« 暗渠ハンター 貉窪をこえて洗足で「弁天橋」をみた。 | トップページ | 暗渠ハンター 田園調布に湧く「せせらぎ公園支流」とその他のこと »

暗渠ハンター 柿の木坂支流の源・芳窪で見つけた小流

今回は芳窪のお話をしようかと。
カケダシの頃に、呑川の上流をなす3つの支流を訪ねたことがありました。
深沢支流駒沢支流、そして柿の木坂支流

柿の木坂支流は緑道となっていて、その先端の芳窪と言われるエリアで終わっています。
緑道をそのまま延長した先には環7と駒沢通りが交差する野沢の交差点があって、
その付近はまさに品川用水の流路だったので、
「ああ、また品川用水からの落ち水があって、それが源流になってるのね」
とそれだけで私の中では「おしまい」にしていました。

それが…。
去年世田谷の川探検隊のオリジナルメンバーでもあるまさぼうさんとお話する機会があって、まさぼうさんに芳窪のお話を少々伺ってみました。
その時
「なんかね、芳窪から、果樹園みたいなところに繋がって消えていく流れがあるんですよね…」
と仰っていたのがとても気になって、その「果樹園みたいなところ」を探しに行ってきたんです。

まあまずは何はともあれ柿の木坂支流に到着。
これからここに桜や花梨が咲いたりするんでしょうが、この時はまだ冬の真っ盛り。
(冬も「真っ盛り」っていうんだろうかw)
ちょいとさびしい感じですね。
Imgp5443

詳しく「果樹園みたいなの」の位置も伺わずにいたので、
とにかくここいらへんを歩き回るしかありません。
川筋でなく、ここに続く谷を攻めてみると、
結構思わぬ収穫もあるものです。
崖の中腹に横たわる排水溝とか。
Imgp5445

やはり崖の中腹の駐車場に残る井戸とか。
Imgp5447

こんな地価が高そうな所なのにぽっかり空いた空き地とか。
Imgp5450

ここは、日本大学生物資源科学部の土地だそうです。

おお、これまた環七から柿の木坂支流に下る崖の中腹、支流方向に向かっていく道に車止めがありました。

Imgp5452

もしかしたらここにも小流があったのかも知れません。
と思って反対方向(つまり崖上である環七方面)をふと見ると…。
Imgp5453
果樹園みたいなところです。
冬で木の枝がかなりさびしい感じですが、もしかしたらほんとに果樹園なのかも知れません。これか!?探していたものは!!

しかも、この正面の門だか小屋だかみたいなのところの足元はちょっと窪んでいて、なおかつ橋のような構造物が見えます。
Imgp5454

これだ!これに違いありません。
あとで調べたらここは「根岸グリーンガーデン」という、目黒区で2か所しかないぶどう狩りができる果樹園ということでした。
まさぼうさん、見つけましたよ!!

さっそく果樹園の反対側、上流に回ってみます。
果樹園の上は駐車場になっていました。

Imgp5456
駐車場の奥に少し低くなって果樹園が見えます。

さて上流はどうなっているかな、と回れ右。
Imgp5457
ありました!小さな川跡が金網の向こうに延びています。
…うう。うれしい…。すごくうれしいです。
金網の向こうはこんなふうに、暗渠がひっそりと誰からも相手にされずに続いていました。
Imgp5458

コの字ウォークで先回り。
あ、ここだ、ここです。
Imgp5459

ちょっと奥に入ってみましょう。
Imgp5462

こんなふうにさっきの場所から繋がっています。
ここから振り返って上流をみればこんな。
Imgp5460

この荒び加減もたまらなくツボに入ります。
これは細いながらも、いや細さゆえの味わいがある暗渠です。
呑川上流の3本では、支流の支流のバリエーションが豊富な深沢支流がダントツで好きでしたが、ここを見つけて柿の木坂支流の好感度が一気に上がってしまいました。
そのまんまですが、便宜上「呑川柿の木坂支流の芳窪果樹園支流」と呼ぶことにします。

しかし芳窪果樹園支流の川跡が見られるのもここまで。
あとは痕跡見当たらず。

芳窪果樹園支流の延長線上には、東京電力の変電設備がありました。
Imgp5470

もしかしたら、ここも川と関係があるかもしれません。
ジュクジュクした湿地で、ちょっと利用に困っていた土地なのかも。前々回の記事で「水気の多い土地は電気が逃しやすい」とも学んだので、それに関係があるのかも。
それにしてもこの電力設備は資材置き場にもなっているようで、こんな工場のタービンみたいな大型部品もちょっと惹かれてしまいますw
Imgp5472

隣にはクリーニング屋さんもあるし。
Imgp5471

もうここは環七沿いです。この尾根を越えるわけもないでしょうから、芳窪果樹園支流に上流が続いていたとしてもここが限度ですね。
(因みに環七の東側には、蛇崩川の支流の出発点・鶴が久保があります)

