« 暗渠ハンター 三田用水の果て・猿町川(仮)③川のはじまりと三田用水 | トップページ | 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび①星薬科大横の水路と戸越銀座 »

暗渠ハンター 三田用水・川沿い観光

前回までは、白金台からくる三田用水が
三田に通じるために高輪台(旧・猿町)でぐぐっとカーブをする、
その高輪台から南に延びる谷を「猿町川」と名付け
それを追ってきました。

今回はせっかくですから(<何がせっかくやねん)、
三田用水の水路跡の風景を西に東にご紹介していきましょう。
あんまし暗渠っぽい写真はないですからね、がっかりしないでくださいね。

まずは高輪台からいったん東のほうに進み、
高輪プリンスの手前を北に曲がります。
この尾根道。
少々行くと右岸に高輪消防署二本榎出張所のレトロな建物。
Imgp8768

昭和8年の落成ですって。78歳ですねー。
3階建ですが、ここは結構な尾根道の高台にあるので、
昔は海がよく見えたそうです。

その裏手には銭湯がありました。
高輪浴場。
Imgp8769

なんか奥のボイラにつながるところは
すごくがさつでいい雰囲気です。
Imgp8772

北に進みます。

なんかものすごいコントラストの中華料理店。
Imgp8777

なんか上の緑と下の橙が
夜になると「陰陽図」みたいにゆるく回転して、
自家発電でもできるんじゃないだろうかと思うくらいすごい。

そしてこれは…
元竜宮城w?
Imgp8778

その近くには生活排水路の跡でしょうかね。
Imgp8779

そして「とらや」。
wikiってみたらあの「とらや」とは全然別なんですって。
懐中汁粉が有名らしいです。
しかしこんな建物だとなんだか餡子、うまそーですよねw
Imgp8781

尾根から東京湾方面にはいくつも下り階段。
Imgp8783 尾根の東、崖下には国道1号線が走ります。
いつかnamaさんがレポートされていた
「港区オフィス街湧水群」
の後半は、
まさにこの三田用水の尾根の東に現れる湧水ですね。

さてこんどはもう一度高輪台にもどって、
三田用水を上流方向にすこし辿ってみましょう。
高輪台の交差点から、
この道を入って行きます。
Imgp8047

おお、さっそく暗渠サインの洗濯屋さんが登場。
Imgp8058

三田用水流路脇にある、今里地蔵さま。
Imgp8061

もう暗渠マニアにとってはかなりの有名処かも。
そのくせ私は去年の年末に
ようやく現地に行くことができましたが;;;

そうそう、実はこのあたりに昔「般若苑」という、
結婚式場がありましたっけ。
(正確には「料亭」、だそうです;;;)
由緒あるところだったんですね。
私も一度だけ、2004年だったかな、中に入ったことがありました。
後輩の結婚式で。
こんなところにこんな広くて美しい庭園があるなんて
全然知らなかったので、驚きました
起伏豊かな広い芝生の中に何棟かの
建物も古い平屋で、すごく素敵な場所でした。
いつかまた来てみたいなあと思っていたのですが、
もう取り壊され、
こんな姿になっておりました。
Imgp8065

マンション建設ちう。
扉の隙間から覗いてみても、もはやあの頃の
優美な姿はありません。
Imgp8066

さてちょっと今里地蔵さんのところまでまた戻って、
三田用水に沿って上流に行ってみましょう。

これは見事な遺構です。
よくぞ残してくれた。
以前namaさんが「きょうだい暗渠さんぽ」で書いてたとこですね。
Imgp8068_2

そしてどうにも忌々しい落書きをされてしまった今里橋を過ぎていきます。
Imgp8075

さてここからはすとーんと割愛し、
淡島通りから駒場東大前裏あたりをご紹介しておしまいにしましょう。

青葉台を抜け、246からさらに北上すると
淡島通りと交差します。淡島通りから上流方面を見るとこれ。
Imgp8091

道が二つありますが、
「三田用水はそのどちらでもなく、
この真ん中に立っている家の下」という説を
どこかで見たことがあったような…。
2011.4.25追記:この説は「世田谷の川探検隊」さまより。

