« 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり①暗渠と貨物線の共通点 | トップページ | 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり③干上がる用水路跡たちと孫悟空とあたみ湯 »

暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり②新金アナーキズムと怪無池

新金貨物線、続きいきまっせい!
新金線に沿って南下していきます。

ここは新堀踏切というところ。
なんか黒と黄色じゃなくって赤と白、
という配色が目新しいなあ。
Imgp9862

暗渠臭を嗅ぎわける方ならもうおわかりのとおり、
この「新堀」…。
そう、ここ。
この踏切と垂直に交わるこの道は、元水路です。
これまでの線路を横断する水路と違って
もうここは痕跡がほとんどありませんが、
この道を水路が走っていたようです。
Imgp9864

ところでここまで新金線沿いに歩いてきて
嫌でも目につくのがこんな風景。
Imgp9866

いやね、線路はこのグレーの金網フェンスで
一般道と隔てられているんですが、
その金網の内側、線路脇の狭いところ至る所が
家庭菜園っぽくなってるんですよ。
どうも近所の方が思い思いに何らかの方法で
このフェンスを越えて、耕しまくってるみたいですw
たぶん不法なんだろうなあ…。
(ご近所の方、合法的だったらごめんなさい;;;;)

ある種の逞しさやら、
環境への強い適応力やら、
アナーキーなパンク精神を感じざるを得ませんww

そんなふうに感心しながらもてくてくと歩いていくのです。
今まで新金線の西側を歩いてきましたが、
踏切を越え線路の東側にルートを移します。

その踏切が「高砂踏切」。
この踏切横にも大いなる見どころがあります。

踏切手前で、道から逸れていく一筋の細長エリア。
Imgp9869

その奥には
Imgp9871

川跡!
ずいぶん埋まってるけど。
Imgp9872

奥には新金線の鉄橋が見えます。
いままでの中で最も太い川跡ですね。

そしてその鉄橋を踏切から見たところ。
Imgp9874

んー、いいですねえ。
反対側からまたこの鉄橋を鑑賞してみましょう。
Imgp9875

この水路に水があったころから、
新金貨物線は一日に何本か
この鉄橋を越えてたくさんのコンテナを
ことんことんと運んでいたんですね…。

護岸の遺構も廃墟色。
この貨物線はまだ現役なのに。
Imgp9876

踏切を越えて線路沿いに続く道も、
またしても用水路でした。
道路をすぱっとセパレートして水路跡が続きます。
Imgp9881

もういちど踏切を西に渡ると…。
青龍神社という敷地の中に
Imgp9883

池があるんですよ!
Imgp9884

怪無(けなし)池という名前の池。(または怪無沼)
名前もいいですねぇ!

地元の方の丁寧なご説明がありましたのでご参考に。

もうすぐ裏手が中川です。
昔蛇行した名残の池、といったところなのでしょうね。

池の周りにはたくさんの釣り人がいました。
なんかもう「わしら毎日通ってるぞぇ」的な風情の方ばっかです。
Imgp9885

フェンスで囲ってあるけど。
しかも「危険だから入るな」的な看板があちこち掲げられているけどw

さっきの線路際農園といいここといい、
このあたりって
柵は越えるためにある」みたいなアナーキズムにあふれる土地なのかなw

そう思うと、
この池のほとりの↓光景も、なんか反骨精神やらなんやらにあふれた
現役のバスクリン入りの風呂に見えてきますw
Imgp9887

ってんで、
ひっそりと寡黙なイメージを勝手に抱いていた新金線ですが、
なんだかここへきて
とてもロックでやんちゃな鉄道に思えてきました。

以下続く、です!

より大きな地図で 新金線さんぽ を表示

|

« 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり①暗渠と貨物線の共通点 | トップページ | 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり③干上がる用水路跡たちと孫悟空とあたみ湯 »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

川跡の低い鉄橋がいいですね。
地面スレスレを渡る鉄橋っていうのがこんなにも面白い構図だとは思いませんでした。
もう、農道を走る路面電車と同じくらい素敵ですね(よくわからない比較ですね)。

投稿: 俊六 | 2011年6月17日 (金) 19時33分

俊六さん
ご指摘いただいて改めて眺めてみると、確かに不思議な構図ですよね。
現地では「水があったころはどんな景色だったんだろう」と意識して想像してばかりしていましたが、
この「今の、あるがまま」ももっと楽しめばよかったなあとちょっと後悔w
(もちろん現地で見た瞬間は「あるがまま」のインパクトに十分ヤラれてしまうのですが、もっとその感覚を意識して楽しめばよかったなあ)
俊六さんからいただいたコメントは、
最近ちょっと考えすぎて自分は暗渠や川跡そのものを単純に「観る」ことをしなくなってしまっているのではないか、
と思い直すきっかけになりました。
・・・いや、どっちがいいとか悪いとかでなく。

「農道を走る路面電車」w その違和感は何らかの形で今夜の夢に影響しそうですww

投稿: lotus62 | 2011年6月17日 (金) 19時47分

鉄道の鉄橋の部分とかって、けっこう水路の痕跡が残っていて、興奮ポイントなんですよね(笑)

世田谷線の松原駅付近にも小さい鉄橋があって、始めてみた時はテンションあがりまくりでした!

投稿: おたっきー | 2011年6月18日 (土) 00時26分

おたっきーさん
特に世田谷線や都電など小規模な鉄道の鉄橋って、なんだかいいですね。
前の回でコメントいただいた千紗さんもそういう感覚で「家に飾りたい」って言ってたのかなw

世田谷線のは、赤堤通りの横に架かる鉄橋でしょうか?
私も、あそこに水が流れていた頃を見てみたかったです。

投稿: lotus62 | 2011年6月18日 (土) 17時29分

うーん、すごいなあ、新金線。
水路が線路と交わるところがもれなく橋跡になっていますね。
うーん、贅沢。
いいところに目をつけられましたね。

投稿: 猫またぎ | 2011年6月20日 (月) 11時56分

猫またぎさん
いえいえ、ここまで鉄橋だらけとは予想もしませんでした;;;
ところで話が変わって恐縮ですが、先日教えていただいた「蛇崩川・鶴ヶ久保公園からの支流」にかかる蓋暗渠、このあいだ見てきましたー!ほんと、あんなところに蓋暗渠があるとは驚きでした!
いつか鶴ヶ久保の記事を加工と思っているのですが、
この
蓋暗渠もことも書いちゃって…いいですかw?

投稿: lotus62 | 2011年6月20日 (月) 15時59分

> この
> 蓋暗渠もことも書いちゃって…いいですかw?

あ、もちろんですよ。
私に優先権があるはずもありません。
私は記事にできるほどよく見ていませんでしたし。
この谷のV字坂の光景はなかなか素晴らしく、そちらの鑑賞ばかりしていましたね。

投稿: 猫またぎ | 2011年6月20日 (月) 17時59分

猫またぎさん
どうもありがとうございます!
いえいえ、その途中の蓋暗渠は猫またぎさんに教えていただくまで気がつかなかったし…。
いつになるかわかんないけどw、近々書かせていただきますー。

投稿: lotus62 | 2011年6月21日 (火) 11時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/40304692

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり②新金アナーキズムと怪無池:

« 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり①暗渠と貨物線の共通点 | トップページ | 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり③干上がる用水路跡たちと孫悟空とあたみ湯 »