Photo

さあて、無事に目的のものが見つかったので、あとは適当に野沢交差点方面に向かおうかな、と歩き出します。

これは、柿の木坂支流緑道の終わりから野沢交差点に向かう道。確かにここも暗渠なんでしょうね。
Imgp5481

たまたまこの記事の準備中に、リバーサイドさんもここの記事をアップされていました。
ここの3枚目の写真の地点です。

せっかくだからともう少しあたりをウロウロしていたら、上馬3-10-12あたりでこんなものを見つけました。
Imgp5485

この、道路の盛り上がり具合…そして左の看板みたいなものの足元には…橋跡?
近寄ってみましょう。
Imgp5487

これ。
なんとも判別がつきづらいです。
まあ橋跡だと思っておくかw
なにせここは芳窪。一帯水の豊富なエリアだったのでしょうし。

まさぼうさん、情報どうもありがとうございました。

より大きな地図で 呑川③柿の木坂支流 を表示

|

« 暗渠ハンター 貉窪をこえて洗足で「弁天橋」をみた。 | トップページ | 暗渠ハンター 田園調布に湧く「せせらぎ公園支流」とその他のこと »

2041 ・・・呑川水系(上流3支流)」カテゴリの記事

コメント

ご紹介いただき有難うございます。

支流の支流は絶対あるだろうなと思いながら
柿の木坂支流を歩いていました。
こんな面白い支流があったのですね。
当日は柿の木坂と駒沢の二支流を歩くので精一杯でした。
そのうち付近の支流を含めて探索したいと思います。

投稿: リバーサイド | 2012年3月 4日 (日) 19時18分

うちの近くのぶどう園は、軒並み暗渠沿いですよー。
実は私もこないだまさぼうさんに「芳窪」を教えてもらいました。
なるほどここだったのかと、今勉強しました(^^)

投稿: Bake | 2012年3月 4日 (日) 21時21分

リバーサイドさん
ちょうど現場に行った頃に、リバーサイドさんが呑川の記事をあげられてて、小さなシンクロ感を覚えましたw
実は私も、深沢支流の支流は何度か行ったし書いてもいるんですが、柿の木坂支流の支流は初めてだったんです。すぐ東が環七(尾根)だし、まさぼうさんに教わってなかったらたぶんずっと見もしなかったと思いますw

Bakeさん
都内に果樹園があるということ自体もちょっとした驚きです。しかも周りは暗渠ですか!!
さっそく地図みてみますー!

投稿: lotus62 | 2012年3月 5日 (月) 10時10分

数多くある駒沢支流や柿の木坂支流に合流する小さく浅い谷は、区画整理などで痕跡が消えてしまい、探検するのでさえ諦めていたのですが、まさか、芳窪の谷筋にこんなにくっきりと痕跡が残っているとは思ってもいませんでした。
水はけなどの関係でブドウ果樹園などが、暗渠のそばにあるような気がします(?) どうでしょうか。

投稿: hikada | 2012年3月 5日 (月) 23時25分

hikadaさん
そうですよねー。ここはほんとノーマークでしたw
果樹園、Bakeさんからコメントいただいたように暗渠が近いようですね。都内には限られているでしょうから、暗渠アプリケーションなるかどうか、いくつか検証してみたいと思います!

投稿: lotus62 | 2012年3月 6日 (火) 11時43分

少し前に天文20(1551)年の文書で「よしくぼ」という地名をみていたので、私的には興奮して鼻血が出そうになりました。

投稿: sumizome_sakura | 2012年3月 9日 (金) 19時42分

sumizome_sakuraさん
おおー16世紀ですかー! 暗渠に目覚める前は芳窪なんて全く知りませんでしたが、現地では町内会の掲示板とかけっこうあちこちに「芳窪」が書かれてるんでちょっとびっくりしました。綿々と町の名前が地元で生きているんですねー。少なくとも460年も…。

投稿: lotus62 | 2012年3月 9日 (金) 20時46分

こんな支流が…というところです。
わたしの持っている地図では
野沢4-7のところで水路が終わっていて
変電所までは痕跡がありません。
本流の上端は
上馬3-1の道路のところまででした。
ただ野沢保育園アタリまでさかのぼれる気もします。

投稿: aatw | 2012年9月29日 (土) 20時10分

aatwさん
コメントありがとうございます。
野沢4-7まで水路として載っている地図とは、素敵ですねwでも変電所までは繋がっていませんでしたか…。4-7より上はもう私の邪推妄想でしかありませんねww いつかご近所の方にでも伺ってみたいものです…。
本流ですが、やはりその地図でも上馬3-1まででしたか…。
その先の道も何だかくねっていて怪しい&さらに先に品川用水が通っている、ということからついついこちらも上へ上へと都合の良いように解釈してしまいます;;;。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: lotus62 | 2012年10月 1日 (月) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 柿の木坂支流の源・芳窪で見つけた小流:

« 暗渠ハンター 貉窪をこえて洗足で「弁天橋」をみた。 | トップページ | 暗渠ハンター 田園調布に湧く「せせらぎ公園支流」とその他のこと »