうぞ。
Imgp6176

Imgp6177

Imgp6178

Imgp6179

この路地の出口にあるおうちにお住まいの方に、ちょっとだけお話を伺いました。
確かに開渠として小川が流れていた時代があったそうです。
30年ほど前になくなったとのことなので、なんと1980年くらいまでは流れを目にすることができたんですね。
ちなみに、このへんは井戸が多いところで、水も豊かなところだったそうです。

この小川が行きつくのはその先の長崎公園。
たまたまこの日は防災訓練をやっていて、テントが立ち並んでいました。

Imgp6182

この公園は道路を隔てて上流方向・下流方向と二つに分かれています。
下流に位置する公園から上流位置の公園に向かってはこんな暗渠路地が続きます。
Imgp6184

そしてこれがその出口。
Imgp6186

ここから道を隔ててこちらの公園に。
Imgp6185

公園内には小高い石積みの親水設備が。
ここが湧水地点だったものと思われます。
Imgp6187

長崎公園を水源に長崎を流れて谷端川に合流するので、まあ「谷端川 長崎支流(仮)」と名付けておきましょう。

続きは次回に!

より大きな地図で 杉並以北でまとめてみよう を表示

|

« 暗渠ハンター さよなら川の資料館 | トップページ | 暗渠ハンター 谷端川沿い湧水ものがたり 椎名町の北から南 »

2055 ・・・神田川水系」カテゴリの記事

コメント

初めまして。

暗渠に興味を持ちましてネットを調べていてびっくり。
こちらのサイトに実家が写っているではないですか!
そういえば祖母が生前に川の話をしてくれたような…
もっと聞いておくべきだった!

投稿: さばみそ | 2013年8月21日 (水) 05時03分

さばみそ様、はじめまして。ようこそおいで下さいました。
勝手にご実家を掲載してしまって申し訳ありません。お許しいただけますでしょうか…。
そうですか、おばあ様から川のお話を聴かれたことがありましたか!羨ましいです。なにか思い出されたことがあったらぜひ教えてください。
どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: lotus62 | 2013年8月21日 (水) 08時55分

掲載に関しては全然問題ないです!
ゆっくりと拝見させていただきます。

投稿: さばみそ | 2013年8月22日 (木) 04時37分

さばみそさま
ご了承、感謝いたします!

投稿: lotus62 | 2013年8月22日 (木) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 谷端川沿い湧水ものがたり 長崎支流(仮)からはじめます:

« 暗渠ハンター さよなら川の資料館 | トップページ | 暗渠ハンター 谷端川沿い湧水ものがたり 椎名町の北から南 »