« 暗渠ハンター 南烏山4丁目、蓋暗渠の先、水が集まるところ。 | トップページ | 暗渠ハンター 暗渠から覗く水面を見ながらの贅沢な年越しは如何?綾瀬駅前の暗渠工事現状レポ! »

暗渠ハンター 水無川北野支流にあらわれる秘密の花園開渠

烏山川上流付近のシリーズも、これで最終回となります。
とはいっても今回は烏山川でなく
その西を流れる水無川の支流のお話です。
水無川とは、玉川上水から分水される牟礼用水と、
付近の湧水を水源とした川。
牟礼用水はこの回でレポートいたしました
牟礼用水との接続点では中川、とも呼ばれていた模様。
シリーズ1回目でご紹介した「烏山川レポート」(北瀬正嗣氏)や現地の案内板によると、
一時はこの川を行政上「烏山川」と誤って呼んでいたこともあるようで、現場とお上との間で多少ややこしい問題もあったようです。

この水無川が、中央自動車道を横切るほんの少し上流に、
こんな水門のような設備があります。
写真奥を左右に水無川が流れています。左が上流。
Imgp4085

ちなみにここは水無川(中川)暗渠の緑道区間。
ここから下流を望むとこんな景色です。
Imgp4086

この水門的設備から西に向かって支流が流れています。
これこれ。
Imgp4087

今回はこの支流をメインにご紹介。
三鷹市の北野というところをざくっと流れているので、
便宜上これを「水無川 北野支流」と呼ぶことにします。

この水無川との合流地点までは車一台が楽に通れそうなアスファルト道ですが、出口には車止めが置かれています。
Imgp4089

そしてまっすぐ奥に北野支流は続きます。
この道路の歩道部分が水路跡。
Imgp4090

ほれほれ、ちらほら見えるのは橋跡です。
Imgp4091

この道もここで突き当り。
流路の延長線上には民家が立ちはだかります。
Imgp4092

しかし。
民家の裏に回ると梅林があり、
北野支流はおそらく民家脇を流れこの梅林の端っこにつながっていました!
しかもはしご式開渠で!!
Imgp4093

この荒れっぷりに注目ください。
Imgp4096

水も今は流れていません。
このずっと先、上流は田畑がたくさんあるので
もしかしたら農繁期だけは水があるのかもしれませんね。
Imgp4097

初春の頃はきっとこの梅もきれいに咲くでしょう。
そんな横をこの水路がひっそりと形而上の水を湛えて流れていくさまは、まるで秘密の花園。

はい、トタン蓋もありますよー。
Imgp4094

この梅林の途中でいつのまにかはしご式開渠は土に埋もれ、
暗渠となって姿を消してしまいます。
これも「まぼろし」っぽくってイイ。
Imgp4098

ここ一帯がなんだか周りに霞がかかったサンクチュアリみたいな印象で
(もちろん現実にはそんなこと全然ないんですが)
じわんとくる良さがある区間です。

さてさてこの先は直接追えなくなるので、
コの字ウォークで上流を探ります。

さらに裏を探ると、畑。
おそらくこの幅広の畝みたいになってるところかな…。
Imgp4099

しかし千歳烏山からそんなに遠くないのに、
自然がたっぷりでなんだかみずみずしい風景ですね。
Imgp4101

この畑の向こうには、明確な上流の流路が現れます。
Imgp4102
近寄ってみると、はしご式開渠アゲイン。
Imgp4104

いよいよこの先は追えなくなります。上流は見つけられませんでしたorz

ですが、ちょとうろついてみるといくつかの手掛かりが点として浮かび上がります。
こんな「途中で切れちゃう広めの歩道」とか。
Imgp4106

この先を進むと住所が三鷹市「新川」になるとことか。

そしてそこには三鷹新川浄水所があることとか。
Imgp4108

その前の道をまっすぐ北上すると、品川用水にぶち当たることとか。
Imgp4109

あとで資料を当たってみることにします。
といったってもう現地調査からすでに1か月以上経ってますけどw

こんなもやもや感を残したまま、たぶん2011年はこの記事で〆、になると思います。いえ流れ的には全然〆ってませんけどねw

今年初めて訪れてくださった方も、その前からご覧いただいている方も、みなさまには本年はたいへんお世話になりました。みなさまには数多のお知恵をいただきました。心から感謝いたします。
来年も、どうぞよろしくお付き合いのほど、お願い申し上げます。
みなさま、どうぞよいお年をお迎えください。

