« 暗渠ハンター 谷戸川のこと①水の交差点から源流を探しに | トップページ | 暗渠ハンター理論編Ⅰ ロータス式の「暗渠マトリクス」を作ってみた »

暗渠ハンター 谷戸川のこと②2つの支流と保育園下暗渠

  谷戸川は環八を西に越え、千歳台1丁目を流れていきます。
環八からの流れ、メインとなるのはこの笠森公園。
Imgp0358

ですがこの公園の中を通っていく以外に
もう一本手前にも流れがあったのではないかと思っています。
笠森公園のすぐ北に、
こんな風に環八から別れる傍流のようなものが。
Imgp0357

ここもすぐに笠森公園に合流してしまうのですが、
こんなみちが続くとさすがに「これも立派な流路だったのでは!」と思いたくなるでしょ?
Imgp0359

笠森公園のすぐ横は水道道路。谷戸川はまたこの水道道路を
西に越えていきます。
写真奥にまっすぐ谷戸川が延び、
右から左に水道道路が交差しています。
Imgp0362

さあここを追っていきましょう。
ここからはきっぱりとした蓋暗渠となります。
Imgp0365

まっすぐの区間はそう長くはなく、少し行くとかくっと左に流路を変え
小田急線を越える準備に入ります。
Imgp0366

しかーし。
この曲がり角を注意深く見れば、
右側から合流してくる支流があるではないですか!
Imgp0367

谷戸川本流を下っていく前に、
この支流を遡っていくことにします。
谷戸川は短い川ですが、
この後も何本か支流の合流を見ることができます。

この支流もオーソドックスな蓋暗渠となって続きます。
Imgp0368

おお。支流は左奥に続くのですが、
ここの蓋暗渠の形状は珍しい…。
Imgp0370

世田谷区もなかなかユニークな蓋仕事をされてますな。

そしてこの蓋暗渠が途切れてしまうのがこの先…
Imgp0371

蓋暗渠の消滅地点には「湯パーク レビランド」という
銭湯が。
Imgp0372

なんかすっごく設備が充実してそうです。
あとで調べてみたら、屋上に露天風呂があるそうですよ!
入ってみたかった。
それにしても「エアバス」って何なんだろうw

もう痕跡は消えてしまっているんですが、
この銭湯の正面を通って奥のほうの道に
車止め発見。祖師谷1-26のあたりです。
Imgp0377

車止めの足元のタイヤがなんかアレですが、
支流はここにつながっているのではないでしょうか。

流路らしき道を追って、たどり着いたのは都営団地。
Imgp0379

うーん、都営団地の敷地の中には
こんな意味ありげな歩道ガードレールがあちこちにあります。
Imgp0380

こんな車止めも。
Imgp0383

しかしなあこのヒトたち…
「普通の団地としての装備」なんだか、
烏山川上流の「松葉通り団地」みたいに
元水田地帯であちこち用水路が走っていた痕跡なんだか…。

まあつまりこっちの支流の水源は途中でわからなくなってしまった、
というワケです。

しかたがないので団地の給水塔を含む長閑な風景で
誤魔化すことにします。
10秒間ほど眺めて心安らかになさってみてください。
Imgp0388

まあ仮にこの支流をここでは途中の銭湯名にちなんで
「谷戸川 レビランド支流」としておきます。

さてこの支流の分岐点、
つまり谷戸川本流まで戻って下流に進むことにします。

本流の蓋暗渠は小田急線・千歳船橋~祖師ヶ谷大蔵間の
高架に向かってまっすぐに進みます。
Imgp0390

高架手前までずっと蓋暗渠。
Imgp0391

さー高架を越えると変態しますよー。
小田急線の南側から開渠!はしご式開渠です。
Imgp0396

山野小学校の横を進み、奥には橋が架かってます。
これは谷川橋。
Imgp0402

谷川橋では、祖師ヶ谷大蔵駅方面からくる支流が合流しています。
これが合流口。
