« 暗渠ハンター 暗渠のアプリケーションとしての暗渠サイン | トップページ | 暗渠ハンター 貉窪をこえて洗足で「弁天橋」をみた。 »

廃線ハンター 真夏のある日、ブラジルに行ってきた。日帰りで。のお話。

去年の夏の話を今更するのも何なんですが…。
ブラジルに行ってきた話をちょっとだけ書こうと思います。
電車、東武伊勢崎線を使って行ってきたんです。
ええ、群馬県の大泉町っていうところが、事実上ブラジルタウンになっていて、そこに行ってきたよという話なんですけどね。

そこまでは、都心から2時間くらい。
東武伊勢崎線で館林まで行って、そんで東武小泉線っていうローカル線に乗り換え終点の西小泉というところで降りる。
そこがもうブラジルなわけです。
ブラジルと言えばかねてからの私の「一度は行ってみたい国」ナンバーワン外国。大好きなジョアン・ジルベルトの国ですし、ミーハーですがイパネマでビール飲みつつサンバやショーロなど聴いてみたかったわけです。
そこで。群馬のブラジルとはいえ、ブラジルっぽさをより味わうため、よりによって真夏の、最高気温を記録した猛暑の日に行ってきました。

さて、この西小泉という駅は大泉町というところにあります。
暗渠好きとしては、その名前も気になりますよね。
大泉に小泉。もしかしたらでかいの小さいのの泉だらけの町だったりして!?
しかしそういうわけでもありませんでした。
大泉という町名は、その昔(1957年)小泉町と大川村が合併してつけられた名前だとのこと。まあ小さい泉ならあるのかなw?

この町は、人口4万人くらい、2009年時点での町内外国人比率が15.7%で全国一位です。(wikiより転記)
戦前はここに中島飛行機(!)の工場があって、そこが戦後は三洋電気や富士重工の工場となり、1990年に入国管理法が改正されたのを機に人手不足解消のためブラジル、ペルーなどの日系人を積極的に町が誘致した結果だそうです。
ブラジルサンパウロ州のグアラチンゲター、というところと姉妹都市関係も結んでいる、本格ストロングタイプのブラジルタウンでもあります。

街中はクルマ社会ですね、一時間に1本か2本しか電車がないので、
ちょっと現地に行くにも難儀します。ほんとのブラジルほどじゃないけど。
これが西小泉に掲出されてる時刻表。
Imgp1570

でも朝の5時台に3本あるって凄いw

もう駅前からしてすでにブラジルです。
Imgp1572

この看板、当日写メ付きで「ブラジル着いた」ってツイートしたら、騙されてくださった方も数名。(ごめんなさい、その節はご迷惑をおかけしましたw)

でももうほんと駅前からかなりのブラジル。
駅前の宮城商店。
Imgp1634

ここの自販機だってもうブラジル仕様です。
Imgp1574

この夏最高気温を記録した街中をへふへふ言いながら歩き、こんな商業施設に着きました。
ブラジリアンプラザ。
Imgp1575

実はここの2階にフードコートがあって、ここをめざしてきたわけなんです。
Imgp1586 

バイキング形式で、ブラジルの日常食がたーんと食べられます。
Imgp1580

Imgp1585

ちょっと盛り過ぎw?でもおかわりしてきましたww
Imgp1582

当然冷たいビールとともに。
ビールもブラジルめしもめくるめくような美味さでした。
たしか1000円。お得すぎます。

このフロアにはブラジルな雑貨屋さんも入ってるんですが
Imgp1587

なぜかフロアぜんたいは閑散とした不思議な雰囲気。
Imgp1588

実はここ改装中で、なんか夜営業するダンスフロアになるみたいですね。
満腹したあとは再び灼熱のブラジルの街に出ます。
ちょっと距離は離れているんですが、大泉にはこんなブラジルショップが何軒もあるのでハシゴ。
なんか全然いつもの暗渠っぽくならないんで、無理やり途中で出会った「橋跡(?)」など載せておきましょう。
Imgp1590