より大きな地図で 烏山川・高源院あたり を表示

|

« 暗渠ハンター 南烏山4丁目、蓋暗渠の先、水が集まるところ。 | トップページ | 暗渠ハンター 暗渠から覗く水面を見ながらの贅沢な年越しは如何?綾瀬駅前の暗渠工事現状レポ! »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

タイトルで、メルヘン調の水路(鍵でもついているのか?)を想像し、いい意味であっぱれ裏切られました!
荒ぶる現状とのギャップが面白いです
チトカラ・桜上水界隈毛細血管は、心行くまで埋もれてみたい憧れの聖地です・・
来年も宜しくお願い申し上げます。

投稿: 谷戸ラブ | 2011年12月30日 (金) 21時03分

谷戸ラブさん
あ、釣れてくださってありがとうございますw 
秘密の花園wはなんとも廃墟然としたところですが、そんなのお構いなしに梅は花をつけるんでしょうねえ。
それももうちょっとの時期で。楽しみです。
まさに毛細血管でしたね、このあたりは。的が絞れなくていつも記事にするのに億劫になってしまいますw

どうぞ、よいお年を。そして来年もよろしくお願いいたします。

投稿: lotus62 | 2011年12月31日 (土) 16時36分

はじめまして。暗渠や川跡、窪地が好きなものです。

武蔵野三鷹近辺は平坦なイメージが強かったのですが、調べてみれば地形のおもしろいことおもしろいこと…w 北野支流をたどろうとすれば、東八手前の神社がいっぱいいっぱいといったところですが、国土地理院の土地条件図(http://www1.gsi.go.jp/geowww/landcondition/lcm_renewal/img/kichijoji.pdf)を参照すると、この窪地は牟礼団地(旧牟礼田んぼ)・日本無線工場を経て、狐久保(!!)、さらには日産厚生園(新・井の頭公園西園)付近にまで至ることがわかりました。狐久保では、興味深いことに水無川谷筋の最上流部とも近接しています。さらに、この水無川谷筋はどういうわけか神田川にもつながっているようです。

もう少し辿れそうな様子ですので、機会がありましたら辿ってみてもおもしろいかもしれません。

投稿: yr | 2012年3月10日 (土) 17時40分

yrさん
お返事遅れて申し訳ありません。はじめまして!ようこそおいで下さいました!!!
この土地条件図、すごくおもしろいですね!!!!!!!!!いいものを教えていただきました、どうもありがとうございます。
それに狐久保とはまたよだれがでそうな…w
まずはこの土地条件図、もうちょっといいPCでwじっくり拝見してみます。まだざっとしか見れていないのですが
すでにわくわくしています。

yrさん、どうぞまたいろいろお教えください、というかお気軽にあそびにきてください!お待ちしておりますー。

投稿: lotus62 | 2012年3月11日 (日) 08時37分

yrさん
そうそう、つい最近尊敬するHONDAさんがこんなことを書いてらっしゃいました。
(訂正記事でこの暗渠の上流の話題を取り上げてくださっています)
きっとyrさんも興奮されるかもw!
http://tokyoriver.exblog.jp/17636543/

投稿: lotus62 | 2012年3月11日 (日) 20時44分

早速の返信ありがとうございます!
土地条件図は見ていて飽きませんw 気になっていた窪地が思わぬところへつながっていた!等の発見も多く、楽しいです。他地域版PDFもありますので、どうぞ参考にしてみてください。段彩図のない地域で暗渠や川跡を探索する際は、強い味方になりそうです。
■最新版:http://www1.gsi.go.jp/geowww/landcondition/lcm_renewal/shutoken.html
■広域版:http://www1.gsi.go.jp/geowww/themap/lcm/

実をいうと、HONDAさんの最新記事にあるリンクからこちらへお邪魔させていただきました。追記が来ているようで、これまたおもしろそうですw

投稿: yr | 2012年3月12日 (月) 00時21分

yrさん
こちらこそ、貴重な情報ありがとうございます!
やはりこのあたりの武蔵野エリアがホームグラウンドでらっしゃるのでしょうか?
実はこのへん興味はあるものの難しくて数か所虫食いで歩いただけなんです…。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: lotus62 | 2012年3月13日 (火) 20時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 水無川北野支流にあらわれる秘密の花園開渠:

« 暗渠ハンター 南烏山4丁目、蓋暗渠の先、水が集まるところ。 | トップページ | 暗渠ハンター 暗渠から覗く水面を見ながらの贅沢な年越しは如何?綾瀬駅前の暗渠工事現状レポ! »