« 暗渠ハンター 谷戸前川リベンジ前編:周辺地形と暗渠ANGLE | トップページ | 暗渠ハンター 渋谷の渓谷、はしご式開渠の跡 »

暗渠ハンター 谷戸前川リベンジ後編:写真で追う谷戸前川「本流」

前回暗渠ANGLEや地形図でご覧いただいた、
谷戸前川リベンジの模様を今回は写真を交えて。

今回のリベンジでの成果は大きく二つ、でした。
ひとつはもともとの目的である、奥まで続く「本流」を見ること、
そしてもうひとつは、行って見てわかった下流の小さな谷の支流の存在です。

より大きな地図で 谷戸前川のまとめ を表示

では下流の小谷からいってみましょう。
地図上の赤いポチ印をつけたところです。
谷の最も下流がこのあたり。
住所でいえば目黒3-15のへんで、
二股に分かれた谷戸前川本流の一つが大きく東へと向きを変えるところです。

それがこの奥。
Imgp0894

これを奥に入ると、こんなふうにぐいっと東に流れていきます。
Imgp0896

この、右の方に谷が伸びているわけです。

この谷を、コの字ウォークでちょっと遡ってみましょう。
次は一つ西のブロック、
目黒3-15-32あたりでこの谷を見ることができます。
谷の上から降りてくる階段があり、
Imgp0904

ここの階段下、左右を谷が走ります。

谷底、下流方面を望むのがこれ。
Imgp0907

そして上流方向がこれです。
Imgp0906

上流方向はすこしだけ道なりに進みますが、
Imgp0909

ここからまた道の奥に切れ込んでいきます。
Imgp0910

次にこの谷に出会えるのはもう谷頭の上から。
目黒4-6の駐車場スペースから急峻な谷頭が見下ろせます。
Imgp0913

ここから急に抉られるように始まる谷頭。
真下を見てみましょう。
Imgp0914

結局この谷に川があった証拠は見つけられませんでした。
しかしこの地形なら周りからの水は
自然と集まって、何らかの形で
流れを作っていたと考えたいところです。

ではずずいっと先に進んで、
「祐天寺裏交差点」辺りまでいってみましょう。
地図上では黄色いポチをつけておきました。
ここから左下、つまり南西に向かって「本流」が始まります。
本流と支流の分かれ目がこのへん。

前回のこの暗渠ANGLEで、
アプリケーションとしての車止めが現れる地点です。
(黄色いところ)

Photo

そして下の写真が現地付近。
Imgp0946

至近距離にクラシックな車止めも見られます。
Imgp0947

この先、支流は車止めのある暗渠路地が続いていて
たいへんわかりやすいのですが、
「本流」はもうこんなふうに車道と同化しています。
そう、支流のほうが目立ってるんですよ。

Imgp0948

本流は、ただ谷地形だけが頼りの追跡になります。

ところどころ護岸的な何かも見られます。
Imgp0951

本流に並行するかたちで、行き先的にも地形的にも
もともと並行して作られた用水路なのではないかと
思われるような道もありました。

ひたすらまっすぐに道路と共に道は進みますが、
「中央緑地公園」にかかるところから
手掛かりが現れ始めます。

谷戸前川は車道を外れ、公園を横切ります。
Imgp0965

そして公園を横切って一本裏の路地を走っていたようで。
Imgp0966

そしてかくんと右に曲がり、
さきほどの車道を越えて北上を始めるのでした。
Imgp0968

至近距離に銭湯「鷹番の湯」もあり、
そこからの支流と思しき未舗装の暗渠道も出現。
さきほどの「車道一直線」から一転して
エキサイティングな味わいになります。
Imgp0973

このあたりから蛇行がはじまります。
沿道の「無意味スペース」も
何かしらの意味を持っているかのようです。
Imgp0975

どこまで続くのかと追っていくと、
東横線の高架が見えてきました。
Imgp0981

そしてついに東横線を越えます。
これは谷戸前川水面(仮想)から見上げた、東横線の橋裏。
仮想とはいえ川の水面から鑑賞する橋裏、
感慨深いですね。
Imgp0984

中央町2-39までは、こんな感じで何となくそれっぽい(<曖昧になってきたw)。
Imgp0990

で、もうここをワンブロック延長させると、
不自然な道路グリッドの箇所に辿りつきます。
Imgp0991

さらにワンブロック行けば、
品川用水が駒沢通りから学芸大学駅横に急カーブして向かう
曲がり角。

たどってきたらここまで来ちゃいましたが、
もしかしたらこのあたりから
品川用水の落ち水があったのかもしれないし、
途中どこかに湧水があったのかも、しれません。
いずれにしても、流路(らしきもの)を辿ってきたら、
とうとうこんなところまで来てしまいました。
ちょっとこの
「つながりそうでつながらない、でもきっと関係ある感」が
感動的なリベンジマッチでした。

|

« 暗渠ハンター 谷戸前川リベンジ前編:周辺地形と暗渠ANGLE | トップページ | 暗渠ハンター 渋谷の渓谷、はしご式開渠の跡 »

2021 ・・・目黒川水系」カテゴリの記事

コメント

あまり立て続けにコメントするのもどうかと思い、ちょっと控えてましたが、中央緑地公園から東横線までの間を、先々週の土曜に歩いてました。
あのくねくね道がちょっと気になったものですから。
でもそこが川跡だとは思っていませんでした。
あの谷戸前川の「本流」の谷につながることはちょっとうっかりしてましたね。
現地で気づいていればたどったのですが。

下流の「もう一本の谷」も面白いですね。

投稿: 猫またぎ | 2011年8月 8日 (月) 10時25分

そんな、立て続けはむしろ嬉しいのでどうぞ何のご心配もなく
がんがんお願いいたしますw

さすが、あの道に目をつけて実際行ってきた、
というところが猫またぎさんらしいですねーw

投稿: lotus62 | 2011年8月 8日 (月) 14時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 谷戸前川リベンジ後編:写真で追う谷戸前川「本流」:

« 暗渠ハンター 谷戸前川リベンジ前編:周辺地形と暗渠ANGLE | トップページ | 暗渠ハンター 渋谷の渓谷、はしご式開渠の跡 »