Imgp0410

もともとはしご式開渠だったのでしょうね、
蓋の下にそのトラスみたいな構造が見えています。

この支流は少しだけ蓋暗渠が続いて、その先の栗林に消えていきます。
Imgp0405_2

土かぶってるけど、なんか蓋暗渠を続いているみたいですね。
Imgp0406

コの字ウォークで追いかけてみましょう。
お、顕在化した。
奥が上流方向です。
Imgp0407

追えるのはここまで。
この先は方向的には祖師ヶ谷大蔵の駅前。
まあここではこの支流を、栗林にちなんで
「谷戸川 大蔵マロン支流」としておきます。

本流に戻って開渠を追っていくと、
次にあるのが五月橋。
Imgp0411

谷戸川に沿って、自転車が一台通れるくらいの
抜け道的な沿道が続いています。
Imgp0412

そしてこの五月橋の先に、一つの目玉地帯があります。
いえ眼球がたくさんあるとかじゃなくて、
エキサイティング・エリアという意味です。
またまた水道道路と交差する地点。
ここの暗渠構造が結構面白い。
namaさんの以前の水道道路レポートでも
ここの写真が取り上げられていました。

さ、ここで交差しますよ、
このワンポイントリリーフ的に出現した鉄板蓋の向こうが
水道道路です。
Imgp0413

そして水道道路上から進行方向を眺む。
Imgp0414

前方におびただしい数の車止め、
そしてその左、ガードレールの陰に見え隠れするのは…
Imgp0415

がじがじ蓋暗渠です。

さらに前方蓋暗渠上にに止められたクルマの向こうに塀があり、
暗渠はそっから隣の敷地に潜り込みます。
っつかここ車乗っかっちゃっていいんでしょうかw

塀の向こうは、区立大蔵保育園。
さらにっその向こうに公園があり、
谷戸川は暗渠としてこの敷地の下をくぐってゆくのでした。
Imgp0416

これはおもしろいですねー。
暗渠上の保育園。
どうせならこの保育園で保育されたかったものです。

この保育園と公園を抜けると、山野橋という橋が架かって
また谷戸川ははしご式開渠に姿を変えていきます。
Imgp0417

さてさて実はここでまた一本支流が合流しています。
これこれ、この先。
Imgp0419

で、次回はこの支流探索から始めることにしましょう。

より大きな地図で 谷戸川 を表示

|

« 暗渠ハンター 谷戸川のこと①水の交差点から源流を探しに | トップページ | 暗渠ハンター理論編Ⅰ ロータス式の「暗渠マトリクス」を作ってみた »

2051 ・・・多摩川水系」カテゴリの記事

コメント

祖師谷には以前住んでいて、谷戸川沿いは結構うろうろしました。懐かしいです。
栗林の支流、実は祖師谷の駅のけっこう北まで蓋暗渠が続いています。

投稿: HONDA | 2011年7月 1日 (金) 07時43分

HONDAさん
あ。HONNDAさんも祖師谷にいらしたことあるんですか。
次回で触れますが、実は私も…。
駅の北まで、しかも蓋暗渠があったとは…不覚w
リベンジ行きます!情報ありがとうございます!!

投稿: lotus62 | 2011年7月 1日 (金) 10時50分

上コメントでHONDAさんご指摘の暗渠、ようやく先日確認してきました。栗林からは意外な方向に伸びていたんですね…。ああなるとは思わなかった!後日記事にてご報告いたしますが、線路の北の蓋暗渠は杉並バリにすごかったです!

投稿: lotus62 | 2012年11月19日 (月) 09時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 谷戸川のこと②2つの支流と保育園下暗渠:

« 暗渠ハンター 谷戸川のこと①水の交差点から源流を探しに | トップページ | 暗渠ハンター理論編Ⅰ ロータス式の「暗渠マトリクス」を作ってみた »