« 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび②西五反田川(仮)と溜池 | トップページ | 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび③大崎川と目黒川合流地点 »

暗渠ハンター 内川の南馬込支流群

(品川用水シリーズの途中ですが、違うトピックを挟みます。これも速報系ですねw)

内川については、当ブログでも何回か触れてきました。
初めて行ったときは主に上流の流路の確認だったり。
次に行ったのは開渠から暗渠になる付近だったり。

この二つの記事の間の流路は、
桜並木としてよく整備された道となっているのですが、
今回はその本流でなくその付近の支流、
特に内川の谷と、その南西に位置する本門寺の山の間にある
いくつかの暗渠をご紹介していきます。
ここではこれらまとめて、内川の南馬込支流群、と呼ぶことにします。
一度にたくさんご紹介させていただきますので、
ぜひ今回はじっくりとご覧いただければ、と思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

ひとつめはこちら。
地図中の南馬込支流①です。
南馬込6-24のブロックから、
隣のブロック6-19に延びる暗渠。
目視できるのは、6-24と20の間のところと、
Imgp0651

隣の6-19と16の間でだけ。
Imgp0653

ここ、ちょっと奥を覗きこんでみましょう。
Imgp0654

そしてその西。地図中の南馬込支流②です。
6-14と15の間にも短い暗渠が隠れています。
Imgp0655

この左手の崖下の歩道から奥に。
歩道が尽きると金網に囲まれてしまいます。
Imgp0656

その金網のさらに奥に蓋が続いていました。
Imgp0657

残念ながら終点は未確認です。

地形からしてこれと繋がっているのかもしれないもう一つの暗渠。
地図中の南馬込支流③は、さらに一つ西のブロックです。

道を隔てた6-9の空き地に現れる水路。
Imgp0658

その行く先は、ブロックの反対側の、
高台の公園の崖下を縫って続きます。
Imgp0659

しかし残念ながらこちらもこの先行方不明…。

圧巻は次。地図中の南馬込支流④です。
北西に2ブロック辿ると、
梅田小学校がありますが、
なんとその校庭の端っこには細く深く抉られた小さな谷があり、
その奥は「はしご式開渠」になっていまいた。
これはびっくり。思わず声を上げてしまったくらいです。
(左側が小学校校庭です)
Imgp0662

ちょっとアップで。
Imgp0660

この開渠、校庭に沿ってまっすぐ北(内川方向)に行くのですが、
ぎっしり民家があってその後の流路は
ブロック反対側でしか確認できません。
逆に上流方向は、暗渠はつながっているようなのですが
今回確認はできませんでした。

で、ブロック反対側で確認できるポイントがこれ。
Imgp0669

Imgp0670

多少油の浮いた、赤茶けた少量の水が流れていました。
っていうか、淀んでいました。
これを見た途端、
「この水、誰にもありがたがられていないんだろうなあ」
なんだかそんなことを唐突に考えてしまいました。

暗渠の風景でよくあるじゃないですか、
並ぶ家々が背中を向けて立っているやつ。
(もともとその暗渠は道ではないので当然なんですが)
そんな暗渠を一人で歩いているときに、
たまにこれと同じ気持ちになります。
「この川、だれにもありがたがられてこなかったんだろうなあ」

なんていうんでしょうね、さびしいとかかわいそうとか、
そういうのではなくもうちょっと複雑な感じ。

以前ツイッターで「暗渠を好きになったきっかけは?」と問われたことがあって、
私の主な返事としては

・かつての川筋を見つけて歩くのって、
暗渠サインを見つけては組み上げていくパズルみたいな感じがして楽しいと
気が付いたから。
しかもそれを東京というでかいフィールド上でカラダを使ってやっているところがいい。
みたいなことと、

