« 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり②新金アナーキズムと怪無池 | トップページ | 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり④未来の複線と「踏破号」 »

暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり③干上がる用水路跡たちと孫悟空とあたみ湯

怪無池を抜けてその裏側・中川の堤防を少しの間歩くことにしました。
堤防に登って池を振り返ります。
Imgp9890

子どものころにこんな池が近くにあったら、
楽しかったろうなあ。

そして中川を北に振り返ったところ。
Imgp9889

広いなあ。
普段細い細い川跡や暗渠を歩いているだけに、
この広さには圧倒されます。
これを暗渠にするとしたら、
どれほど太い管が要るんだろう…。
なんて意味のない空想をしてると
頭の芯がしびれてくるような感じ。
少し水に対する畏れのような気持ちがわいてきます。

幹線道路が通る、高砂橋です。
Imgp9892

この橋を横切ると、
高い位置から新金線を見下ろすことができます。
Imgp9893

そこにも、干上がった用水路跡が見えてきました。
Imgp9894

線路の向こうに延びる水路跡は
道路として使われているようですが、
線路からこの土手の短い「はめ殺し」区間は、
もはや何のためにもなっていない、
そんな空間になっています。

この用水路の合流口が中川に向かって開いていないかと
土手の反対側を見てみますが、何もありませんでした。
お、ここは中川がちょうど新中川と二手に分岐する「Y字路」でしたね。
Imgp9896

さて土手を下りて、新金線の踏切を越えて
また線路の東側を通ってみましょう。
「耕道踏切」。
Imgp9898

昔の田園風景が偲ばれる名前です。

ここを抜けて、線路に並行して通っている「西井堀」を歩こうかと。
ちなみにそのすぐ東にはさらに「東井堀」が走っています。

西井堀に出る手前で見た電柱。
Imgp9899

こんなにも歩み寄ったアピールなのに
それでも電柱根本部分はこれを無視する行為の跡…。
やっぱアナーキーやねw

西井堀はすっかり道路になっちゃってます。
Imgp9900

ですが、これが斜めに新金線と交差するあたりでは…。
Imgp9903

おおー、正体現してくれたな、西井堀くん!
またも干からびた用水路に会うことができました。

ここは東京街道踏切、というところ。
Imgp9904

鉄橋、見事。

Imgp9905

結構な川幅だった模様ですね。

踏切を渡るとまた新金線から遠のいちゃうから、
コの字ウォークで次の踏切まで迂回。
そのの踏切では線路沿いの暗渠道への入り口がありました。
当然ここを歩いていきます。
Imgp9906

うん、細くってまっすぐで。
何よりも貨物線のすぐわきの暗渠を歩けるのがうれしす。

Imgp9908

まあこの辺ではもう結構くたびれてて
おなかも相当に減っておりまして。
しかし、今後ここを散歩される方に申し上げておきますが、
この沿線は食いもの屋はおろかコンビニさえもほとんどないです。
実はもう一時間くらい前から「なんか食うとこ見つかんなかいかな」と
すがるような気持ちできょろきょろしていたのですが、なんもありません。

これまで見てきた干上がってからからの用水路よろしく、
私のカラダも干上がりそうです。
水分とか気力とか…。

そんなとき、立石大通り踏切から中華屋さんが見えました!
その名も「孫悟空」。
Imgp9913

ファミレスっぽい作りだし、
ふだんならここはきっと入らない類のお店だけど
まあもう選択肢もないので正直仕方なく入ったわけです。

ところが!
この点心結構うまかった!
Imgp9912

お店では食べ放題っつのもやってるそうですが、
店内数か所に張ってあるこの注意書きが可笑しい。
Imgp9911

ぶわーっと注文だけして残しちゃうお客様がやたら多いのか、
それともこのお店が注意深すぎるのか…w
いずれにしても前回からの「葛飾アナーキズム」と
どこか繋がる感じがして素敵。

休憩しながら近所の検索などしていたら、
ちょっといい感じの銭湯がすでに開いていることを発見!
休憩ついでに寄ってみちゃおうかな、
ということで「あたみ湯」へ。
なんかね、浴槽が真ん中にあって丸いんですよ、
そんで外観もこんなで、その丸い浴槽の上に搭屋が建っているような。
素晴らしいレトロ銭湯でした。
Imgp9916

さらにこのあたみ湯は東井堀の緑道沿いにあり、
なんだか得したような気にもなります。
Imgp9915

干上がらなくてすんだ、とすっきりリフレッシュして、続きを歩きます。

そうだそうだ、新小岩についたら
輝く墨東一のセンベロ天国・立石まで移動して
一杯やって帰ろう!という野望が自然と湧き上がってきます。

新金線に戻る途中も、
いくつかの用水路暗渠が見られます。
Imgp9919

そして奥中区道踏切でまた新金線に合流。
Imgp9922

新小岩まではもう少し。

前回でもご紹介した、
(たぶん)イリーガルに耕されている線路沿いを歩いていたら、
また金網の向こうにこんなアナーキーな光景が。

Imgp9924
風呂だぜ。

では次回はたぶんシリーズ最終回。
新小岩駅付近の暗渠と、
オマケでその後の夜の立石の暗渠(とお店)を。

より大きな地図で 新金線さんぽ を表示

|

« 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり②新金アナーキズムと怪無池 | トップページ | 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり④未来の複線と「踏破号」 »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/40383270

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり③干上がる用水路跡たちと孫悟空とあたみ湯:

« 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり②新金アナーキズムと怪無池 | トップページ | 暗渠ハンター 新金線暗渠めぐり④未来の複線と「踏破号」 »