しかし下水道台帳を見ると、
(あくまで現代の下水道は)この家の右側を通っていきます。

そしていつしか東大横の山手通りに。
数年前の工事でずいぶん取り壊されましたが、
かろうじて水路が残っています。
Imgp8671

Imgp8672

さて、「三田用水観光」はこれにておしまい。

最後に、「紹介して混雑するとやだから」
というちっちゃい理由で今まで黙ってた
(<たいした影響力ないくせにw)
とっておきのラーメン屋さんをご紹介します。
東大裏の小さなお店、「ラーメンY手」。
Imgp8674

ここは本当にうまい。
私のラーメン味原器です。
ほとんどラーメンに興味がなかった10年前、
ここのしょうゆ味を食べて
「こんなにうまいのか、ラーメンって!!!」と
開眼させてくれました。
特に麺を固めで注文すると、その凄さがわかります。
まるでペペロンチーノを食べてる感覚で、
もうしばらく通いました。

残念ながら2005年ころかな、
「材料が入手できなくなった」とのことで、
このしょうゆ味は一旦メニューから外れましたが、
今は当時とは少々ちがった出汁でしょうゆ味が復活しています。
(これでもじゅうぶんうまいっす)

これだけうまいのに、
うれしいことになぜかあまりマスコミに取り上げられていません。
…みんなここだけは誰にも知られずに
自分だけのものにしておきたいんじゃないだろうか、
なんて勘ぐってしまいます。
近所に住む堺正章さんや、SMAPのN居さんなんかも
よく見かけた、と2ちゃんで読んだことがありますw
そうそう、最近は本郷にも支店?ができました。

ちなみに近くにはまた別の味わいでうまい「砦ラーメン」があります。
実はこのへんってラーメンレベル相当高いんではないか、
と常々思っております。

より大きな地図で 猿町川と三田用水後半 を表示

|

« 暗渠ハンター 三田用水の果て・猿町川(仮)③川のはじまりと三田用水 | トップページ | 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび①星薬科大横の水路と戸越銀座 »

2060 ・・・用水・上水など水路系」カテゴリの記事

コメント

淡島通りとの交差部分。

> 道が二つありますが、
> 「三田用水はそのどちらでもなく、
> この真ん中に立っている家の下」という説を
> どこかで見たことがあったような…。

私もこの説に賛成です。
尾根を通っているので、雨水などが流れ込まない→埋めて宅地にされたため。

投稿: 庵魚堂 | 2011年4月22日 (金) 22時22分

庵魚堂さん
お久しぶりです、コメントありがとうございます。
(そのお久しぶりコメントが22日の22時22分ってすごいなあw)
この「真ん中家下」説、たしか庵魚堂さんのサイトで拝見したような…。
実はそう思って改めて検索させていただいたのですが見つけられなかったのです;;;
でもこれで「この説の本家は庵魚堂さん」という確証を得ることができました。
うろ憶えでの引用、申し訳ありませんでした。後程追記させていただきます。

やっぱこの細長の住宅も不自然な区割りですものねえ。

投稿: lotus62 | 2011年4月25日 (月) 09時05分

続けてもういっこ。
いま気が付いたんですが、庵魚堂さんからいただいたコメントは拙ブログにとって
1001番目のコメントでした!
(間抜けなことに1000番は自分でした;;;)
庵魚堂さん、そしていままでコメントいただいたみなさま。
改めて感謝申し上げます。どうもありがとうございます!

投稿: lotus62 | 2011年4月26日 (火) 13時08分

> この「真ん中家下」説、たしか庵魚堂さんのサイトで拝見したような…。

たしかそれはこの場所ではなく、三田用水の別の場所のキャプションで書きました。
水路跡は、埋められたあと分譲されたそうです。
そのせいで流路跡にこういう細長い家が多いのですが、淡島通りのこの場所は長いこと空き地のままでした。

日時のゾロ目にはすぐ気がつきましたが、1001番目というのは我ながらよくやりましたね(←なにもしていない)

投稿: 庵魚堂 | 2011年4月26日 (火) 17時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/156279/39621369

この記事へのトラックバック一覧です: 暗渠ハンター 三田用水・川沿い観光:

« 暗渠ハンター 三田用水の果て・猿町川(仮)③川のはじまりと三田用水 | トップページ | 暗渠ハンター ぶらり品川用水のたび①星薬科大横の水路と戸越銀座 »