・あるとき、自分の心の中の暗渠に気が付いたから。

といったお返事をさせていただきました。
その、「心の中の暗渠」みたいなものと激しく共鳴していくような感じ。

…いやこれ、私が今「誰にも有難がられていない」って感じてるわけじゃないんですよw
言っときますけどww

今回取り上げる南馬込支流群の最後は、地図中の南馬込支流⑤。
この梅田小のすぐ南の斜面を下りてくるやつ。

梅田小学校の南門の前の道は、
行き止まりになります。
その行き止まりまで行ってみたら、
気になる場所がありました。
Imgp0663

この行き止まりから、
左ののぼり斜面に一本小さな水路が確認できます。
そしてその奥、金網の向こうにも…
Imgp0664

崖下を回ってくる二つの流れの合流点なのですね。

この左の、崖上からの流れが追跡できないかと、
ちょっと離れたところにある上り坂の道を辿ってみると…。
お!
Imgp0666

ありました。この上り坂からさっきの水路方面に分岐する
ワイルドな道。南馬込6-28。
っていうかこれはもう水路跡のようです。
行けるところまで行ってみました。
Imgp0668
おお、やっぱり!さっきの行き止まりの水路につながっているようです。

むーん。断片的だけど、すごく満足です。
実はこの日の前半は、
平和島から大田区中央あたりの
不入斗(いりやまず)新井宿村用水を辿ってきたのですが、
まあ基本的に低地の用水ですから、
暗渠はたっくさんあるけどほとんどが一直線。
もうちょっと曲がったやつがいいなー
と思っていた矢先だったので喜びもひとしおです。

帰りは、内川沿いのかつての湧水ポイントの一つと言われる
南馬込4-11の公園に行ってみました。
公園横にこの日見慣れすぎた一直線暗渠は伸びていましたが、
地図中の南馬込支流⑥
どうも湧水の名残も見当たらなかったので
今回は割愛w

では、以上の南馬込支流群を地図でどうぞ。

より大きな地図で 内川東海道本線より上流 を表示

ちなみに、内川そのものについては
『馬込と大田区の歴史を保存する会』さまのホームページ
でいろいろ勉強をさせていただきました。
こちらには内川の源流の話も載っています。
(ご連絡が取れていないので、今回はトップページのみのリンクとさせていただきます)
http://www.photo-make.jp/hm_2/oota.html

私なりに源流案も持ちつつありますので、
後日また内川源流について記事にさせていただきます。

|

« 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび②西五反田川(仮)と溜池 | トップページ | 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび③大崎川と目黒川合流地点 »

2031 ・・・立会川・内川水系」カテゴリの記事

コメント

赤茶けた水に浮く油、よく見ますが正体は何なんでしょうね。自然由来のものなんでしょうけど、だとしたらバイオ燃料になるかも?

暗渠に惹かれる理由、私もlotusさんに同感ですね。暗渠になぜ惹かれるかって、よく考えると面白いテーマです。
例えば、田舎で暗渠があっても「ただの人工物」で眼がいかないですけど、人工物だらけの都会だと「水路の痕跡を偲ばせる自然物」に格上げされて注目したくなる、っていう心理が私の中にはあります。だから、暗渠もない分流式下水路完備のニュータウンなんか行くといやになっちゃいます。

投稿: 俊六 | 2011年5月 5日 (木) 17時45分

こんにちは。

ありゃまた、ご近所まで来られていたのですね。

スーパーキタムラの前の桜並木は、川筋だったのは把握していたのですが、その周辺に、今回紹介されていたような史跡?・遺跡? があったなんて、全く気づいていませんでした。
うーん、まだまだ修行が足りません。

気候も良くなったので、うろついてみます。

投稿: Weekend Outdoors | 2011年5月 6日 (金) 22時36分

俊六さん
>だとしたらバイオ燃料になるかも?
それはもう俊六さんのお得意領域でしょうから、こっちがお伺いしたいくらいですよーw
>「水路の痕跡を偲ばせる自然物」
考えてみるとそうですね、仮に同じ構造物でも、田舎にあると人工的に見えるし
都内でみるとへんに郷愁をそそる「自然」の痕跡にみえるものです…。
要するに「そぐわない感」というか・・・。あ、簡単にいえば「違和感」ってことかw
その違和感を「こころの問題」でとらえるとどうんなことが言えるのかな、なんて徒然に考えてしまいます。

WeekendOutdoorsさん
そうなんです、ここをうろつくつもりはなかったのですが、
なんとなく来てしまいましたw
しかも六郷用水北堀と内川の交差点あたりをとおってw
WeekendOutdoorsさんの獅子車とすれ違わないかなあときょろきょろしてしまいましたよw

投稿: lotus62 | 2011年5月 8日 (日) 14時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/39835055

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 内川の南馬込支流群:

« 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび②西五反田川(仮)と溜池 | トップページ | 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび③大崎川と目黒川合流地点 »