なんかビル跡地みたいなとこに生えてる雑草がとても芸術的だったのでつい撮った一枚。
Imgp1591

街中の看板も日本&ブラジル。
Imgp1593

こんな日本の田舎っぽい風景さえどっか異国風に見えてきます。
Imgp1601

こちらは、TAKARAという店とキオスケ・ジブラジルという店が隣り合った「商業集積地」。
Imgp1605

Imgp1606

どちらもブラジルのスーパーみたいで楽しいです。
外国のスーパーって楽しいですもんね。
フードコートもありますよ!TAKARAではブラジリアンプラザと同じようなバイキングプレートあり!
こんどはこっちでも食べてみたい!
店の裏側は、たぶん従業員食堂になってます。屋外だけど。
Imgp1613

ブラジルも堪能しましたが、やっぱり暗渠や側溝も気になります。
道路を横切るまっすぐな側溝。
Imgp1604

なんか不思議に蛇行(ちがうだろ)する側溝。
Imgp1614

しっかし、おなかいっぱいなのと、何より暑いというより熱いのとでもうへとへとでしたw
マジ暑かった。
家に帰って食べようとテイクアウトしたコシーニャ(ブラジル風コロッケ)も、
歩いているうちに傷んじゃうくらい。

お、ここは川跡っぽい!しかも緑道になってる!
Imgp1598
いずみ緑道、というこの緑道。駅からまっすぐ続いています。
これ、駅方面。
Imgp1597

幅広の道がまっすぐ続いています。
Imgp1631

なんか水っぽい設備もあるし。
Imgp1632
暑くて干からびてるけどw

川跡かもと思いましたが、これは実は西小泉駅から付近の工場に続く引き込み線の跡でした。
廃線です。
Wikiによると、昭和初期にこの一帯の工業製品を輸送するための軍需鉄道、だったそうです。
そうかー。川跡ではなかったですが、これはこれで萌えます。
廃線・貨物線も普段見えないレイヤーのひとつですからね。

というわけで今日は、暗渠含有率が少ないブラジルのお話でした。

より大きな地図で 館林の水路 を表示

|

« 暗渠ハンター 暗渠のアプリケーションとしての暗渠サイン | トップページ | 暗渠ハンター 貉窪をこえて洗足で「弁天橋」をみた。 »

3000 異形地点・工場からピーリング」カテゴリの記事

コメント

このブラジルはいいですね。私はブラジル料理食べたいときは鶴見の南米と沖縄料理店がまぜこぜになったエリアに行くんですけど、そこで食べるブラジル料理は拍子抜けするほどシンプルな肉の塊だったりするのですが、大泉のはまた違った感じでぜひ食べてみたいです。
線路跡は、利根川対岸に昔あった東武熊谷線とつなげるつもりだったけど橋を作れなくて断念したという線路でしょうかね。

投稿: 大石俊六 | 2012年3月 5日 (月) 19時06分

俊六さん
ブラジルいいですよねw
鶴見のは食べたことがないのでなんとも言えませんが、大泉のはものすごく種類が豊富だしそれぞれしっかり味がついて美味しかったですよ。ブッフェ形式なのがマジ嬉しいですw
肉も美味しいですが、ブラジル風のコロッケや煮込みも旨いんですよねー。
ここにあるのは家庭料理みたいな感じで、きっとおうちごとにちょっとづつ味が違うんだろうなあなんて想像してました。
>東武熊谷線
あー、このことは全く知らなかったのでググってみました。拡張となる計画があったのですね。

投稿: lotus62 | 2012年3月 6日 (火) 11時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 廃線ハンター 真夏のある日、ブラジルに行ってきた。日帰りで。のお話。:

« 暗渠ハンター 暗渠のアプリケーションとしての暗渠サイン | トップページ | 暗渠ハンター 貉窪をこえて洗足で「弁天橋」をみた。 »